1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小浜探訪してきました

一昨日の13日土曜日には「ちりとてちんファンミーティングin東京」が開催され、予想通りシークレットゲストも来場されたそうです。
なんと順ちゃんこと宮嶋麻衣さんと草々さんが・・・・くぅ~~行きたかったなぁ(^^;。

悔し紛れに、昨日ちりとてちんロケ地探訪として小浜に行ってしまった(苦笑)。
その行程を順番に思い出して書き起こしましょう。なお長文につきご注意あれ。


朝4時起床(^^;、4時半に出発し一路琵琶湖の近江舞子へ。
ここの山小屋にマウンテンバイクを置いてあるので車に乗せていこうと思ったのです・・・が、タイヤの空気が抜けていたので入れようとしたらポンプが壊れて全然入りません(爆)、諦めてそのまま6時に再スタートです。

6時半に安曇川の「まいご三兄弟」がエンストしたであろう場所に到着。
ビデオに録画していないので確認できませんが、確か川の土手にこの木が映っていた筈です。
撮影先はもう少し先の方かな(^^ゞ。
なおこの場所はそまりさんのブログで情報を頂きました、以降の訪問先も同様です、感謝m(__)m。
http://somaliblog.seesaa.net/article/104591247.html

s-IMG_0147.jpg
s-IMG_0149.jpg


まいご三兄弟が何故此処に至ったのか?確認すべく此処から旧朽木村へ安曇川沿いを走り、国道367号線を北に向かいます。
途中で見かけたのがコレ・・・・地図見たら檜峠だって。

s-IMG_0151.jpg


程なく近江今津から来る303号線に合流して若狭へ向かいます。帰りに標識見たら367号線方面への標識に「大津」ってしっかり書いてありますので、恐らくコレを見て迷い込んだのかも?。尤も鯖街道は367号線側が本筋なのですがね。
「上中」の手前で小浜とは逆に27号線を敦賀方向に、美浜駅を越えて一寸先を海に向かうと「和田浜」。
小さな川を戻った反対側がこれ・・・・喜代美と順子が五木ひろしに出会った場所です。この段々はあちこちに有りますが、車が進入できて後ろが丘状になっていたのはこの「耳川」近辺だけだったですから間違いないと思います。
五木ひろし自身の出身地が三方郡ですので、ここでロケしたのは別にインチキじゃないかな(苦笑)。

s-IMG_0158.jpg


本当なら敦賀の気比の松原に行けば良いのだが、時間を稼ぎたいので今回断念して三方五湖レインボーラインへ、当然の如く梅丈岳の展望台目当てです。
着いたのが7時50分でしたが・・・・「頂上には8時半にならないと行けません」(泣)。こんな事なら気比の松原に行けば良かった。
なおレインボーラインの車通行料は1000円、頂上への入場料金(リフト代込み)は800円です。

当然の如くかわらけ投げしてきました(^^ゞ。
願い事は「阪神が優勝できますよ~~~~に」と「ちりとてちんメンバーが再集合できますよ~~~に」です(^_^;)\(-_-;)。

s-IMG_0160.jpg
s-IMG_0161.jpg
s-IMG_0163.jpg
s-IMG_0167.jpg
s-IMG_0168.jpg
s-IMG_0176.jpg
s-IMG_0192.jpg


狭い場所なので9時には降りて出発、反対側に向かい降りきった所を岬の突端方向へ逆戻りします。
途中にあるのがここで、喜代美が車酔いしたと勘違いされた場所です。
しかし行き止まりから来たのね和田家は(^_^;)\(-_-;)。なおココまでの総距離は丁度180キロでした。

s-IMG_0194.jpg
s-IMG_0196.jpg


またUターンして三方駅方向へ戻ります。駅直前に出会う蓮川河口近辺から梅丈岳望む風景です。

s-IMG_0203.jpg


レピアと言うマーケットを南に曲がって真っ直ぐ進むと明倫小学校が有りますが、ここが電車と和田家車が併走する場所です。
なお小学校の後ろの崖上には27号線が走っていますから・・・・・(^_^;)\(-_-;)。

s-IMG_0205.jpg
s-IMG_0206.jpg


十村駅から道なりに進んで突き当たりを右に曲がると・・・・ドラマ冒頭で出た「小浜市」の看板が掛かるトンネルです。

s-IMG_0215.jpg
s-IMG_0213.jpg


先に進んで162号線で小浜目指しますが、途中の矢代までは工事中で昔ながらの悪路、覚悟した方が良いかも(^^;。
小浜湾に出て最初に出会うのが「おかあちゃんが喜代美に小包送ろうとした郵便局」。

s-IMG_0217.jpg


更に進むと「箸のふるさと館」が有ります。ちりとてちんメンバーのサインも飾って有りますよ。

s-IMG_0222.jpg


交番の三叉路を海側に進むといよいよ和田家の近辺です。この辺からは説明も要らないかな?(^_^;)\(-_-;)。
なおこの周辺結局全部歩いたので大変(^^;・・・・チャリで流すのが正解です。
それから、色々な観光施設には「若狭おばまっプ」と言う観光ガイドが置いてあり、小浜市ロケ地の殆どが載っていますので必須でしょう。
なお悲しいことに製作所の玄関側を撮るの忘れてしまった(泣)。

s-IMG_0224.jpg
s-IMG_0226.jpg
s-IMG_0228.jpg
s-IMG_0230.jpg
s-IMG_0233.jpg
s-IMG_0234.jpg
s-IMG_0240.jpg
s-IMG_0243.jpg
s-IMG_0245.jpg
s-IMG_0246.jpg
s-IMG_0248.jpg
s-IMG_0250.jpg


西津浜周辺探訪を終えて今度は小浜駅へ・・・・・妙なのが道を通っている、なんと9/13・9/14とお祭りの最中(^^;、市内は交通規制です(爆)。

s-IMG_0255.jpg


何とか駅駐車場に車を入れて、小浜駅で230円切符購入??(^^;。
なんと12:04発の東舞鶴行きに乗り込みます、目当ては「おかあちゃん熱唱の浜」を電車から撮影すること(^^ゞ。

s-IMG_0271.jpg
s-IMG_0261.jpg
s-IMG_0267.jpg


若狭本郷で折り返し土日祭日のみ運行の快速で小浜に戻ります。
従って平日にこの電車乗ると(泣)見ますが、その場合は高浜まで行くべきか?。

小浜に戻って観光案内所でチャリをレンタル、4時間500円コース選択。
最初に向かったのが常高寺でしたが、途中に有ったのが八幡神社・・・・今日のお祭りはここのでした。

s-IMG_0273.jpg


その先に有るのが・・・・小浜小学校の旧校舎、子喜代美時ロケに使われたのがコレですが、ガイドマップには載ってません。
時計は止まっているのでしょうねぇ(哀)。

s-IMG_0274.jpg
s-IMG_0275.jpg


そしていよいよ常高寺・・・・その手前に有るのが東光寺で、「おじいちゃんの通夜」が撮られた場所です。

s-IMG_0279.jpg


石段は・・・・途中でちょん切れてるのね(爆)。

s-IMG_0282.jpg
s-IMG_0285.jpg


なお電車で小浜到着寸前に撮ったのがコレ、石段を電車内から。

s-IMG_0269.jpg

境内みたいなところを電車が通るって案配は他にも有るようで、朝日新聞にこんなのが載ってました。
http://www.asahi.com/kansai/travel/ensen/OSK200807120024.html

常高寺から更に進むと三丁町、山車が飾って有りました。

s-IMG_0288.jpg
s-IMG_0290.jpg
s-IMG_0293.jpg
s-IMG_0294.jpg


海端に出るとザトさんが乗ったと言う「ちりとて号」と出会いました。

s-IMG_0295.jpg


海端で目に付いたのが「小浜ラーメン 若狭亭」・・・・う~む喰うしかない(^^;。
魚介類の利いた醤油ラーメンで太めの平麺、やや癖がありますが中々のお味です。
なお駅弁として売られている焼き鯖寿司はこのお店の系列で作っているとかで、ここでもメニューに有ります。

s-IMG_0298.jpg


海沿いを北に走るとマーメイドテラス。子喜代美とおかあちゃん、中喜代美と草々のシーンですね。
えっ・・・・大若狭は・・・・声のみ出演です(^_^;)\(-_-;)。

s-IMG_0300.jpg
s-IMG_0301.jpg


更に北に進むと「食文化館」、中にミニチュアセットと幸助さんの屋台が置いてあります。
また突端の漁協はおとうちゃん二人が談判した応接室が撮影されたところだそうです。

s-IMG_0303.jpg
s-IMG_0304.jpg
s-IMG_0305.jpg
s-IMG_0306.jpg
s-IMG_0308.jpg
s-IMG_0310.jpg


更に北へ向かって中州状態の所に有るのが小浜神社。ロケには関係有りませんが裏手に小浜城の遺跡が残っています。
最後の奴は午前中に廻った喜代美が通う高校とされた中学校です。

s-IMG_0312.jpg
s-IMG_0316.jpg
s-IMG_0318.jpg
s-IMG_0321.jpg


南川沿いに戻って先に有るのが「若狭高校」、阪神ファンなら川藤の母校として記憶されていますが、ここに小浜藩校の門が移築されていると言う由緒正しき所です。

s-IMG_0335.jpg
s-IMG_0338.jpg


駅方向に行くと有るのが小浜病院でおじいちゃんの入院先。杉田玄白先生の像もあります。

s-IMG_0339.jpg
s-IMG_0342.jpg
s-IMG_0344.jpg


マップの点線を追いかけて逆戻りしたのですが(^^;・・・・正解、市役所前の駐車場脇に有ったのが「手打ちそば もりけん」。
やはり蕎麦は喰わないと(^^;・・・・で頼んだのが「おろし蕎麦」。
女将さんとお話してたら、福井県産の蕎麦粉のみ使い、冬場は「辛み大根」で作るそう、撮り残したのも有るし冬場に来るかなぁ?(苦笑)。
毎週木曜日定休 11:00~22:00。

後は道なりにいずみ町商店街を通って小浜駅に戻りました(^^ゞ。
なお悲惨なことに・・・・和田家住民票を交付して貰うの忘れてしまった(号泣)。

s-IMG_0346.jpg
s-IMG_0347.jpg
s-IMG_0348.jpg
s-IMG_0350.jpg
s-IMG_0352.jpg


お祭りの影響で27号線に出るルートが限られ大回りして一路進路は西へ、おかあちゃんの歌った長井浜を素通りして何故か高浜へ。
城山公園の明鏡洞と海水浴場が目当て・・・・アホボンに順ちゃんが後ろから抱きついたシーンはココです。
なお大昔にこの公園で花見までやったことが有るのに・・・・まともに見たのは初めての様な気がします(^^ゞ。

s-IMG_0354.jpg
s-IMG_0359.jpg


又トンボ帰りでこんどこそ長井浜です。
なんでこんなややこしい行き方したか・・・・・電車通過シーンが撮りたいがため(アホ)。
なお駐車場は閉鎖されていて入れません。電車が近づいたら駐車場入り口前の踏切警報機が鳴るので判ります。
また電車が見えてくるカーブは速度規制が厳しいのか殆どトロトロ運転ですので非常に撮影がしやすいです。

s-IMG_0363.jpg
s-IMG_0365.jpg
s-IMG_0369.jpg
s-IMG_0370.jpg
s-IMG_0372.jpg
s-IMG_0374.jpg


またまた小浜に向かったら大渋滞(^^;、脇道から小浜市内に戻り若狭総合公園「ちりとての丘」。
丁度夕日になっています。

s-IMG_0375.jpg
s-IMG_0376.jpg
s-IMG_0383.jpg


南川沿いに南下して27号線を越えて進むと延伸建設中の若狭西街道と言う超立派な広域農道に当たります、この道を東に進んで遠敷トンネルを出て次の信号を右に曲がって直ぐ右に有るのが「若狭神宮寺」。
http://echizen.info/kankou/jinguuji.html

ちりとてちんのロケ地では有りませんが、DVD第二集DISK-7収蔵の道中記「貫地谷しほりの小浜編」でしほりちゃんが訪れています。
日も落ちて相当暗くなっていますし、お寺も閉まっていましたが、門からお寺までの距離を実感してきました(^^ゞ。
なお、戻る際に奥様?が通られ少しお話させて貰ったのですが・・・・やはり広いので管理が大変だとか。
しかもその奥様?・・・・外人さんなんです(^^ゞ。

s-IMG_0386.jpg
s-IMG_0388.jpg
s-IMG_0389.jpg
s-IMG_0390.jpg




これで小浜ツアーも終わり。行き当たりバッタリで行きつ戻りつしたので時間ばかり掛かって行き漏れてしまった所も沢山。

敦賀市  気比の松原
美浜町  水晶浜
おおい町 野鹿谷 (子喜代美の遠足地)。

そしてトドメは琵琶湖の近江高島直前から大渋滞、朝10分も掛からずに通過できた区間でなんと2時間も掛かった(爆)。
休日の夕方はダメとは判っていたのに甘く見てしまった(^^ゞ。
小草若ちゃんの指示通りに鯖街道を進むべきだったかm(__)m。




スポンサーサイト

【theme : ちりとてちん
【genre : テレビ・ラジオ

tag : ちりとてちん ロケ地

⇒comment

Secret

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

レイニー

  • Author:レイニー
  • 何にでも興味を示し、面白いと思ったらトコトン嵌る凝り性なおっちゃんです。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。