1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

呆れるがこれが現実か

事故調査自体に対する重大な冒涜であることを理解していない模様ですね。

「早く情報欲しかった」=山崎前JR西社長が謝罪会見-福知山線事故報告書漏えい
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090925-00000104-jij-soci

福知山線脱線事故の報告書漏えい問題で、国土交通省航空・鉄道事故調査委員会(当時)の委員に働き掛け、公表前に調査内容を入手していたJR西日本の山崎正夫前社長(66)は25日、同社で記者会見し、「なるべく早く情報を手に入れ、早く対応したかった。深く反省している」と謝罪した。


JR側の心理は判るしそうしたい気持ちも判るが、あってはならない事であり山崎前社長を追求する事は当たり前だが、本来責めを負うのは応じた山口元委員である。

毎度事故が起こった際に私が述べるのは、事故調査は事故の原因・要因を正しく分析し今後の類似事故を防止するのが大目的であり、事故の責任を追求する場では無いと言うこと。
事故調査は予断にとらわれず全ての可能性を否定しないと言う状態から事実を見据え、どの様な権力にも屈せずに本質を解き明かすことが最大の任務である。

しかるに日本の事故調査は刑法の個人罰主義という縛りが逆に事故の本質調査を妨げ、個人責任の追及に流れ勝ちである。事故調自体の調査及び報告は純粋に公正・中立の立場であるが、現実の調査では警察と検察が先に殆どの証拠や証言を掻き集めてしまって、理屈通りに機能しているとは到底思えない。

従って今回の山崎前社長が恐れたのは、事故調報告書が刑事罰へ与える影響であることは明白であり、この様な事態に発展する素因でもある。

よってアメリカの国家運輸安全委員会の様な、国交省からも独立した組織に改組すべきである。

さて、今回の一件では山口元委員はあろうことか報告書記載の事故要因すらねじ曲げようとする挙に出ており、幾ら旧国鉄出身とは言えその行動は万死に値する。事故調自体の存在理由を自己否定する様な委員は要らないどころか徹底排除すべきであり、幾ら代替専門家が居なかろうが利害関係者は選任すべきでは無かった筈だ。

何れにしても追求の矛先が山崎前社長に向きがちだが、応じた山口元委員の責任の方がより重大である事を認識すべき案件であろう。

スポンサーサイト

【theme : 気になるニュース
【genre : ニュース

tag : 事故調査

⇒comment

Secret

そのとおりです!

---------------------------------
しかるに日本の事故調査は刑法の個人罰主義という縛りが逆に事故の本質調査を妨げ、個人責任の追及に流れ勝ちである。事故調自体の調査及び報告は純粋に公正・中立の立場であるが、現実の調査では警察と検察が先に殆どの証拠や証言を掻き集めてしまって、理屈通りに機能しているとは到底思えない。
----------------------------------
おっしゃるとおりです!
「責任追及・懲罰」よりも、調査の結果得られた成果をオープンにし、再発防止や改善に繋げるべきです。
(企業のコンプライアンス問題に取り組んでいる郷原さんも同じことを言われていました。)

Re: そのとおりです!

あぁさぁさんお早うございます(^^)/。

日本の事故調査は歪な形態になってますからね(^^;。
事故を・・・処断するのでは無く、事故から何を得るかが重要ですよね。

戦前の零戦開発での試作時事故での複合フラッタ解明などの様な
徹底的科学的調査こそ望まれる筈なのに・・・・日本は後退している
のでは無いかとも思います。


カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

レイニー

  • Author:レイニー
  • 何にでも興味を示し、面白いと思ったらトコトン嵌る凝り性なおっちゃんです。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。