1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

142試合目の終戦

阪神ファンにとって茫然自失ともなった大逆転うっちゃり負け。
少し前に86勝を目指せとも書いたが、事実巨人とて84勝の可能性までしか這い上がれなかった。
結局最後に踏ん張りきる、チームの余力自体が不足したのであろう。

阪神今季の月間成績

     勝  負  分 得点   失点
3+4月   3   0  0   15    5
4月   16   7  1   80    66
5月   14  10  0   106    81
6月   11   6  0   83    77   
7月   16   9  0   100    78
8月    9  11  0   86    87
9月   11  11  1   80    99
10月   1   4  1   18    21

※10月10日現在

2年前の驚異の9月とその前8月結果
     勝  負  分 得点   失点
2006/9  17  4  0   95   45
2006/8  12  13  1   125   133

4月・5月・9月とを比較すれば判るが、今季打線は圧倒的に援護できた訳では無い。
モロに失点が成績に直結している事が判る。

阪神は打線のチームでは無い、投手力が落ちて失点が増えれば必然的に勝てなくなる。
2年前のデータを比較すればよりハッキリするが、2006/8の得点力は4.8点/試合。
しかし9月は4.5点/試合と悪化しても失点が1/3にまで激減すれば勝てるのは自明。

今季は8月に悪化したまま遂に立ち直れなかった。

まぁ要因は幾つか挙げられるが、何と言っても軸となる先発が居ないのと、最後には駒数すら困ってしまったのが大きい。
最後の最後に石川が救世主然と現れたが、石川自体は2軍での成績はずっと別格であった。
有る意味投入時期を見誤ったと解釈しても良いかと思われる。
この点だけは9月上旬時点でさえ杉山先発を見た際に憤りを覚えたものだ。


8月の盆時期に会った人に「タイガースは大丈夫か?」と聞かれ、「大丈夫だ」と答えたのだが・・・・現実は違った。
この時点で阪神は62勝37敗1分、残り44試合を5割でも84勝、最少勝ち越しでもまず巨人に追いつかれる筈は無いと考えたからだ。
しかし現実は現時点で 19勝21敗2分 と負け越してしまった。

結局8月末から早めの継投を繰り返して・・・・昨年同様パンクしてしまったのだろう。
焦る気持ちも判るが、ベンチもナインもバタバタしてしまったのが敗因とも言える。


何れにせよ長いペナントシーズンは実質終わった。
来週からはお祭りの開幕だ、目標を切り替えて行くしかない。

例えそのお祭り、僥倖になろうとも「大逆転負け」は重い意味を持つ、来季に向けたチーム編成としての戦いは始まったばかり。
この数年における課題は山積している、悲嘆に暮れるのは一夜にしたい。
振り返るのは女々しいファンだけで良い。



スポンサーサイト

【theme : 阪神タイガース
【genre : スポーツ

tag : 阪神

⇒comment

Secret

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

レイニー

  • Author:レイニー
  • 何にでも興味を示し、面白いと思ったらトコトン嵌る凝り性なおっちゃんです。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。