1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここからが仕事・・・・か

改正道路整備財源特例法が昨日衆議院で再可決された。
それに先駆けて同法案の1年限り、09年度よりの一般財源化が閣議決定された。
この辺ややこしい限りで、上記法案を一部修正して通すべきものなのだが、「暫定税率そのものを廃止する」と言う野党側がこの修正に応じる気配は無く、修正すれば再度60日間店晒し状態になりかねない。従って閣議決定とは内容が相反する原法案のまま再可決に至ったものである。
何せこの法案が通らなければ国が地方へ道路財源として再配分する事が出来ず、現状止まっている工事等の再開が更に遅れる現実を直視すれば、最低最悪ながらも仕方ない面もあろう。

しかし今度通った法案は与党・野党ともに両刃の剣であるのは間違いない。

<道路政局>根幹先送り 一般財源化…若手、骨抜きを警戒・・・・毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080514-00000009-mai-pol

今回の再可決に際して与野党共に造反組が出なかった。
意味するところは自民若手の一般財源化推進派にとって一応閣議決定と言う担保があること。
一方民主党にも存在する「道路族一派」にとって、修正されずに通りしかも自分の手を汚さずに済む訳で非常に都合が良いと言った案配か。

従って今後の「どう落としどころを探るか?」が問題点となるが、道路族は名を取らせて身を取る戦術に出るのは明白であり、その戦術如何では与野党大混乱に陥るのは必至、下手な芝居を打てば与野党の改革派・道路保守派が双方で叛乱を起こすのは見えている。

ただ、一般財源化に際して道路特定財源を全く残さないのは現実にはそぐわない、従って本則部分はそのまま残す、暫定部分を一般財源化してかつ猪瀬直樹が主張するようにガソリン税の暫定税率分も地方財源へそっくり廻してしまう方がよかろう。
少なくとも国が再配分などに係わって口出しさせない事が肝要だと思う。

一番良いのは法案の叩き台を9月までに各党出させて秋に総選挙実施だろう。
何が何でも道路を死守するなら、道路族の先生方には「道路は必要です」と連呼して貰おう

しかし記事中のこの部分を何とか出来る力が福田首相に残っているのか?疑問符だらけではあるが。

しかし記事中のこの部分を何とか出来る力が福田首相に残っているのか?疑問符だらけではあるが。
 道路整備を求める地方自治体も同様の思惑を持っている。地方6団体は4月に一般財源化容認を決議したが、その本音は「必要な道路整備や地方財源確保が前提の決議」(全国知事会事務局)という点にあった。
 道路族は地方と連携し、反転攻勢の機を探るとみられるが、幹部からは「限られた財源だから、8割を道路に使ってもらえばいい」と、すでに妥協点を見据えたかのような発言も漏れている。
 二階氏は12日、閣議決定を確認した党役員会後、山本有二道路調査会長に電話でこう伝えていた。「みんな明日までの仕事だと思っているが、我々の仕事は明日からですな」

スポンサーサイト

【theme : 気になるニュース
【genre : ニュース

⇒comment

Secret

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

レイニー

  • Author:レイニー
  • 何にでも興味を示し、面白いと思ったらトコトン嵌る凝り性なおっちゃんです。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。