1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビックリしたけど

画期的な取り組みか?とも思ったが・・・現実の壁は厚い。

原子炉実験 茨城の日立一高が計画 放射線透過試験など 毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090512-00000019-maip-soci

 茨城県立日立一高(同県日立市)が、エックス線の代わりに中性子線で物質の内部を見る「放射線透過試験」など、原子炉を使った実験を生徒にさせる計画を進めている。同県東海村に原子炉を所有する日本原子力研究開発機構と協議中で、文部科学省によると、原子炉を用いた研究は高校では例がない。鈴木幸男校長は「高校生の枠を超えた機会を与え、幅広い勉強をさせたい」と話している。

 理数教育を重点化する文科省の「スーパーサイエンスハイスクール」(SSH)としての取り組みの一環で、実験するのは同校SSHクラスで中性子などを研究テーマに選んだ3年の男子生徒3人。必要な指導を受けたうえで、早ければ今月中にも中性子線を使った実験などに取り組む予定だ。

 学校側は当初、世界最高性能の大型実験施設「J-PARC」(大強度陽子加速器施設)による実験を希望したが、機構側は「高度すぎる」として、同じ中性子を利用する研究炉「JRR-3」の使用を提案。ただ、18歳未満は法令により研究者として放射線管理区域内に立ち入ることができないため、実験結果の分析などを考えている。

 隣接する東海村では99年にJCO臨界事故が起きており、校内には実験計画を疑問視する声もあったというが、計画を進めている学校関係者は「安全は機構の指導の下にお任せする。生徒は10年前の事故の記憶も薄く、原子力への抵抗はない」と話している。【八田浩輔】


はじめ記事のタイトル見てビックリしてしまったが、記事中にも触れられているように18歳未満の人間による放射線作業は法令で禁止されている。
従って実験と言っても実作業は原研の職員が行い、そこで得られたデータは全部電算機に転送されて来るから、高校生達がやるのは実データを元にした電算解析を行うだけだろう。

随分以前に高校生アルバイトが原発の作業に入った事件を取り上げたが ココ、放射線作業に従事するには結構面倒な手続きが必要だ。
但し、今回の様な実験を行う際、当該人員が18歳以上であれば従事者申請をせずとも、一時立ち入り者扱いでも可能な場合も有ろうが、高校生の身分では拒否されるのは明白、私がその判定の当事者でも当然拒否する。
※注 判定するのは、当該施設を管理する放射線管理主任者で、国家資格が必要、一応私はその資格を所持している。

実際、私が大学で放射線管理区域にて行う授業に何度か行ったのだが、最初の手続きである講習受講日に急病で欠席してしまったら・・・一ヶ月授業に参加させて貰えなかった事を思い出す(^^;。それほどこの問題に関しては結構シビアなのだ。

内容を知らない人には・・・・お題目だけで不安に思われるかも知れないが、当該施設であっても放射線管理区域以外は「普通のオフィス」と何ら変わりない。
そうでなきゃ、原発等の事務所に女性事務員を雇える道理も無かろう(苦笑)。

しかし、高校生で中性子の研究を志望したとは嬉しいですね。
昨今の理系離れは深刻であることを考えれば、彼らがしっかりした実験成果を得て欲しいものです。


スポンサーサイト

【theme : 気になるニュース
【genre : ニュース

tag : 原子炉 中性子

⇒comment

Secret

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

レイニー

  • Author:レイニー
  • 何にでも興味を示し、面白いと思ったらトコトン嵌る凝り性なおっちゃんです。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。