1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

影響は予測できるのかな

有る意味自然の成り行きだろうが・・・与える影響は大きそうだ。

自動車保険料、60歳以上は割高に 読売新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090727-00000462-yom-bus_all

大手損害保険各社が来春以降、60歳以上の高齢ドライバーの自動車保険料を引き上げる方向で検討を進めている。
損害保険料率算出機構が今月、保険料の目安となる参考純率について、事故率が高い高齢ドライバーの区分を初めて設けたためだ。損保各社は事故率に見合っ た負担増を求める意向だが、保険料を大幅に引き上げれば、高齢者の「車離れ」につながりかねず、保険料設定に苦慮している。


実際高速道路での逆走事故などを見るまでもなく、高齢者の判断ミスに誘引される事故が多いのは事実。この辺新区分導入したくなるのも判らなくは無いが、昨春大もめに揉めた後期高齢者医療制度と考え方は同じである。
当然リスクが高いグループが集約された場合に、リスク係数はドンドン増すわけで、保険料率が跳ね上がるのは当たり前。
まぁ生活に必須である場合には保険料には目を瞑ってと言う場合も多いだろうが、必ずしもそうでない場合には現実に車離れが起きるのも明白でしょう、何せ警察は高齢者の免許返納を目指していますし。
保険の元々の理屈を考えれば、マクロ的視点に立つことが必須であるにも係わらず、ミクロ的視点を導入するようなもので、事故率の高い若年層への高保険料率設定が若年層の車離れを誘発している一面も忘れてはいけない。

よって若年層の車離れが深刻な議論として俎上にある現在、高齢者も・・・では国内自動車販売数は低落する一方である。
結局その連鎖に陥ると・・・デフレと同じ様な構図になりかねませんから・・・より保険料率上昇圧力も高まるのでは無いでしょうか。

結局新区分創設するも保険料率の設定で苦しむことになるのは当たり前、対象の団塊の世代が去った後も考える必要が有りますが、恐らくは目の前の事を処理するので手一杯でしょう。

リスク予想が専門である保険会社だけど、この措置取った場合の予測に自信あるのかな?



スポンサーサイト

【theme : 気になるニュース
【genre : ニュース

tag : 自動車保険 高齢者

⇒comment

Secret

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

レイニー

  • Author:レイニー
  • 何にでも興味を示し、面白いと思ったらトコトン嵌る凝り性なおっちゃんです。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。