1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

崩壊へ歩み始めた?

もう此処まで来ると只の茶番劇、既に中国は国家の体も失った・・・。

中国外務省、反日デモに「理解」と談話
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101017-00000106-yom-int

中国外務省の馬朝旭(まちょうきょく)・報道局長は16日深夜(日本時間17日未明)、同日国内中国各地で発生した反日デモについて、「一部の群衆が日本側の一連の誤った言行に義憤を示すことは理解できる」との談話を発表した。


国民抑圧のガス抜きとして使ってきた反日教育の結果、尖閣諸島での一件以来対日強硬策を取らざるを得ない中国では、毎度の日本側の反応を期待した筈である。
しかし政権が変わって少し様子が違う・・・違和感も有った筈。
その様な際に・・・一つのカード的な気楽さでレアアースの事実上禁輸を決め、確かに日本にはこのカードは効いた。
しかし劇薬であったが故の反作用も大きく跳ね返り、中国の横暴振りを世界中に喧伝してしまった結果、レアアースの中国依存解消を促進させ、カードとしての意義を失わせるだけとなった。

そんな中、中国が尤も恐れた事態が発生した・・・劉氏のノーベル平和賞受賞である。
この問題、任意団体の行為を国家問題とする・・・まさに現在中国が抱える最大の問題が透けて見える。
即ち全く言論の自由が無く、所謂大本営発表こそが全てである事を世界に再確認させたことだ。

ノーベル賞受賞を報道せず、ネット記事へのアクセスすら遮断しても、有識人には通用せず、「言論統制は中国の憲法に違反する」と言った発言や、「反日デモは踊らされているだけでしかない」的な文章がネットへ掲載されたりする・・・政府は懸命に速攻で削除に努めているがモグラ叩きの様相を呈しており・・・長い目で見れば何れ政府は負ける。

今回の反日デモも・・・有る意味中国政府主導と言って差し支えないだろう。
政府向けのデモは一切許可されず、反日デモのみ黙認される訳であるからね。

しかし・・・このデモを行った中国市民には・・・哀れを感じる。

中国政府は国民に己ら政府発表を信じるよう強制している訳であるが、本来彼らが否定していたのは戦前の日本であり、その日本は所謂大本営発表で塗り固められた結果であった。
即ちその様な本来否定すべき行為を自己保身に使って居るわけで、その自己矛盾の発露がこのデモである。

大本営発表は・・・有る意味「国民は真実など知る必要は無い、適当なウソを報道しておけば信じる愚民である」と言う思想に基づく。
そしてその通りに行動してしまう中国人に対して・・・哀れなりと思う。

その様な大本営発表が何時まで継続できるのか?、化けの皮が剥がれた時どうするのか?
中国の現体制が何時まで保つのか?・・・もう時間の問題なのかも知れない。

しかし全くモラルというものを教育されてこなかった中国人を、取り敢えず抑えてきたのも現体制である事も確かな話で、現体制打破が実現し中国人が野放しになるのも世界的には困った事になるのやも知れない。

スポンサーサイト

【theme : 気になったニュース
【genre : ニュース

tag : 中国 反日デモ

⇒comment

Secret

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

レイニー

  • Author:レイニー
  • 何にでも興味を示し、面白いと思ったらトコトン嵌る凝り性なおっちゃんです。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。