1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皮算用は如何に?

こ増税は・・・・「健康目的である」とミエミエの下心を封印した発言が有った以上・・・最早増税は避けられないものと考えたい。

たばこ増税は健康目的で=小幅引き上げには否定的-峰崎財務副大臣
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091108-00000038-jij-pol
今の論調から行くと・・・当初2倍の600円で、以降毎年100円アップさせたい模様だ(^^;。
さて昨年以来幾つかの試算を厚労省関連団体等が発表していたりするが・・・何れも数字に根拠のない無茶苦茶な試算だらけで、特に奈良女子大の高橋教授によるモノなどは現状タバコ価格から税金以外を抜いた残額をコストとし・・・値上げ後の価格から同額を差っ引いて税収根拠としている(笑)。
当然のように現状たばこの小売り手数料が10%であるという事実を無視している訳で、又当然販売数量が減少するであろうJT及びたばこ農家への影響も無視している(^^;。
この様な試算をする場合・・・現実を考えるのは当然だろう。
そこで販売手数料10%は維持し、JT絡みの価格を相応に現状から約5割アップと仮定して・・・

税金を考えると

        600円価格    700円価格    800円価格

小売り手数料    60円      70円      80円
JT及び中間    120円      130円     140円
たばこ特別税    16.4円      16.4円    16.4円
消費税       28.58円     33.34円    38.10円
差し引き
タバコ税合算   378.02円     450.26円   525.5円

消費税の扱いは高橋教授等はタバコ税と一緒に扱っているが、よくよく考えてみよう。
たばこ代は可処分所得の中のお小遣いから支出される訳で、これを貯金する人は少ない(^^;。
即ちたばこ代で巻き上げようが、巻き上げられなからろうが・・・結局最終的には消費されて何れは5%の消費税が掛かる訳で・・・たばこでの収益が全部たばこ値上げによるものに影響され得ない。
又たばこ特別税は目的税であって別財布だから税収には全く寄与しない。

よって上のタバコ税合算が実際の税収比較モデルに使うべき話になるはずだ。

さて次に現状のたばこ消費に関わる統計値を再確認しよう。2008年度統計がJTから既に出ているので

     2007年       2008年 
男性   40.2% 2,019万人  39.5%  1,984万人
女性   12.7%  685万人  12.9%   696万人
男女計  26.0% 2,704万人  25.7%  2,680万人
販売本数  2,585億本      2,458億本
本数/人   9560本       9170本 

まぁこの辺は下記のリンクの方が詳しいかも。
http://www.garbagenews.net/archives/942841.html

上のリンク先で更にリンクされている詳細喫煙率推移を見れば判るが・・・20歳代男性の喫煙率減少が著しい。
この辺平成元年、平成10年、平成20年の統計を抜き出してみると

        20歳代   30歳代   40歳代   50歳代   60歳以上
平成元年 男  67.5    68.5    64.5    57.3    49.5
     女  19.5    17.2    14.0    12.2     9.4

平成10年 男  63.7    61.4    60.2    54.7    40.9
     女  23.5    16.7    13.2    12.5     6.5

平成20年 男  41.0    46.0    47.8    46.4    27.0
     女  18.1    19.3    17.9    13.4     6.0

まぁ全体に喫煙率低下傾向はハッキリしているのだが・・・この抜き出した数字は縦方向で比較しても無意味である。
即ち10歳代違いの統計で有るために・・・・斜めに見ることが肝要で

平成元年時に 20歳代世代  67.5 → 61.4 → 47.8 と言う推移をたどっている。
そう言った意味合いでは・・・同年代女性の 19.5 → 16.7 → 17.9 の推移はかなり問題だろう。

そしてこの斜めの推移を見る限り・・・・喫煙者は20歳代までにたばこを吸い始めて以降・・・増加する事は滅多にない。
即ち最初から吸わない人が後に喫煙者になるケースは非常に少ないのだろう。
又60歳代以上での喫煙率はどの年代よりも低い喫煙率を常に示している。
そう言った意味合いで例えたばこの値段が変わらなくても・・・10年後の総喫煙率が20%を割り込む事が容易に推定される。

さて20歳代の喫煙率は平成13年頃より目立って低率になっているが・・・丁度この頃より始まった労働派遣法改正による・・・ワーキングプア問題が絡んでいるのでは無いかとも思われる。

本筋から外れたので話を戻し、大幅な価格改定が行われた場合を考えると・・・
喫煙者を3グループに分けましょう
二日で1箱  1日で1箱  1日で2箱   そして二日で1箱グループは全体の5%と仮定してみます。
最新の平均年消費量 9170本/年・人 から考えると・・・・
二日で一箱  5%
1日で一箱  66.9%
1日で二箱  28.1%

ここで1日で二箱と言うヘビースモーカーは・・・まず禁煙出来ないでしょう(^^;。
しかしながら負担するたばこ代は・・・600円とすると・・・3.6万/月  43.8万/年
普通のお小遣いの範囲では殆ど継続は難しいと思われます。

実際家計調査での年収の構成比を下記に示します(但し給与所得者4400万人分データ)

年収      分布割合
~100     8.0
100~200   14.8
200~300   16.0
300~400   16.9
400~500   13.9
500~600    9.6
600~700    6.4
700~800    4.5
800~900    3.0
900~1000   2.0
1000~     4.0

400万円以下の収入では可処分所得の15%を越える恐れが有り・・・まず無理でしょうねぇ。
まぁ実際の処年収が800万超の世帯しかこのたばこ代は負担しきれない筈です。
実際この元データにおける給与所得者全体で支払った所得税が9.9兆円なんです。

それから考えると・・・高橋教授が当初行った試算での税収増3~5兆円と言う数字が如何に馬鹿げているか判ります。

何れにしても、政府が余得として期待している程の税収増は・・・難しいですし、他の消費を抑制する元でも有りますから恐らく景気は税収が上がるほどに悪化することは間違いないでしょう。

さて幾つかの予測モデルで禁煙成功率は多くても20%程度で30%以上は脱落して同じ消費をすると考えています。
しかし今回の値上げモデルでは・・・段階的に700円・・800円になるわけで、禁煙から脱落しようにもゼニがないって案配になるのは明白です。何せ1日二箱ならば800円では 4.8万/月 57.6万/年 ですから。
禁煙するだけで家族と海外旅行に行けてしまいます(^^;。

最初に示した一箱当たりの税収と最新の販売実績を考えて見ると、販売量と税収の関係はたばこの値段別で

    たばこ税収  600円    700円   800円
販売量現状維持    4.65兆   5.53兆   6.45兆
20%減少       3.72    4.42    5.16
33%減少       3.10    3.69    4.30
50%減少       2.32    2.77    3.23
60%減少       1.86    2.21    2.58
66%減少       1.55    1.84    2.18

販売量は自然減傾向で有るために、現状維持は全くあり得ない数字になろう、恐らくは20%減少は確実であろう。

高橋教授によれば販売量が1/5にならなければ税収はプラスに働くとしているが・・・・実際には1/3になればアウトだろう。
果たして政府の描く「捕らぬ狸の皮算用」いかな結果になるでしょうか?(^^)。


※注
厚労省の最新発表でも男性喫煙率が40%を割り込み、特に20代の低下率が高い事が確認された。
即ちたばこの値上げなど無くても10年後には全体で20%を割り込むことは確実である。
又実際の21本/日以上吸うヘビースモーカー率は25%と私の推定と大差なかった(^^;。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091110-00000006-oric-ent

まぁ何回も書くが、かようなデーターが有るにも関わらず出所の怪しいいい加減な前提で計算するってお馬鹿な教授は退場して欲しいものである。


スポンサーサイト

【theme : 気になるニュース
【genre : ニュース

tag : タバコ問題

⇒comment

Secret

ボーナス

レイニーさん、こんにちわ

ボーナスをもらって一日一箱計算で2~3か月分買えればいいなぁと思ってます
それには我が家の首相との話し合いが必要ですけどね(^^;ゞ
病気してから止めろと五月蝿くなってきてるので難航しそうです
兎に角、当たって砕けろで頑張りま~す( ̄Λ ̄)ゞ

Re: ボーナス

しんじろうさん今日は

実際に600円になっちゃったら・・・残念ですが禁煙せざるを得ないですσ(^_^)。
幾ら税金を納めようが・・・全く何の見返りもないのですから(^^;。

No title

こんばんは~

本当に600円になったら・・・やっぱり経済的に苦しいし。考えちゃうなぁ。。。
それでもたぶん禁煙はしないだろうなぁ~(爆)

たまたま今月に入ってから、事務所に顧客からの預り物が積み上げてあって、パッケージ前の繊維製品だから匂いがついたらあかんと思って、事務所内禁煙にしてますが、そしたら一日一箱分が減りました(~△~ゞ

吸いたくなったら場所を変えて吸えるので、全然我慢してる気はしないですが、普段は欲しくなくても吸ってるのかもしれませんねぇ・・・
と思ってもたぶん禁煙はしないだろうけど(←何回も宣言するなっ!)

Re: No title

たんぽぽさん今日は(^^)/。

あはは・・・姐さんなら大丈夫ですかね(^^;。
私の場合にはお小遣い全部を煙に廻す必要性に迫られるので無理です(哀)。
まぁ昔の職場に二十四時間監禁されたと思えば何とかなりますから。
何せ連続7時間ぶっ続けで仕事した時でも・・・・たばこが欲しいなんて気にもなりませんでしたし。

しかし政府は本気でやりそうな気配満点ですね(^^;。
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

レイニー

  • Author:レイニー
  • 何にでも興味を示し、面白いと思ったらトコトン嵌る凝り性なおっちゃんです。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。