1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

又しても妙な試算が

たばこ増税の影響について日本学術会議のインチキ試算を批判したが、今度は厚労省が更にふざけた試算を公表した。

たばこ1000円、最大6兆円増収 厚労省研究班試算 8割禁煙でも現状維持・・・・産経新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080625-00000098-san-soci

 たばこを1箱1000円に値上げした場合、最大5兆9000億円の税増収が見込めるとの試算を、厚生労働省研究班(主任研究者・高橋裕子奈良女子大教授)が25日までにまとめた。最大の増収幅は、日本学術会議の試算(約4兆円)を上回った。

 現行のたばこ関連税は、1箱(20本入り、平均約300円)当たり約175円で、総額約2兆2000億円。研究班は、価格が1000円になるよう税額を上げた場合、喫煙者がどの程度減少するかを、たばこの価格変動が喫煙行動に与える影響をまとめた過去の文献などを基に試算した。

 それによると、値上げに伴い1箱当たりの税額は875円と5倍に増加。これに伴い、たばこ関連税も今の喫煙者数のままなら11兆円と5倍になる。

 ただ喫煙者は51・3~25・9%減ると予測、たばこ関連税は5兆3570億~8兆1510億円となり、3兆1000億~5兆9000億円程度の増収となるとしている。また喫煙者が80%減っても、2兆2000億円はまかなえると指摘。高橋教授は「値上げが実現しても、8割の人が禁煙するのは欧米の状況を見ても想定しにくく、税収減はあり得ない」と話す。

 来年度に予定されている基礎年金の国庫負担引き上げに伴い必要な2兆3000億円を捻出(ねんしゅつ)するため、ここ最近、与野党の国会議員の間で1箱1000円への値上げの動きが浮上。業界側は猛反発している。


まずこの試算もであるが、単純に価格の中身の税金分のみ上乗せして価格1000円を実現しているが、モノの価格がどう決まるのか?と言う経済の原則を全く無視した馬鹿げた試算である。

何度も再掲するが、たばこ一箱の税金内訳、300円商品の場合
国たばこ税   71.04円 23.7%
地方たばこ税  87.44円 29.1% 都道府県21.48円・市町村65.96円
たばこ特別税  16.40円  5.5%
消費税     14.29円  4.8%
合計      189.17円 63.1%

従って 300円 - 189.17円 = 110.83円 が製造原価&流通販売経費である。
最終小売り段階での販売手数料は前回記事でも書きましたが10%ですから300円商品なら30円。

馬鹿げた一連のインチキ試算ではこの販売手数料も「据え置く」訳で、タスポの余波で零細販売店の廃業が進んでいるが・・・・売上げ本数激減で一層この廃業が進むとなると結局対策が必要でしょう普通。
従って手数料は50円・・・5%へ、その他の原価も本数減少となれば値上げを容認しなきゃ変ですから、120円と仮定しましょう。

よって。
消費税    47.62円  4.8%(定率だから動かせない)
販売手数料  50円
原価     120円
たばこ特別税 16.40円
----------------------
合計     234.02円
たばこ税計  765.98円 

元の記事で税金分300円価格時に175円としているのは、恐らくは消費税を抜いた筈ですが、たばこ特別税は目的税ですから税収全体には貢献しません、よってコレも抜くのが本来の議論のベースとなる筈です。逆から見れば消費税は含めるべきかも知れません。

さて今回の試算において喫煙者数の減少が51・3~25・9%と推定しています・・・・しかし喫煙を継続しても本数ベースで倹煙する人も出るはずです。
何せ以前にも書きましたが現状喫煙者数と紙巻きたばこの販売本数は

    2005年       2006年      2007年
男性  45.8% 2,281万人 41.3% 2,066万人 40.2% 2,016万人
女性  13.8%  739万人 12.4%  667万人 12.7%  684万人
男女計 29.2% 3,020万人 26.3% 2,733万人 26.0% 2,700万人
販売本数  2,852億本     2,700億本     2,585億本
一人当たり  9443本/年    9879本/年     9574本/年

前の記事で推定したのと同じ結果ですが、おおよそ喫煙者平均で1.3箱/日程度の喫煙量となります。
金額ベースで考えると凡そ 12,000円/月 と考えてよいでしょう。
上記計算は喫煙者は減るが喫煙ペースは維持されるとの考えですが、12,000円/月のたばこ代が40,000円/月になって果たして維持され得るでしょうか?。

http://www.itmedia.co.jp/bizid/articles/0706/08/news115.html

上の調査ではサラリーマンのお小遣い調査をしていますが、大概の方の平均が4~5万円でしかありません。
すると4万円のたばこ代と言うことは・・・・・お小遣い全部が煙に消えるも同然です。
果たしてそこまでたばこにつぎ込めるものでしょうか?、若しくは主婦がお小遣い値上げを容認するでしょうか?疑問です。

従って残存する喫煙者の半分以上は「本数制限する」と見て良いはずです。
ここでは仮定ですが 残存喫煙者の半分は元通り 残りは喫煙本数を半減させるとしましょう。

すると         販売本数推定
最大51.3%減ケース    944億本
最低25.9%減ケース   1437億本

前回のインチキ試算で出た販売量落ち込み推定でも最低限この程度は残るとしたのが1440億本ですから・・・・今度の試算も相当にイカサマ度が高いですね。
ではこの数字から試算としての税収を考えましょう。

      51.3%減ケース  25.9%減ケース  80%減ケース
たばこ税  36,160億円    55,020億円   19,800億円
消費税込み 38,410億円    58,440億円   21,030億円
小売り収入  2,360億円     3,590億円    1,290億円
総売り上げ 47,210億円    71,830億円   25,850億円

消費税込み価格としても5兆8千億強が総税額ですから、到底税収増額が6兆円などにはなり得ませんのは明白です。
また、現在のたばこ総売上が3兆9千億強ですから手数料10%として3,900億円程度と見られますから、小売店対策として手数料価格を50円に引き上げても全てのケースで小売店は減収となります。

私の試算はあくまでも「たばこを止められない人は3倍強の値上げでも、結局消費量は今の喫煙者の3/4の消費量を維持する」と言う前提です。
下記の紙巻きたばこ出荷本数推移グラフを見て・・・どう考えられるでしょうか?
インチキ試算を繰り返す人達への・・・・私からの問いかけです。

pd070100.gif


なお、たばこは一次消費とも考えられ、この消費が更に他の消費を喚起する要因にはなり得ません。即ち国民所得の最終的な増加要因とは成り得ませんから、最大税収アップとなるケースでは現状との差異3兆円強の・・・・一般小売り消費が「失われます」。
いやいや貯蓄に廻す分を減らして・・・・なら、当然金融機関の預金残高が減りますから、当然ながら融資額も減らさざるを得ません、結局日本の経済そのものを変動させかねないのです。

嫌煙派の方にも考えて欲しいのですが、3兆円もの消費が冷え込んだらどんな影響が出るのか?一遍考えて欲しいと思います。
結局ヤミたばこが出回る要因と成り得ますし、そうなったらヤクザの資金源でしょうね。
脳天気な試算を繰り返す「お役人と子飼いの学者」には呆れます。


スポンサーサイト

【theme : 気になるニュース
【genre : ニュース

tag : タバコ問題

⇒trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Ĥ??ХĤ?

???Ĥ??ХĤ? ?Х?ä??Σ?夬 Х?????Х?ä?Τ?礦

⇒comment

Secret

止められない止まらない

レイニーさん、おはようございます。
かっぱえびせんじゃないですが、タバコは止めるつもりはありません。
と、言うより止めたら病気になりそうな感じです。
ご飯が美味しいから良く食べる。太る。運動はしない。おかげで病気になる。(ちょっと無理があるかも)
私の周りでも『1000円とかなったら止める?』とか『いやぁ止めんじゃろう』とか言ってます。
それとレイニーさんがおっしゃってる事(グラフから下のこと)を殆どの人が言ってますね。
馬○なお役人達は日本をどうしたいのでしょうかね?

目的は消費税

しんじろうさん今日は。

まぁたばこを止める止めないは個人の勝手ですので、強制的手段を弄されると腹が立ちますね。
消費税率アップが難しいから・・・この議論が出てきたのですが、前にも書きました様に数年と持たないプランに過ぎません。
結局消費税を上げる羽目になり、その場合たばこ価格は恐らく1100円にと際限もなく上がり続ける事になります。

即ち政治家のウジウジした結果責任の尻ぬぐいを喫煙者が払うのでしょう。



素晴らしい分析です

始めまして!

現在、私のところで「紫煙会」なるタバコ税反対組織を準備中です。会員の方の紹介で拝見させて頂きましたが、素晴らしい分析で感動しました。(^^)

こう言う馬鹿な理不尽な増税を考える連中に力を合わせて闘いましょう。(^^)

政治家の思惑だけで翻弄されたくない

珈琲好きさん今日は

お褒め頂き恐縮します。

愛煙家にとっては厳しい環境になってきてますが、理不尽な要求には断固として戦うべきでしょうね。
少なくとも喫煙者のみならず、関連産業従事者にとっても大打撃になり、生活そのものさえ脅かされる人が出ることを主張しなければならないでしょう。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

レイニー

  • Author:レイニー
  • 何にでも興味を示し、面白いと思ったらトコトン嵌る凝り性なおっちゃんです。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。