1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真喜子の心中・・・

NHK連続テレビ小説「だんだん」、先週末からの何故双子が生まれ、何故生き別れになったのか?が明かされてきた。
しかしながら、やはり双子を分けた理由がちょっと軽すぎるとも思いましたね。

松江側の初江さん発言は「若い女性がやり直すには子供は邪魔になる、だから松江で二人とも責任を持って引き取る」
他方母親にとって子供を取り上げられるのは死ぬほど辛い。
生身の母親の情と実家の財力を背景に考えれば、真喜子が「手放すのは嫌や」と駄々こね倒せば京都に二人と言う案配になるのは明白な筈。
松江側は単なる責任論から出た話であり、十分折り合いが付く余地を残していると思う。

まぁ、散々尻ぬぐいをした一条の旦さんが「家には入れられん」、もう放心しきっている忠の生き甲斐として子供は絶対必要・・・・と言うような遣り取り程度が尽くされて・・・・「一人づつ」と言うようなドロドロの場面を朝ドラとしては取りにくかったのかも?。

松江に帰った忠とめぐみ、しかし仕事を持っている初江と爺ちゃんは没しているので、他の漁師からシジミ漁を覚えなくてはいけない忠の二人には子育ては厳しい。
恐らくは幼なじみで隣に住む嘉子が早々からめぐみの面倒を自ら引き受けて・・・・結局再婚に至ったのでは無いだろうか。


しかし今日の・・・・真喜子の、「松江は・・・遠おした」・・・・今日のベストでしたね。

恐らくは未だに男は忠一人と心に秘め、本当は松江に追いかけたかった・・・・しかし出来なかったと言う心情吐露だと思われる。
まぁこの辺は脚本の「ト書き」って案配の事案だろうが(^^;。
聞いためぐみは困惑し、のぞみは一瞬笑みを浮かべた事が物語りそうだ。

めぐみにとって今更焼けぼっくいに火が付いては大変だし、のぞみにとってはお母ちゃんはやっぱり忠に惚れているが、それをひた隠しにしていたのはやはり祇園の女であるとの安堵だったのかも知れない。
何と言っても、別れた理由そのものより、祇園の掟を母が破ったと言う事実の方がショックだったようだから。


何でこのシーンが大橋の上でとも思ったが、この言葉を嘉子さんの前では絶対に言えないだろうからねぇ。


しかし野暮だが、昨日出雲空港から宍道湖の北側を通って松江に向かった筈なのに、松江大橋から宍道湖大橋が見えるって案配だと、方向が逆でっせ(^^ゞ。

もう一人の母嘉子、家の前でめぐみを抱きしめて、この子の母は私なんだを再確認したんでしょう、そしてそれを見つめる真喜子の複雑な表情が対照的でした。
しかしまぁ・・・・嘉子さんもちょっぴりだが正子さんが対抗心旺盛なのには笑ってしまった(^^;。


恐らくは明日から新展開だろうが、健太郎が危なっかしいですな、そして嘉子さんどう対応するのだろう。



スポンサーサイト

【theme : NHK 朝ドラ『だんだん』
【genre : テレビ・ラジオ

tag : だんだん

⇒comment

Secret

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

レイニー

  • Author:レイニー
  • 何にでも興味を示し、面白いと思ったらトコトン嵌る凝り性なおっちゃんです。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。