1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竹島問題・・・根本解決を図るべき

竹島問題がまたも火を噴いている。
日本の海上保安庁調査船による海底調査を韓国が実力で排除すると息巻いているのである。
竹島は1905年に正式に日本領土として編入された。まぁ時期が時期だけに微妙ではあるが、この時から竹島は日本固有の領土と国際法上認知されている訳である。
しかし敗戦後の領土において、行政権停止処置を執られた島々に此の竹島が含まれていた、しかし竹島に関してはGHQは韓国への返還対象とはしておらず、この問題が勃発する主因を作ったとも言える。

竹島に関して日本は問題発生時点から、国際司法裁判所への提訴を行う旨韓国側に通知している。
即ち第三者的見地からこの問題を最終決着すべきとしたのであるが、韓国はこの提案を拒否し、今以てこの問題が国際司法裁判所での判断を受けられずにいる。
韓国が竹島を自国領であると主張し、1905年の島根県への編入が無効だと考えるのであれば、韓国政府は国際司法裁判所に自らの意見を述べ、竹島問題の解決を図るべきである。

では何故実力行使だけで裁判所での正当性を謳わないのか?
当たり前である・・・・自らの不法を受け入れるようなものであるからだ。

日本も、韓国が拒否しようが何だろうがとっとと提訴すべきだろう。

スポンサーサイト

⇒comment

Secret

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

レイニー

  • Author:レイニー
  • 何にでも興味を示し、面白いと思ったらトコトン嵌る凝り性なおっちゃんです。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。