1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NWストレージ・・・その後

アイオーデータのHVL-AV2.0に色々VARDIAから録画データを移動させたのだが・・・
前回記事への追記で書いたようにVARDIAが録画時に各データに色々な属性を取得して附番している。
その属性に従ってHVL側ではDLNA配信用のデータは自動的にフォルダ分類している模様である。

さて私が色々録画している物件の中で、ケーブルTVからの録画が結構ある。
7月半ばにこの辺の対策を行って、録画データをH340へ転送していたのだが・・・H340が故障なので
HVLへ新規物件は転居させようと言う訳である。

そこで試しに先日始まったばかりの十二国記録画データを移動させたが・・・当然の様に自動分類には
ならずで・・・この状態は今後を考えると余り芳しくない。
H340の様に手動フォルダ分類でも良いのだが・・・その分類はDLNA配信時には無意味である。

VARDIA録画データ自体にアクセスしてその辺の情報を修正すれば良いのだが・・・リモコンでの
作業は・・・絶対に無理と思えるほどややこしい。
しかしVARDIAのと言うかS1004Kを選択した大きな理由だが、PCからアクセスしてファイル名称等の
情報を直接修正でき・・・上記属性も大まかながら設定できる・・・ネットdeナビと言う機能だ。

この機能の良いところは・・・PC側に専用ソフトが要らないところ、MACからでも操作OKである。

ココまで行ってからRD-S1004Kから当該VR物件を移動させようとすると・・・ダメ(^^;。
編集した物件はダメなのか?と未編集物件で試してもダメ・・・・VR録画物件に関してVARDIA側からのコピーは
全くダメである。
一方RDLNAを使った移動は可能であり・・・実際HVLからの配信も出来ている訳で・・・調査要と言うところか?

もう一つ、購入後暫く放置していた ReadyNas Nv+ であるが、日本橋に出向いてWD20EARS-00MVWB0を
4台とメモリPC2700-1Gを購入して装着、初期設定をさせた。
なおダミーとして先に別HDDを搭載してファームウエアを4.1.7にバージョンアップ済みである。
この時点で・・・本来X-RAIDの機能なら単体ボリュームとして1テラHDDの記憶エリアが出来上がる筈だが
試行ではどの様に設定しても自動設定されるはずのbackupとmediaがどの様にしても設定出来なかった。

HDD・メモリを交換して電源投入後30分ほどで本体は立ち上がり・・・諸設定を取り敢えず済ます。
この時点でボリュームのステータスを確認すると1~3チャンネルのHDDは認識済みで、チャンネル4の
HDDのみ一生懸命RAID再同期をやっているおり・・・恐らく8時間以上掛かりそうである(^^;。
試行で設定した内容は全部HDDに記録されているのか?全く一から再設定に戻っている。

まぁそれでも容量として・・・予定通り5.4テラを認識しており、新ファームで4KセクターHDDの利用に
問題は無くなった訳で、今後場合によっては3テラ以上のHDDと交換出来る可能性大ですね。
何故対応できるのか?ですが・・・OSがLINUXベースであるから(^^ゞ。

この辺修理に出しているWHSのH340はベースがwin2003サーバーですから・・・逆立ちしても対応出来ません。
しかし設定の容易さや運用の弾力などを考えるとWHSの優位点は多数あるかと思われます。

しかしH340が修理から戻ってくると・・・・LAN内ネットワークストレージの総容量が13テラにもなってしまう。
個人でこんな容量を運用する時代になったんですねぇ・・・殆ど動画データだけど(^_^;)\(-_-;)。


※日本エイサーへのH340-S3修理依頼であるが・・・HPの修理ページにある修理依頼書をプリントアウトして必要項目を記入し・・・
まず日本エイサーの修理受付へFAX。
当日中に日本エイサーから受け付けた旨、送付した依頼書に受け付け番号を記載して返信してくる。
この受付番号を宅急便の品目等の覧に記載して送ってくれ・・・ってのが手順らしい。


※※ ReadyNas の提供するDLNAは非常に柔軟でした(^^)/。
HVLでは出来なかったフォルダ分類は日本語表示含めて可能、本文表記のVR物件も悩まずに済みます。
但し、幾つかのファイルやフォルダを転送すると・・・DLNAでは見えない物件が発生します。
リネームするとキチンと表示されますが・・・若干気持ち悪いですね(^^;。

又、HD-PVRで作成できるh.264の動画は m2ts ts(AVCHD) mp4 の3形式ですが
H340では mp4 のみ配信可能
HVLでは tsは不可
ReadyNasでは ts も可能 でした。

と言うことでデータコンバートした物件は全てReadyNasにて管理することにします。
現状HD-PVRでの変換は8Mビットのレートですから・・・全部このデータで埋めると・・・1500時間分か(^^;。



スポンサーサイト

【theme : 周辺機器
【genre : コンピュータ

tag : H340 HVL-AV2.0 RND4000 WD20EARS

⇒comment

Secret

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

レイニー

  • Author:レイニー
  • 何にでも興味を示し、面白いと思ったらトコトン嵌る凝り性なおっちゃんです。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。