1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セリーグも開幕

セリーグも今日開幕で先週開幕したパリーグも含めプロ野球のシーズンが始まった。

セリーグは中日の戦力が抜けている
このチームの課題は打線にあったのですが、昨年の得点力は十分すぎる程。後は自慢の投手陣が本領を発揮すれば楽勝かな。
読売は投手力、守備力、打力とも補強に余念がありません。
但し優勝するには昨年より150点以上失点を減らす必要があり、この辺がこのチームを優勝候補とは出来ない理由です。特に抑えとして取った豊田が怪我しやすいと言う点が不安材料です。
阪神は昨年からの補強が新人以外殆ど無い、チーム内部での底上げでの対応となるのだが・・・・正直難しいだろう、何せ殆どの選手が「守備が拙いから昇格しきれない」と言う欠点を持っているのでは。
打線は中軸依存が極端なチームであるが故に、今岡の成績次第がハッキリしている。昨年並みの活躍が必須とすれば余りにも酷だろう、場合によってはBクラスすら有り得る。
ヤクルトは大課題であった打線強化に成功している、投手陣に故障が無ければ上位を十分に狙える。
横浜は大きな補強が無い・・・・しかし昨年の防御率を支えたのは若い投手達であり侮れない。
広島はここ数年の課題である投手陣に尽きる、おまけに失策の多さも気になる。
打線は栗原の成長が大きいが、このチームの完全長打依存体質が新監督でどのような変貌を遂げるか興味津々である。

パリーグはソフトバンクがやはり抜けている。
展開は昨年と同じ様なシーズンとなりそうだ、オリックスは昨年よりも戦力はアップしているがパウエルの穴を埋めきれるのかが問題ですね。
さてその中で開幕5連敗を喫した楽天であるが、昨年よりも随分と戦力は整いつつあるように見受けられる。特に投手陣は岩隈・バワーズを欠きながらもそこそこの成績を残しています。
しかしながら守備陣の乱れっぷりは高校野球以下ですね、特に印象的だったのが対オリックス2戦目。
先制しながらも失策で3点献上は・・・まぁ有ることだが、その後がいけない。
2点取り返して1点差に迫った処で、失策の走者1塁と言う場面、清原のセンター前の当たりを鉄平が打球判断を誤り挙げ句には転倒して後逸、足の遅い中村が1塁からホームインと情けない1点を献上した。これで1点差に迫った勢いは完全になくなり、その後も失策は続いたのだから大きい失策である。
現在防御率は3.825と一見まともそうだが、これだけ足を引っ張る野手を抱えるとそのうちに投手陣が崩壊しかねませんね。

スポンサーサイト

【theme : プロ野球
【genre : スポーツ

⇒comment

Secret

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

レイニー

  • Author:レイニー
  • 何にでも興味を示し、面白いと思ったらトコトン嵌る凝り性なおっちゃんです。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。