1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

流石フジの記事だわ

首位を快走する阪神タイガースであるが、29日の対ヤクルト戦での敗戦を受けて・・・・あの「夕刊フジ」がこんな記事を書いている・・・・内容を検証してみよう。


左腕に封じられるトラ打線、数字が語る首位の裏事情…夕刊フジ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080430-00000013-ykf-spo

昔から阪神には左アレルギーってのが有った、名前も思いだしたくない「安田・梶間・松本・・・・」なんて特定苦手投手が居たのだ。
さてこの苦手を左打者が打てなかったからなのか?と言うと実は違い、右打者が封じられた事の方が多かった訳である。

では今季の阪神打線を調べると・・・・・全体での打率が0.255に対し、対左腕に限ると0.222、確かに打てていない事が判る。

個人別の成績を見ると・・・・打数-安打 打率    [Tigers DATA Lab.]データ借用
      対右腕       対左腕
赤星    64-27 0.422   34-7 0.206
平野    58-12 0.207   21-7 0.333
新井    72-25 0.347   28-7 0.250
金本    66-21 0.318   28-6 0.214
鳥谷    67-25 0.373   29-7 0.241
矢野    54-13 0.241   22-6 0.273
今岡    53-6 0.113   19-5 0.263
関本    30-5 0.167   17-5 0.294
フォード  49-10 0.204   25-3 0.120
葛城    24-10 0.417   1-0 0.000

矢野・今岡・関本の右打者は確かに左腕の方が数値が良いが、元々低打率なので考慮外であろう。
結局肝心要の赤星が封じられているのが大きいが、左腕攻略に肝心の新井も打てていない事が大きい筈だ。
なお平野の数字を見ると実に興味深い、「なんと圧倒的に左腕の方が成績が良い」。
コレを見ると・・・・やっぱり夕刊フジは上辺だけのイメージで記事を書くようである、内容を掘り下げて書いてこそプロだと思うのだが(^^;。

なお阪神打線については何度も長打率が低い事を述べてきたが、一方で出塁率はリーグ1位。
これこそが阪神打線の一番の特徴だろう。

なおセリーグのみならずパリーグもだが、今季は得点不足なチームが多い。
昨季のセリーグ全体では  3555得点/864試合 なので 平均得点は 4.115 だった。
今季はここまで 538得点/158試合 なので 平均得点は  3.405 に過ぎない。
阪神に限ると  昨季 518得点144試合 3.597  今季 95得点/27試合 3.519。
即ち大差は無く、結局投手陣の出来不出来で今季の好調は語れてしまう事には違いないのだが。

何れにせよ低得点気味の傾向ならば、投手陣にアドバンテージの有る阪神・中日が有利なのは明白であり・・・・暫くこの争いは続くと見て良い。後は巨人が何時巻き返してくるか?が見物である。

スポンサーサイト

【theme : 阪神タイガース
【genre : スポーツ

⇒comment

Secret

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

レイニー

  • Author:レイニー
  • 何にでも興味を示し、面白いと思ったらトコトン嵌る凝り性なおっちゃんです。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。