1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本ハムの勢いが止まらない

春先4月時点で今季のハムは違うと思っていましたが、此処まで別のチームに生まれ変わるとは正直信じられない思いです。
大きく変わったのは投手陣、従来の先発陣である金村・江尻などが全然調子が上がらず、新人の八木ばかりが目立つ様に先発陣には不安が有ったのですが、ダルビッシュや橋本などの成長で何とか先発陣も安定してきた。そして武田久・武田勝・建山の中継ぎ投手の獅子奮迅の働きは特筆すべきであろう。
そこへ岡島を獲得したお陰で回転が非常に楽になった。岡島は相変わらず暴投ばかりやらかしてるが、四死球癖はかなり改善されているので今の日本ハムにとっては無くてはならない存在だろう。

この変化した投手陣に呼応したかのようなのがチーム打撃の方針です。防御率首位と言う立場を活かすために今季は極端に犠打が増えました。昨年年間で54個だった犠打が今季114試合で109個とリーグトップにまで増加しています。昨年までは本塁打依存だった打線でしたが、今季は投手陣が相手を抑えているので総得点が伸びない代わりに敢えてバントさせているのでしょう。
しかし問題が無いわけではありません、他球団の打撃成績と比較すれば四死球数が一番少ないのです。
現状のチームが更に脱皮するにはこの点が重要でしょう。昨季リーグワーストの1151個の三振を喰らった打線ですが、今季は此処まで749個、打席当たりの三振数は0.243から0.197へ大きく改善されています、しかしながら四死球数も減っている事を考えると早打ちの傾向が出ているのかも知れません。
何れにせよ田中賢の成長は大きいのですが、四球数が現状19個はモノ足りません、来季以降の精進が楽しみですね。この辺是非ともSHINJOを見習うことだけはしないように(爆)。


スポンサーサイト

⇒comment

Secret

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

レイニー

  • Author:レイニー
  • 何にでも興味を示し、面白いと思ったらトコトン嵌る凝り性なおっちゃんです。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。