1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あらら・・・

IAEAによる飯舘村への退避勧告に反発するのは学者の面子優先かい。

<福島第1原発>飯舘村「避難不要」 保安院が被ばく量試算
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110331-00000108-mai-soci

東京電力福島第1原発から約40キロ離れた福島県飯舘村で、国際原子力機関(IAEA)が測定した放射線レベルが同機関の避難基準を上回った問題で、経済産業省原子力安全・保安院は31日、独自に放射線による被ばく量を試算した結果、内閣府原子力安全委員会の避難基準の約半分にとどまったことを明らかにした。「直ちに避難する必要はない」としている。
文部科学省の簡易型線量計のデータを基に、震災以降の累積線量を試算した。その結果、同村周辺で最も線量が高い地点の累積線量は50ミリシーベルトだった。これは一日中屋外にいた場合の線量で、日常生活での累積被ばく量はこの半分程度と見ていいという。
原子力安全委の指標では、避難基準は実質的な累積線量が50ミリシーベルト以上。保安院は「一日中屋外で過ごすことは現実的には考えづらく、(水素爆発などが起きた3月中旬に比べて)時間当たりの放射線量も減少傾向にある」と強調した。
原子力安全委は31日の会見で「日本の避難の基準は、大気や空中の浮遊物、飲食物の放射線量など、人体への直接的な影響を判断できる数値で決めている。IAEAは、草の表面のちりの放射能を測定しており、日本の基準の方がより正確な評価ができると考えている」と話した。


一般公衆に対する被ばく線量の規制値1ミリシーベルト/年なんて言う値は、まぁ根拠とするものが無い言わば基準作りましたって案配に過ぎない。
一方職業人への(即ち原子力発電所等での作業者)被ばく線量規制値は、リスクと利益のバランスを考えた上で決定されたものである。
その規制値が 50ミリシーベルト/年 であり、更に100ミリシーベルト/5年 でもある。
即ちこの見解は職業人に対する限度までは一般人に被ばくさせても良いって理屈である。
では現実はどうなのか?
平成21年度の職業人被ばくの実績が下表である。

http://www.rea.or.jp/chutou/koukai/H21nendo/1zuhyo-H21.pdf

1年間掛けて原発で働いた人全員を見渡しても、25ミリシーベルト以上被ばくした人は皆無なのだ!。

少なくとも保安院の認識ではこのレベルの被ばくは既にしていると言うもので有るはず。
とすると退避が必要なのは50ミリシーベルトに達してから?なのか。
その理屈はおかしい、可能性が生じた際に予防的に退避させるのが筋である。
周辺外部放射線量・放射能汚染量から見れば可能性は十二分にあるのは分かり切った話だと思う。

この辺、50ミリシーベルトでも影響が出る数字で無いのも判りきっているが、非常事態だからと言って一般公衆に職業人基準を適用するのは乱暴すぎる。
安全なレベルと力説するのは構わない、しかしその数字を決めた根拠をしっかり出して欲しいものである。
上記基準が妥当とするなら・・・将来において職業人に対する被ばく管理など荒唐無稽の話になってしまう可能性さえあるのだから。


なお、福島第一の現場でアラームメーター不携帯という事に批難が出ているが・・・有る意味過剰反応な話では無いだろうか?
間違いなく作業員全がはフィルムバッチと言う評価用個人測定器を携帯している、これさえ有れば被ばく線量を確実に評価出来る。
アラームメーターは過剰被ばくを防止する為のものであり、一般作業時に携帯義務のない発電所など幾らでも有る。
線量計不足による代表者のみ着用は・・・根源的に間違った運用で無く・・・原則通りに拘泥するあまり、比較的楽な筈の「作業までが遅れる」方が罪深いだろう。
尤も、東電側管理者にこの辺の危機感が無いのか?速攻で他発電所に依頼すれば有る程度の数量は提供される筈である。

スポンサーサイト

【theme : 東北地方太平洋沖地震
【genre : ニュース

tag : 原子力発電所 放射性物質

⇒comment

Secret

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

レイニー

  • Author:レイニー
  • 何にでも興味を示し、面白いと思ったらトコトン嵌る凝り性なおっちゃんです。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。