1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今度は御用?か

ネット界において重要な合意が成立した模様だ

違法コピー常習者はネット切断、プロバイダー業界が合意・・・・読売新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080315-00000003-yom-soci
-----------
 インターネット上でファイル交換ソフト「ウィニー」などを通じた映像や音楽の違法コピーによる著作権侵害が深刻化していることを受け、国内のプロバイダー(接続業者)が加盟する四つの業界団体は、違法コピーのやり取りを繰り返す利用者についてネットへの接続を強制的に停止することで合意した。・・・以下略
-----------

以前にプロバイダ側での自主規制と言う形でのウィニー通信排除が俎上にのぼったが、通信の秘密侵害に当たりかねないと断念した経緯が有る。
では今回はどうなのか?と言えば、違法コピー品を遣り取りしているアドレスを第三者機関がプロバイダ側に通知する、プロバイダは当該利用者に警告し利用者側が従わない場合に排除すると言うもの。

前回騒動の経緯から、ネット上では今回の規制も違法性が有るのでは?と勘違いしている人もいるが、通信を監視するのはあくまでも第三者の権利団体で警察も噛む。警察には盗聴法って便利な印籠があるから、いざとなれば拡大解釈で対抗するだろうから・・・・結局不法コピー撲滅と言う大義名分には敵わないだろう。

プロバイダ側は違法コピー品を通信していると指摘されたユーザーに警告を与える訳で、通信内容そのものにはタッチしない。
即ちユーザーが抗議しようが・・・・・おそらく結局は警察相手に抗議する形になる格好だろう。

ここで問題になるのは、運用上で「警告に従わず退会処分を受けた人物の情報」をどうするのか?である。
ウィニーを撲滅するには、上記対象者をネットから閉め出すのが一番だが、そんな情報を共有するには個人情報保護法との兼ね合いが些か難しい面があろう。とは言え共有しなければ一時しのぎ策って案配になりかねない。
まぁ尤も何度も短期間でプロバイダ乗り換えていたら・・・・お金の問題で行き詰まるかも知れない。

プロバイダは利用者を囲い込むために各種の初期割引制度を設定している筈。
上記警告で退会処分を受けた場合、この割引制度無効の処分も併せて科せば・・・・屹度ダメージは大きい筈。

何れにせよウィニー包囲網が狭まるのは間違いないようだ。

スポンサーサイト

【theme : インターネット
【genre : コンピュータ

⇒comment

Secret

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

レイニー

  • Author:レイニー
  • 何にでも興味を示し、面白いと思ったらトコトン嵌る凝り性なおっちゃんです。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。