1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

交流戦前半終了

交流戦の前半が終わった(ロッテ-中日が1試合残っているが)。
現状 パリーグ 41勝  セリーグ 30勝 とパリーグが圧倒している。
まぁパリーグ側開催が4カード、セリーグ側開催が2カードと言う条件もあるが。

順位及び成績は下記の通り
       試合 勝 負 得 失 打率  防御率
1 日ハム   12 8  4 51 33 .276 2.61
2 楽 天   12 8  4 58 38 .274 2.78
3 SBH   12 8  4 53 38 .279 3.03
4 阪 神   12 7  5 51 46 .277 3.79
5 西 武   12 7  5 55 34 .258 2.59
6 広 島   12 7  5 48 50 .260 4.07
7 巨 人   12 6  6 53 60 .282 4.72
8 オリックス 12 6  6 59 54 .271 4.12
9 ロッテ   11 4  7 55 69 .290 5.18
10 中日    11 4  7 25 50 .215 4.12
11 ヤクルト  12 4  8 41 59 .263 4.53
12 横浜    12 2  10 48 66 .258 5.55

やはり防御率がよいチームが上位に居るが、西武は阪神戦での連敗が効いた模様だ。
その中で一際目立つのが中日得点力の低さである。
いくらなんでもこの得点では厳しい、二桁安打は2試合に対し6安打以下が7試合、4勝している方が流石と言うべきかも知れない。
森野の離脱は痛すぎたと言う案配だろうし、谷繁が現在抹消中なのも効いていそうだ。
なおリーグ戦でも好投していた広島のルイスが絶好調、大竹がもう少し踏ん張れればリーグをかき回せる。
横浜はただでさえの投手陣不安に三浦の離脱とか、ヤクルトはやはり青木が復帰すれど両外人が低調では苦しい。
巨人はラミちゃん絶好調で得点も上向きだが、中継ぎとして一番期待されている林が全くダメでは苦しい戦いが続きそうだ。

交流戦首位に並んでいる3チームは何れもパリーグ、独走している西武を追ってつばぜり合いしているのだが、肝心の西武も勝ち越している為に差が詰まらない。
西武は打撃が喧伝されているが交流戦防御率はトップであり、この先転けるとも正直思えない、暫くはこの状態のままだろう。

さて阪神だが、成績こそ勝ち越しているが内容を見ると、とても褒められたものでは無い。
ここまで6カードで初戦を取れたのは西武戦のみ、2戦目全勝でイーブンに持ち込むのが精一杯と言う案配だ。

5/20 BS  下柳     6+2/3 2  先制-3点差から逆転負け ●
5/21 BS  ボーグルソン 6   3  先制-2点差から逆転勝ち ○
5/23 SBH 安藤     5+0/3 6  先制-1点差から逆転負け ●
5/24 SBH 岩田     7   2  1点差から逆転勝ち ○
5/25 L   上園     6   1  1点差から逆転勝ち ○
5/26 L   下柳     7   1  先制-同点延長からサヨナラ勝ち ○
5/28 M   ボーグルソン 4+1/3 4  先制-4点差から逆転負け ●
5/29 M   安藤     5/1/3 4  2点差から逆転勝ち ○
5/31 F   岩田     8   2  先制-1点差から逆転負け ●
6/1  F   アッチソン  5   1  先制-同点延長から勝ち ○
6/3  E   下柳     3   6  先制-即逆転大敗 ●
6/4  E   上園     5   2  先制-そのまま押し切り勝ち ○

阪神の戦いぶりだが、上を見れば判るように12試合中9試合先制しているが、そのまま押し切ったと言うのは最後の1試合のみ。
先制するも逆転負けが4試合もあり、阪神本来の土俵で勝てないと言う状態が続いている。
いまのところ先発で責任を全うしているのは岩田だけ、他は昨年並みと言う状況になりつつあり、今季の好調を意識している岡田が見切るタイミングを逸している様に見える。
抹消されたボーグルソンは問題外として、心配していた安藤も疲労からか精彩無く1回飛ばし、いよいよ先発の駒が足りなくなった。
恐らくは能見を昇格させるのだろうが、現在1軍に居る太陽と阿部をどうするのか?、どちらも起用法がビハインド時専門で登板間隔が長い。
先発がこれだけ足りないとなったら有効な中継ぎを増やした方が良いと思われる。
気の毒と思うが、たった2回とは言え出るたびに打たれて失点する太陽の居場所は無いと思われる。その一方で下に気の利いた成績を残してる投手もさほど居るわけでも無く、一寸ばかし困った案配である。


今後の予定を予想すると

6/6  甲子園  H  能見     ガトームソン
6/7  甲子園  H  岩田     大隣
6/8  甲子園  Bs アッチソン  山本
6/9  甲子園  Bs 下柳     近藤
6/11 西武D  L  上園     石井一
6/12 西武D  L  能見     涌井
6/14 千葉M  M  岩田     清水
6/15 千葉M  M  アッチソン  小林
6/17 甲子園  E  下柳     岩隈
6/18 甲子園  E  上園     田中
6/21 甲子園  F  岩田     ダルビッシュ
6/22 甲子園  F  アッチソン  スウィーニー

う~む、後半は厳しくなりそうですね(^^;。

スポンサーサイト

【theme : 阪神タイガース
【genre : スポーツ

tag : 阪神 交流戦

⇒comment

Secret

交流戦

ん~、交流戦優勝はちょっと難しいかもしれないですね。

それよりもシーズン後半戦で中日と差があると言っても五輪で抜けることを考えるとねぇ…。
中日の猛烈な追い込みがありそうで怖いです。
どうも打撃がイマイチでピッチャーに頼ることが多くなってきた感じですかね。
アッチソンもボギーも責任登板回数はいけそうにないしJFKWに頼ってばかりではダメだろうしで心配事が多いです。
打撃陣も頑張ってはいるんだろうがもうちょっと足りない感じです。
神のみぞ知るってとこでしょうか。

中日の現状

あまり表面化してませんが、井端の状態が相当おもわしく有りません。
試合前の練習すらパスするって案配らしい。
敵ながらあっぱれな奴ですから、今以上に悪くならんといて欲しいものです。
森野のリタイヤが効いている状況ですから、戻ってきたら相当手強いですが、阪神から見ると、上向きになりつつある巨人と3すくみに持ち込めればOKかな?。
そうすれば今持ってる貯金がモノを言いますからね。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

レイニー

  • Author:レイニー
  • 何にでも興味を示し、面白いと思ったらトコトン嵌る凝り性なおっちゃんです。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。