1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

闇はより深く

先週末に小沢民主党幹事長への検察による事情聴取が行われたが、ハッキリ言って茶番みたいなものですね。

虚偽記載への関与否定=聴取後に説明文配布-小沢氏
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100123-00000087-jij-soci

 小沢一郎民主党幹事長は23日、東京地検特捜部の事情聴取後に報道機関へ説明文を配布、政治資金収支報告書への虚偽記載について「全く把握していない。相談されたり、報告を受けたこともない」として関与を全面的に否定した。
 また、土地購入代金の4億円の原資について、「1989年に引き出した現金など計7億6000万円のうち、個人事務所の金庫で保管していた4億数千万円を貸し付けた」と説明した。



事情聴取後直ちに記者会見を行った小沢幹事長は、逃げ切ったって気配をのぞかせていましたが、本当に逃げ切れたのか?(^^;。
私は本人の証言を証拠能力を有した形で入手する為だけに設定された事情聴取だと感じました。
既に新聞各紙は小沢証言内容をもとに色々な疑問や矛盾点を検証しており、その程度の検証は検察だってもっと深いレベルで行っていたはずです。
それにも関わらず・・・ですから、検察の狙いはもっと別の面に有りそうですね。

何かというと、旧自由党解党時の政党交付金残額15億円強の行方が全く不明であること。

当時旧自由党幹事長だった藤井前財務大臣にこの巨額な金が渡ったが、曖昧な結論しか得られていない。
そして約2年後に小沢幹事長の政治団体に簿外(即ち隠れ資金)で15億円が入った形跡があるとの情報が漏れている。
年明け早々に藤井前財務大臣が健康を理由に辞任したが、国会答弁でコレを再度追求される事を恐れたのではないのか?とも思われる。

即ち、この隠れ資金が今回指摘される土地取引代金の原資ならば、政治活動に対する国家資金を個人用途に転用した訳で・・・・ハッキリ言って泥棒と同じである。
万が一にでもコレが事実なら、小沢幹事長の政治生命どころか民主党政権も瓦解する。
検察が執拗に調べるのも無理は無かろうと思われる。

他方、検察の狙いが外れたとしても、小沢幹事長の説明は・・・・・政治家にあるまじきものだと言わざるを得ない。
即ち己の政治団体の会計報告に・・・「一切目を通さず内容には関知していない」などあり得ない話で、事実だとしたら政治家としても失格モノだ。
どんな会社だろうが、決算書見たこと無いって経営者など居ないのと同じだ。

何れにしても、国民の大多数は小沢幹事長の説明に納得していない事だけは事実である。
スポンサーサイト

【theme : 気になるニュース
【genre : ニュース

tag : 政治資金 小沢幹事長

⇒comment

Secret

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

レイニー

  • Author:レイニー
  • 何にでも興味を示し、面白いと思ったらトコトン嵌る凝り性なおっちゃんです。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。