1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怒っても仕方ない

毒入り冷凍ギョウザ問題が揺れている。
昨日中国捜査当局側の記者会見が開かれ、恐らく全日本国民が目を剥いたであろう発表を行った。

ここではこの発表に対する評価は行わない、あくまでも今までに明らかにされたか公表された事例について考察をするのみとする。

日本側からは
同一製造日・同一工場製品から、「残留農薬とは言い難い濃度」の冷凍ギョウザが発見された。
当初見つかった以外に別薬品でも同様の事例が存在した。
↑は問題発覚以前の事例であり、事件発覚後における愉快犯では無い。
穴も何も無いパッケージ品内部から当該薬品が検出された。
当該薬品の薬物指紋検査を行った結果、ほぼ日本国内に存在する薬品では無い。
別ルートで輸入された物品が同じ様な汚染を示している。
高濃度及び常温による加速試験でパッケージ外からの浸透は認められない。

などなどである。

一方今度の中国側発表では
工場設備・人員・防犯ビデオ等の捜査で不審は無かった。
実態条件状態でのパッケージ浸透試験で浸透が認められた。
問題の薬品が中国産とは限らない。

などの反論から・・・・・双方正反対の見解に至った。
日本側は、中国国内で事件発生したとの見解。
中国側は、国外へ輸出した後の発生。


皆さんには怒られるだろうが、中国側における国の体面を何が何でも守るって方針は頷ける。
例え日本側から見たら馬鹿馬鹿しい程幼稚な理屈であってもである、それが中国というものだ。
以前の反日デモにおける日本側施設損傷に対する保証交渉を見ても判るはずだ。

この様な返答に対して感情論で反撃してはいけない。
あくまでも科学的立証でもって正邪を判定してゆく・・・・それが一番である。
有る意味今回の反論は捨て身技を放ったに等しい、中国側の主張が通るなら・・・・世界を巻き込む騒動に繋がりかねないからだ。
即ち、「パッケージ外部から容易に毒物が浸透する」が事実なら容易ならざる事態である。

『簡単にテロが行える』を意味するからだ。

パッケージ製造メーカーの話では、この様な悪意を想定せず、透過試験としては空気・水の試験データしか把握していない。早急にこの辺の確認試験を実施するべきだ。
その試験は「日本だけでは無く、世界の研究機関に協力を要請する」べきだろう。
そして浸透が起こり得るなら・・・・分配率も正確に計測する必要があろう。

いずれにせよ、今回の発表で政治決着は難しくなった筈だ。
万が一にも日本側が引いたら・・・・尖閣諸島やガス田は何れ中国のものになるのが明白だろう。


スポンサーサイト

【theme : 中国産食品・製品
【genre : ニュース

⇒comment

Secret

この会見を見て、最初は怒りまくってましたが、最後のほうは呆れてしまってばからしくなりました。
この会見を見た日本人はみんなそうでは無いでしょうか。
認めたら日本だけではなく、アメリカにもヨーロッパにも輸出が出来なくなりますから、絶対認めないでしょうね。

で、仰るように!外部から浸透するのであれば大問題です!!
ま、ありえないと思いますけどね。

この事件の前から、うちは中国の食材は買わないようにしてます。
でも、お寿司の付け合せに入っているガリが中国産だったりしますから、よ~っく見ないといけません。
メイドインって全部の食品やつけ合わせに表示義務って有るんでしたっけ・・・・そこが不安ですよね。

悲しい決断なのか?

予想されたように、今度の報道で中国内での反日が盛り上がっています(苦笑)。

政府による誘導で育った反日がコントロール不能な事態まで引き起こし、その怖さを実感した筈の中国政府。
しかし今回敢えて助長するのもやむなしと決断をしたものと思います。

そこまで覚悟してまで・・・・何を守りたいのだろうか?
今回の報道は警察当局の独断とは思えない・・・間違いなく中国政府の意向を受けてのものです。
・・・その決意を受け取った我が国首脳の反応は・・・余りにも危機感が薄い様な気がします。

まぁ誠意の無い対応に甘んずる訳には行きません。日本はとっとと代替を模索すべきでしょう。

アメリカから五輪不適格国って名指しされてますし、中国は今の体制を改めないと、そのうち行き詰るような気もしますね。
仰るように、暴動になるぐらい反日感情は凄い!そんな国から物を買うと、本当にテロにあうかもしれません。
とっとと!他の国にシフトして欲しい!!ですね。

昔、日本は「猿真似じゃっぷ」などと言われてましたが、その頃の日本と重ねる人もいますね。
でも、違い気がします。
日本は、ただのコピーや偽者を販売していたのではなく、真似て更に安く良いものを出そうと必死だった。
でも、中国は違いますね。
コピーだろうがなんだろうが!品質が悪かろうが!平気。
その時儲かれば良い!って風潮・・・・。
なんだかな~・・・・。

上海万博までは必死でしょう

まぁ五輪に関しては米国の動きもありますし、直前合宿を周辺国にもっていかれている状況も苛立たしのでは無いかと思います。

但し中国の技術を過小評価してはいけません。
来週にでも宇宙開発関連ネタについて書こうと思ってますが、日本と中国の思想の差異が良く判るネタでもあります。
中国とインド、この大国が本気を出したときに果たして対抗できるか否か、理科離れが叫ばれる日本には難しいかも知れません。

しかしまぁ・・・・あれだけ凄い中華思想も、共産党一党独裁でグダグダになってしまったのは残念なところです。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

レイニー

  • Author:レイニー
  • 何にでも興味を示し、面白いと思ったらトコトン嵌る凝り性なおっちゃんです。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。