1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一つの時代の終わり

時代の流れなんだが・・・・ちょっと寂しいものがありますね。

名カラーフィルム、製造中止へ=デジタル化に勝てず-米コダック
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090623-00000025-jij-int

【ニューヨーク22日時事】米写真関連大手イーストマン・コダックは22日、プロカメラマンを中心に愛されてきたカラーフィルム「コダクローム」の製造を年内に打ち切ると発表した。世界初の市販カラーフィルムとして1935年に発売され、根強い人気を誇ってきたが、デジタル化の波には勝てず、長い歴史に幕を下ろす。日本では既に販売が中止されている。


私がカメラを使い出したのは中学生の時からだが、高校時代には一丁前に一眼レフなんぞを使ったものだった。
尤もカラーは高くて手が出ず、もっぱらモノクロで且つ自己現像をしていたと言う案配だった。
それでもカラーに残したい物件は・・・・大体リバーサルフィルムを使って、必要なものだけプリントしていた(この方が高いって時代に当時はなってましたが(^^;)。
その際に使ったのは大概の場合エクタクロームでコダクロームは1回しか使ったことが無かった様な気がします。
何せ現像料金がバカ高いって案配でしたから(^^;。
今回気になったのは・・・リバーサル自体が無くなるのか?って疑問でしたが、実際にはまだまだ必要で現像が特殊なタイプのコダクロームだけが廃止されるようですね。
現状コダクロームを現像できるのは世界でたった1カ所だけでは・・・・流石に生き残る事は難しかったようですね。

但し実際問題として幾ら世間がデジタル化されようとも、色校正と言う問題が存在する限り、校正元となるべき「原盤フィルム」の存在が必要。
私が持っている民生用スキャナ(透過スキャン可能)でも校正用フィルムが添付されていた位である。
そしてこのニュースで思い出して調べたら・・・・エクタクロームでした(^^ゞ。
スポンサーサイト

【theme : 気になるニュース
【genre : ニュース

tag : 写真

⇒comment

Secret

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

レイニー

  • Author:レイニー
  • 何にでも興味を示し、面白いと思ったらトコトン嵌る凝り性なおっちゃんです。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。