1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

撒いた種は自ら刈り取れ

やっと巨人の行き足が止まって阪神が単独首位に返り咲いたのだが・・・・・

阪神 集中打で大量点、単独首位に復帰 横浜は9連敗・・・・毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080925-00000015-maip-base

阪神の自作自演とも言うべきセリーグ戦線、当ブログでは7月上旬の連勝で、この後単なる5割では逃げられない可能性も指摘したが(7/7記事)、正にその様な戦い方になっている(汗)。

7月6日終了時点での順位
     勝数 敗数 分数 残数
阪神   50  23  1   70
中日   38  34  3   69
巨人   39  36  2   67
広島   33  35  4   72
ヤクルト 33  38  1   72
横浜   21  50  1   72

この時点から残り勝率が
阪神5割だと  85勝58敗1分 0.5944
中日が7割だと 86勝55敗3分 0.6099
巨人7割だと  85勝57敗2分 0.5986
広島7割だと  83勝57敗4分 0.5929
ヤクルトは   83勝60敗1分 0.5804
横浜は     71勝72敗1分 0.496


9月25日終了時点での順位
     勝数 敗数 分数 残数
阪神   79  53  2   10
巨人   78  54  3    9
中日   65  65  5    9
広島   65  65  5    9
ヤクルト 59  68  3   14
横浜   43  86  2   13

当該期間中の勝敗
     勝数 敗数 分数
阪神   29  30  1 
巨人   39  18  1 
中日   27  31  2 
広島   32  30  1 
ヤクルト 26  30  2 
横浜   22  36  1 

結局阪神は5割にさえ届かず、巨人の猛追を受けた訳であるが、この巨人の勢いを持ってしても長期間勝率を7割越えに持って行くのは至難の業であった事が判る。
故に阪神がこの60試合でたった3個程度の貯金が出来さえすればこんなに苦しむことも無かったとも言える。

この様な猛追撃は1996年・・・・例の奴であるが。
第14節終了時点で 広島45勝24敗 巨人35勝36敗。
最終時点で    巨人77勝53敗 広島71勝59敗
期間中勝敗は   巨人42勝17敗 0.7119
         広島26勝35敗 0.4262

明らかに広島の自滅がもたらしたことが判る。
今現在も阪神は自滅気味なのだが、この時の広島ほど酷いわけでは無い、まだまだ5分以上を残している。
兎にも角にも貯金30、86勝56敗2分 0.6056を目標にしたい、それでも巨人に負けたなら・・・・漢らしく素直に巨人を褒めてやろう。
何せ巨人が上まわるには残り9戦中8勝が必要だから(^^;。


なお昨夜の阪神は集中打で勝った・・・・が、褒められた戦い方では決してない。
高卒ルーキーを攻め立てながらも決定打を打てず、安藤のムチが入ってから点火すると言う湿った火薬状態だ。
特に「例の奴」を喰らった経験の有る金本の力みからくる不振は厳しい。
9月に入ってからの成績は 79打数17安打 0.215 3本塁打10打点。
特に此処20打席は 19打数2安打1打点に過ぎない。 
以上 http://tigers.data-lab.jp/ データ

打つか打たないか不確実な今岡には頼り切れない、是非とも金本の奮起を願いたいモノだ。

スポンサーサイト

【theme : 阪神タイガース
【genre : スポーツ

⇒comment

Secret

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

レイニー

  • Author:レイニー
  • 何にでも興味を示し、面白いと思ったらトコトン嵌る凝り性なおっちゃんです。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。