1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やらかしましたね

北朝鮮が10月9日午前に予告していた核実験を実施した。
爆発規模については諸説入り乱れており、0.5~15キロトンと大きく幅がある。設計目標が不明であるため、観測数値だけでは何も判らないが、0.5キロトンが正しいとすると評価は大きく分かれる。
核爆弾の構造上、爆縮の精密さを向上させれば臨界量は下がるが限界は当然あり、一定量以上の核物質が必要となる。しかし例え核物質量を減じられたとは言え、爆発規模まで比例するわけでは無い。
核爆弾は臨界持続時間を如何に長く保てるかにより爆発規模が大きく異なる。
即ち連鎖反応が1世代伸びるだけで規模が2~3倍に増加する、従って原爆設計はこの持続時間延長との戦いとも言い換えられる。
設計目標が15キロトンクラスなら、0.5キロトンと言う結果は・・・半分失敗と言える。
では0.5キロトンが設計目標ならばどうであろうか?。0.5キロトンの爆発はプルトニウム換算で50グラム程度の反応量に過ぎない、従ってこのような小さい規模の設計を北朝鮮がするとすれば、ミサイル搭載を考え、威力が減じる事を承知の上で無理矢理装置重量を1トン以下に抑えたと見るべきで、日本にとっては脅威である。
しかしミサイル搭載などしなくても、船舶に乗せてしまえば運搬は可能な訳で、敢えて威力を減じる必要性は薄いと考えられる。
よって0.5キロトンならば・・・・半分失敗、この観測値を出しているのは韓国であることを考え合わせると、恣意的な発表ではないかとさえ思える。

何れにせよ、今回の実験の波紋は大きい。先日書いたように中国の立場が非常に難しい局面だ。皮肉にも日中首脳会談が行われた翌日と言うタイミングは最悪ですらある。
果たしてどうする気なのだろうか?。

北朝鮮は後戻り出来ない賭けに挑戦してきた、勝利者など居よう筈もない賭けに。


スポンサーサイト

⇒comment

Secret

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

レイニー

  • Author:レイニー
  • 何にでも興味を示し、面白いと思ったらトコトン嵌る凝り性なおっちゃんです。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。