1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分の足下

小沢幹事長の意向でこうなってしまったのか?理解に苦しむ事態となってますね。

生方氏解任「言論封殺だ」民主内に批判の声
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100319-00000041-yom-pol

 民主党の小沢幹事長を批判した生方幸夫副幹事長が18日、解任に追い込まれたことは、結束を乱す不満分子は許さないという同党執行部の強権的な姿勢を強く印象づけた。
 鳩山首相が「民主党らしさ」をキーワードに政権浮揚を図ろうとしていた中での解任劇に、党内からは「言論の自由もない」と批判の声が上がっている。
 生方氏の解任について鳩山首相は18日夜、記者団から「言論の自由を封じる形は民主党らしくないとの声がある」と問われると、「レベルが違う議論だ。執行部に対する批判はあっていい。ただ、党の中では一切話をしないで、メディアに向かってされることは潔いのかどうかという議論だ」と述べ、党の対応に理解を示した。



まぁこの問題は、視点をどこに置くかで見え方が異なる話で、一面的な見方をすると本質を失いかねない危険性がある。
まず今回の事態は、生方氏が執行部批判を行った事が主因であるが、そもそも副幹事長と言う職責はその執行部に己も身を置いて居るわけで、その職責から見れば・・・御法度であるのも事実。
実際自民党では似たような案件で園田博之氏が幹事長代理を辞めていますね。
従って自主的な辞任を諭すのは・・・有る意味当然かも知れません、しかし解任となると流石に行き過ぎ感は漂うわけで、小沢幹事長自身も一旦止めようとした模様です。
しかし、最近の小沢批判の高まり等に危機感を抱く「側近」が押し切ったってのが今回の一件では無いでしょうか。

今回の騒動そのものには・・・私は有る意味無関心で(^_^;)\(-_-;)、こじれる方が民主党自体の成長のエサになろうかと思いますので(^^;。

それよりも関心が有るのは、生方氏に引導を渡したって案配の高嶋良充筆頭副幹事長。
この人今夏の参院選での「改選」対象で、しかも比例代表って案配です。

1998年の参院選で初当選、この時は今と制度が異なっており、拘束名簿で10位・・・12名当選だったので下から3番目。
次は2004年・・・選挙の制度が変わって非拘束名簿方式、即ち選挙で名前を書いて貰わないと当選できませんが、19人当選で12位でした。
では今度の参院選で今のままで民主党がどの程度比例で議席を取れるのか?ですが、13~14人程度と私は予想しています。
即ちかなり当落上で際どい位置に立っているわけで、こんな問題で悪名もどきの名前の売れ方は喜ばしい事じゃ無いと思いますがねぇ?(^^;。

スポンサーサイト

【theme : 気になるニュース
【genre : ニュース

tag : 民主党

⇒comment

Secret

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

レイニー

  • Author:レイニー
  • 何にでも興味を示し、面白いと思ったらトコトン嵌る凝り性なおっちゃんです。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。