1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妥当な判決だろう

常識的に考えて、極めて妥当な判断が下されたと思う。

志賀原発差し止め棄却、高裁が逆転判決「耐震指針妥当」・・・・読売新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090318-00000413-yom-soci

石川県志賀町の北陸電力志賀(しか)原発2号機(出力135・8万キロ・ワット)を巡り、周辺住民らが「耐震設計に問題がある」などとして、北陸電力に運転差し止めを求めた訴訟の控訴審判決が18日、名古屋高裁金沢支部であった。

 渡辺修明裁判長は、国の耐震設計審査指針(新指針)の妥当性を全面的に認め、「2号機の設計は指針に適合し、地震による具体的危険性はない」として、商業用原発に対して初の運転差し止めを命じた1審・金沢地裁判決を取り消し、住民側の請求を棄却した。

 新指針の妥当性を全面的に認めた判決は初めて。住民側は上告する方針。

 控訴審では、2006年3月の1審判決後に改定された新指針が最大の争点となった。北陸電力は直下型地震の規模や、活断層による揺れの大きさを引き上げるなどしたうえ、新指針に照らして耐震性は確保されていると主張。渡辺裁判長は、北陸電力の主張を全面的に認めた。

 旧指針を巡って争われた1審・金沢地裁は、「最近の地震の情報を反映していない」として、運転差し止めを命じていた。

 訴訟は周辺住民ら135人(現在は128人)が1999年8月、建設差し止めを求め提訴。2005年4月の試運転開始後、請求を運転差し止めに変更した。

 志賀原発2号機は1審の運転差し止め判決後も運転を継続している。

 ◆志賀原発判決骨子◆


 ▼北陸電力の各対策は、原子力安全委員会が定める安全審査の各指針に適合。

 ▼北陸電力の地震動評価は、地震学・地震工学の最新知見を反映。直下型地震でマグニチュード6・8を想定した評価も妥当。

 ▼能登半島地震などで生じた影響を考慮しても、被曝(ひばく)する具体的な危険性があるとは言えない。


06年3月25日付け記事で書いたが、前回地裁判決には矛盾点が存在し、判決そのものに疑義が有った。
今回耐震指針の変更と、柏崎・刈羽原発が見舞われた地震被害や、志賀原発自体が遭遇した能登半島地震と言う知見を踏まえると・・・・。
前回判決で生じた「事故を起こす可能性は無い」と言う判断と、「耐震設計には問題があり、想定を超えた地震動によって原発事故が起こり、原告らが被曝(ひばく)する具体的可能性が認められる」と言う矛盾しかねない判断のブレに対し。

「通常運転で・・・・事故を起こす可能性は無い」を再確認し
「地震による事故の可能性も相当程度に低い」を認定したものと言えよう。

少なくとも、柏崎・刈羽があの様な地震に遭遇したが、安全装置は正しく動作し、原子炉停止及び放射性物質の拡散防止機能は保たれたという経験が大きいのだろう。

柏崎・刈羽で漏れたじゃ無いか・・・との声も有りそうだが、あの時に漏れたのは・・・・枝葉の問題に過ぎない案件でしかない。
実際通常運転時に排出される廃液の許可上限よりも遙かに低い水準でしかないし、何度も指摘しているが排水中の放射性濃度などは病院だとか試験施設などの方が余程管理が悪い事実から見れば、それをあげつらうのはバカバカしい話である。


いずれにしても、今度は実にまともな判決が出たものと思う。


スポンサーサイト

【theme : 気になったニュース
【genre : ニュース

tag : 原子力発電所

⇒comment

Secret

No title

またまた。。。。ネガティブなコメントお許し下さい。

判決自体は、まともですね。
今までの経験からくる判決ですから。

でも、やっぱり原発は認めません。
半永久的に、核廃棄物を管理しないといけない原発。
M6・8の直下型でしか計算しないなんて・・・。
7.2の阪神淡路大震災は?
そのクラスでも大丈夫??
それより、もっと大きかったら??

柏崎・刈羽の地震・・・あれ・・・もっと大きかったら??
もっと大きな地震が、直下型で来る事もあるんです。

地震等の自然災害については、いままでの予測がことごとく外れています。
想定外の災害でした・・・毎年聞きます。
柏崎・刈羽も、発生した地震より低い基準で作ってあったけど、耐えた!
実際には、6.8でしたっけ・・・。
確か、6・5で作ってあったんですよね?間違っていたら済みません・・・。
6.5に対して6.8は耐えた。
でも、7.2だったら??

元々、活断層は無い!って言われてて作ったけど、結局直下が来たんですよね。

東海・東南海・南海大地震では、M8以上が来ると考えられています。
一部では、震度7の激震がくるかもしれません。
しかも、断層型と違って、海溝型は、長時間揺れます。
更に言うなら、大津波が来襲します。
施設自体は、平気でしょうが、周辺の設備などは、津波でもっていかれる可能性は有りますよね。
地震で、弱ってるはずですし。
それでも、大丈夫なんでしょうか・・・。
物凄く不安です。

活断層って、ごく一部しか発見出来ていません。
どんな大きな地震が来るか、学者にも本当の所はわからないんですよね
あくまで、今までの少ない経験からの予測でしかないですから。

火力発電は、Co2を大量に出しますから・・・環境に悪いですから~原発推進します。
核廃棄物は、地中埋没処理しますから、大丈夫です。
原発施設は、M6.8で計算してますから大丈夫です。
それは、今までの経験でしかないですよね。
地球を甘く見てるとしか思えません。

人間だけでなく、自然も大きく破壊する恐れのある資源を使った原発は、やはり認めたくありません。
下手をすると、日本が立ち直れないほどの被害を出す原発。
何万人もの人が被ばくする恐れのある原発。
「地震による事故の可能性も相当程度に低い」では、ダメだと思います。
「完全にあり得ない」
でないと。

えええ・・・いつも、反対意見書いてすみません。
お許し下さい。
防災士として、自然災害の怖さを痛感している私には、物凄く不安です。

今日は(^^)/

とっちゃんさん お久しぶりです(^^)/。

いつもの如く、真逆のご意見歓迎です。
ご心配されるのは当然の話で、特に廃棄物については・・・・日本では厳しいですね。
と言って海外に持って行くと言うのは・・・私は反対です(ロシアに構想有り)。

地震学と言うより地球の事は実はハッキリ判っている事の方が少ないのも事実です。
従ってどの様な想定が為されようが・・・・反論が出るのは当たり前の事だと思いますし、
それが悪いとも全く思いません。何故なら健全なる権利の行使ですから。

しかし、現状の日本を取り巻く経済面などを勘案すると、有る程度原発を容認せざるを
得ないのが実際では無いかとも思います。
昨年見舞われた原油高でもさほど電力料金への影響が少なかったのも、天然ガス等への
転換が進んでいたお陰ですが、柏崎が止まっている東電にはモロに影響が出ました。

何れにせよ、無定見な推進は当然ダメな話で、出来る限りの安全性を持たせるには
反対派はもとより、我々の様な立場の人間でも厳しい視線でチェックする事が必須でしょう。

しかしながら・・・「完全にあり得ない」は・・・とっちゃんさんとも思えないご意見です。
この様な装置や仕組みが、今の人間が手にしうる案件で例え1件でも存在するでしょうか?
それこそ我こそは神であると宣言するような傲慢さを感じてしまいます。

あくまでも人間になし得るのは「可能な限り危険率を低減する」事だけです。

面白い事例ですが
人間が歩いていて事故に見舞われる・・・確率
電車に乗っていて事故に見舞われる・・・確率

どちらが安全か?と言うと、統計的には電車の方が安全なんです(^^;。
でも実感とは大夫様相が違いますよね。

原子力が目標としている安全性は、上の事例なんかより遙かに小さい確率のものです。
従って、専門家が「だから安全」は実は大間違いで、「どうなるのか誰にも判らない」が
本当の話ではないかと思っています。

とりとめもない話になってしまいましたが、後輩達が安全に運転できるよう努力している
事だけは判ってやって欲しいと思っています。

No title

いつも有難う御座います。
レイニーさんは、いつも冷静にお話しして下さるし、原発の本当の事を教えて下さるので感謝しています。

ええ・・・「完全にありえない」は、ちょっと語弊がありますね。
言いたかったのは、裁判に置いて曖昧な表現を持ちだして訴えを退けた事が嫌だ!って言う事なんです。
そんな事で、納得する訳が無いですから。
だから、退ける以上、「完全にあり得ない」ぐらいの事でないと困るのです。

私は、原発反対です。
思想をもってとか、そんな大それた事ではありません。
私が、私の子供が、そして子孫が、安心して暮らせるように考えているだけです。

原子力は、安全ではありません。
使い方を誤れば、大惨事になります。
レイニーさんの仰るように、人間に完全はあり得ません。
だからこそ、やめて欲しいのです。
火力発電所が火事だ!!爆発した!!って言うのも大変な惨事ですが、原発がそうなったら終わりです。
だからこそ、M6.5とか、M6.8程度の想定で作って欲しくないんです。
せめて、M7・2以上で作って欲しい。。。甘すぎると思っています。
柏崎・刈羽原発は、6・5で作って、6・8に耐えました。
7.2で作ったら!7・5耐えるかもしれません。
どうしても作るのなら、少しでも高い基準で作って欲しいのです。
今まで経験した事になぞらえて作るのでは無く、もしかしたら・・・と言う基準で作って欲しいです。

それから、廃棄物が安全に処理できないものを使うって言うのも嫌なんです。
海外に持っていくって言うのは、論外ですね。
自分たちの不始末を人に押し付けるだなんて。
でも、国内に地中埋没処理しても、決して世界が安全とは言えないと思っています。

それほどに、危険なものを使わないで欲しい。

では、原発を完全に止めるのか!
それは、現在無理ですね。
でも、縮小してゆく事は可能だと思っています。
昼間だと、太陽光発電があります。
ただ、太陽が顔を出さないといけませんので、不安定な供給になってしまいます。
そこで、地熱発電です。
これこそ、地震大国日本に有り余るエネルギーです。

でも・・・大きな問題があります。
コストに見合う発電量では無いと言う事。
大規模な施設を作るのが大変であると言う事・・・。
でも、大きなメリットもあります。
ローカルに出来ると言う事。
電気は、発電してから一般に届くまでに、物凄いロスが発生しますよね。
でも、ローカルであれば、そのリスクを最小限に出来ます。

例えば、小さな村や、山間部の農地でも、地熱発電所を持っていれば、有効に利用できます。

市町村で、一基つづ持てば、かなりの発電が期待できます。

ただ・・・・コストが。。。
経済が最優先の資本主義社会においては、致命的ともいえる事ですね。

でもね?考え方を変えてしまえれば、可能ななずなんです。
エコを、思いっきり実践している私ですから、偉そうな事を言わないように気を付けますね。

ええ・・・原発の開発や、新規の建設費を太陽光への助成や建設、そして、地熱への助成や開発にあてて欲しい。
そして、すこしづつ原発からシフトして行って欲しいと思います。

その事によって、電気代が1.5倍になっても良いではないですか。
そのぐらい払いましょう。

でも。。。企業は大変ですね。
そのままだと、物価が上昇します。
ですから、今以上に企業を優遇して、一般家庭への電力料金負担を上げる。
企業への地熱や太陽光発電施設建設に助成をもっともっと行う。
定額給付金なんてするぐらいなら、開発に回してほしいです。
そうやって、物価の上昇を抑える。

一般家庭は大変?
でも、出来るはずです。
私は、物凄いエコしました。
昨年度に比べて、使用電気量が6割以下になりました。
うちほどの努力をしなくっても、エネルギー消費をある程度抑える事は出来ると思っています。
3割ぐらいだったら、平気で減らせられるはずです。

今は、停電することも無いし、ガスも水道も、お金払えば来る。
こんな幸せな生活は無いですよね。
だから、つい無尽蔵に浪費するってのは問題です。

1人1人が、エコ意識を持って!省エネに励めば!
企業も、もっともっとエネルギー効率化を図れば!地熱や太陽光にシフトして行く事は可能だと思っています。

なんでもかんでも、現在のエネルギー消費量にあてはめて考えるからダメなんです。
なんでもかんでも、今の便利さにあてはめて考えるからダメなんです。

もっともっと、積極的頑張れば、原発の縮小、そして、廃絶は可能だと思っています。


ええ・・・いつもいつも熱く語ってしまって本当にすみません。。。。
レイニーさん相手だから、言える事かもしれません。
ご迷惑おかけいたします。

大丈夫ですよ


やはり・・・あの文言の意は・・・でしたね(^^)/。

原子力は本来開けてはならないパンドラの箱だったのかも知れませんが、
この仕組みは科学が発達すれば必ず見つかるモノですから・・・人間の業というべきもの
がなさしたモノでも有ろうかと思います。

原子力は危険な技術です、コレはハッキリしすぎる程ハッキリしています。
従ってその扱いには慎重になりすぎる程で丁度良いのでしょうか。

人間は後退局面を欲しません、エコは必要ですが生活レベルを落とす事を嫌います。
今や必需品となった携帯電話ですが・・・・何割の利用が「本当に必要なものだったのか?」
を問いかければ・・・恐らくは1割も無いと思います。

ネット上に多量にまき散らかされる情報(このブログもですが)の何割が有益なんでしょうか?

そんな事を考え合わせると、人間は無駄を作り出す天才なのだと思ってしまいます。
便利になればなるほど・・・・無駄に無駄を重ねる、悲しいことですが。


私のものの考え方の底辺が・・・・この様な、人間性悪説もどきのものですので、実際に人類が
地球を滅ぼすより先に自らの行いで自滅すると思ってます(苦笑)。
それの引き金を原子力が引くのか否かは私には判りませんが、例え原子力をパージしても
他の要因を人類は必ずこの世に出現させるだろうと思っています。


話がずれました。
現状の原子力は次世代発電によりエネルギー需要を満たすまでの期間のリリーフに過ぎません。
そんなリリーフを主戦に据えようとしているのが・・・・核燃料サイクルとも言えそうです。
核燃料サイクルが悪いとは思えませんが、日本がほぼ確立した技術すら封印して旧来技術の
枠の中で推進する現状には大いに不満が有ります。

核廃棄物は忌み嫌われますが、本当に厄介なモノは1万年以上の半減期を持つ僅かな物質です。
これらを封印埋設するだけでは無く、積極的に消滅処理が出来れば問題の半数以上は
解決出来るのでは無いか?とも思いますが・・・・なかなか厄介ですね。
実際ヨウ素-129と言う放射性物質では電磁波による消滅実験には成功した・・・・ばかりです。


何れにせよ、現状の核分裂利用での原子力発電には限界が当然あります。
何れ終焉を迎えるはずですが、それが道筋として提示されるには・・・・我々の世代では難しい
と思います。


遠慮は無用です、言いたいことは何でもお書き下さい(^^)/。



電気の値段。

↓のサイトから「即発臨界による核反応」ワードでググッてこちらを訪問した者です。
放射線量測定を生業にとあったので現在の事故に対して事故前事故後とどんな認識で
おられるのか興味を抱きこのページまで読み進めてきました。
このページでのコメントに若干(;^_^Aの安心を抱きましたが、原発、どうなんでしょうかねえ。

今回の事故による直接の補償・賠償額と補償外であろう(算定も難しい)経済的社会的損失、
それらは未だ試算すらされてないようですが、その額を電気料金に上乗せした場合、
この先数十年に渡り相当に高額な電気になるんじゃないかと。
その値段で賄うなら、他のエネルギー策でも十分に補えるくらい高価なモノに感じてます。
そうすると、必ずしも原発政策を絶対必須案件にする理由も無いのではと思います。

見方を変えれば、原発という技術においては今回のような致命的トラブルは絶対に起きてはならない事故でありながら、
しかし技術には絶対・完璧はあり得ないならば、そもそも原子力エネルギー利用という選択自体が無謀なのではないかと考えてます。
仮に、津波の位置がずれて仙台方面と同規模の被災が福島方面に来ていた場合、福島第一、福島第二の全冷却機能喪失事態になってたかもしれません。
そういう最悪なところにまで至らなかったが故の、今現在の原発容認風潮がなんともな気分です。

http://www.universalsubtitles.org/ja/videos/2TnNJkefdfyZ/ja/72595/

Re: 電気の値段。

とおりすがりの者さん 今日は

お返事大変遅くなってしまいました・・・m(__)m。

今回の事故・・・、「安全に止めた」までは想定内でしたが、「冷却する」が出来なかった。
そしてそれは対策さえ怠らなければ防護できた・・・完全なる「人災」となってしまいました。

そうなったのも・・・「過信」と言う面が大きかったと言わざるを得ないでしょう。
同程度の津波に襲われた東海第二や女川が無事だったのは、より一層の対策が為されていたが為でした。

結局今までの人類が沢山経験した「事故は必ず起きる」、そしてそれは不測からと言う極めて当たり前の結論ですね。

ご指摘の通り、補償等は莫大な費用を要しますので「原子力で有る必要があるのか?」は当然議論されるべき論点であろうと思われます。
しかしそれは他電源に転換したとして同じ重荷を既に我々は背負ってしまっています。
その上で性急なる転換は新規電源設置費用も背負う必要になることは明白です。
従ってバランスが必要になるとの方向性が当然主導的になる筋書きになると考えています。
それが正しいなんて主張は致しません、現実論と理想論・・・そんなせめぎ合いになるのでしょうね。

今の福島第一の状況は相当に拙い訳で、工程表等が示されていますが・・・あれでも実際の処は、
酷い言い方ですが「楽観論」に過ぎません。
恐ろしく気が遠くなる様な戦いに・・・・なります。

なお、お示しになられたサイトでは、燃料プールでの臨界事故発生の可能性を指摘しています。

しかし燃料プールの水が無くなったとして・・・燃料体が変形するほどの熱量か?。
そして臨界事故発生にまで至るほどの事になるのか?ですが

使用済み燃料プールの燃料ラックを構成するステンレス材料は、基本的に制御棒の主成分である
「ホウ素」を添加されたもので、燃料の万が一の臨界発生を阻止する役割を持たされています。
又、制御棒自身も一定量交換されて同じように同じ場所に保管されています。
その上で、水が無くなると・・・逆に臨界が起こりにくくなるのも事実です。
東海村で発生した臨界事故は溶液形態に転換作業中であったが故に起きました・・・

以上からプール内での臨界発生には可能性として低いと私は思います。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

レイニー

  • Author:レイニー
  • 何にでも興味を示し、面白いと思ったらトコトン嵌る凝り性なおっちゃんです。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。