1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やはり・・・ね

やはりと言うか・・・事故直後の説明とは異なり・・・結構ええかげんな運用が横行してた訳ですね。

社内規定に反しアルバイトが運行 コースター転落死
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110207-00000539-san-soci

東京ドームシティアトラクションズ(東京都文京区)のコースターで会社員、倉野内史明さん(34)=羽村市=が転落死した事故で、
運営会社「東京ドーム」の社内規定で、コースターの運行は社員か契約社員が担当しなければならないと定めていたにもかかわらず、
事故当時、アルバイトの女子大生に運行を任せていたことが7日、捜査関係者への取材で分かった。
警視庁捜査1課は、同社の安全管理体制や人員配置に問題があったとみて、業務上過失致死容疑で捜査している。



この手の安全装置を人力で毎度確認するってのは「確認を怠る」を必ず誘発するだけである。
本来なら・・・「安全装置がロックされない限り動かない」が当たり前の予防措置なのだが・・・一般運用で非常に煩わしい面も有るため
この様な形式になったのでは無いだろうか。
しかし目視でも十分な確認が取れる方法も有り得るわけで(ロックされたらランプが光る等)、この様な装置導入してたら今回の
悲劇は防げたものと思われる。

但し、この手の遊具において「乗車が許容される体格」の範囲を守っているのか?甚だ疑問な点がある。
実際の処・・・女性バイトは「体格で乗車を断った経験はない」そうで・・・その様な指導すら無かったのでは無いだろうか。

初期報道では下記のような案配であった

東京ドームによると、コースターの安全バーはT字形で、手前に引いて下ろし、
腰付近を固定するタイプ。体格に合わせて8段階に角度を変えて固定するが、
大柄な人は角度が広くなり過ぎて固定されないことがある。
コースターの運行マニュアルによると、乗車規定は身長120センチ以上、8歳以上。
飲酒している人や妊婦は乗車できない。「安全バーの締め忘れのないよう確認する」
などの記載はあるが、大柄の人でバーが固定されないケースについては想定していなかった。
東京ドームは30日の会見で「大柄な人の乗車は拒否していた。
小さな子どもや大柄な人の安全バーの確認は特に注意するよう指導していた」と説明していた。



ドーム側の説明は・・・今までの同類ケースと同じで・・・・運営側都合の上辺だけのものであろう。

何れにしても消滅してしまったエキスポランド事故は他山の石にすらなかなかったとは・・・・

スポンサーサイト

【theme : 気になったニュース
【genre : ニュース

tag : 事故 遊園地

⇒comment

Secret

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

レイニー

  • Author:レイニー
  • 何にでも興味を示し、面白いと思ったらトコトン嵌る凝り性なおっちゃんです。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。