1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グズグズするな

事故から既に3週間、事態の早期収束は望めない以上逆に決断は急がれる。

飯舘村に避難勧告を=IAEA
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110331-00000008-jij-int

国際原子力機関(IAEA)のフローリー事務次長は30日、ウィーンの本部で記者会見し、事故を起こした福島第1原発の北西約40キロにあり、避難地域に指定されていない福島県飯舘村について、高い濃度の放射性物質が検出されたとして、住民に避難を勧告するよう日本政府に促した。
同事務次長は「飯舘村の放射性物質はIAEAの避難基準を上回っている」と指摘。日本側からは調査を開始したとの連絡があったことを明らかにした。


飯舘村役場近辺のモニタリング値は現在でも約8マイクロシーベルトである、過去にはもっと高いピークが有ったが、この際それは無視してもこのレベルで20日間被ばくしたら累積線量は約4ミリシーベルトに達する。
実際、毎日新聞記事に依ればこの96時間積算値でも約3ミリシーベルトに達している。
あくまでもコレは外部被ばく線量であって、土壌サンプリング結果での最高値287万ベクレル/キログラムから容易に推定される内部被ばく等を合わせると・・・避難を指示するのは当たり前だろう。

TV等では1時間当たりの線量でしか報道しないが・・・重要なのは積算値である。
そしてそれは、外部放射線の影響・呼吸による放射性物質の影響・飲食による放射性物質の影響・その他の影響などの合算値である。

この辺・・・事故以降でこの近辺のモニタリング結果が異常に高い値を示し続けており・・・その原因がSPEEDIでの演算で明らかになって以降も何ら対策を取らないのはハッキリ言って無責任である。
まぁ背景にはその後方に県庁である福島市があって・・・境界を定めるのが難しいと言う政治的判断があるのだろうが。
何れにせよIAEAにダメ出し喰らって抵抗できるとも思えない・・・SPEEDIでの演算結果とモニタリングを早急に照らし合わせて避難指示範囲を早急に決めるべきだ。

放射線被ばく防護の観点から見ると、この様な大規模集団被ばくの場合には「人・Sv」と言うものが重要になる。
何かと言えば・・・この事故による公衆の総被ばく線量の合算値である。

http://www.rist.or.jp/atomica/data/dat_detail.php?Title_Key=09-01-05-07

上に記載されているチェルノブイリ事故の600,000人・Svには恐らく達しないだろうが・・・必要な手は講じるべきである。

蛇足だが、平成21年度における「職業被ばく」の総合計は 84人・Sv に過ぎない。


スポンサーサイト

【theme : 東北地方太平洋沖地震
【genre : ニュース

tag : 原子力発電所 放射性物質

⇒comment

Secret

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

レイニー

  • Author:レイニー
  • 何にでも興味を示し、面白いと思ったらトコトン嵌る凝り性なおっちゃんです。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。