1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やはり・・・でしたね

技術評論家と言われる桜井淳氏に対するカキコを9/15に行ったが、やはり氏の大ボケ評論が的を得ない実例が公表された。
氏は東急車輌のエンジニアリング担当者が、「どんな事故にも対応出来る強度を車両に求めれば、最早実用に耐え得ない車両になる」
そんな無駄な対応するよりも「脱線しないと言う対策を取る方が遙かに現実的だ」と言う意味のコメントを「馬鹿者」とこき下ろしている。
しかし解析結果では、事故車両の車体鋼板を7倍に厚くしても、事故車両のあのような無惨な変形は防げないと判定された。
おまけに事故スピードが60キロでもダメだったろうとの補足解析も示された。
氏の論評当時から言われた、「絶対安全な飛行機を造れば・・・・飛べない」と同じ意味の反論だが、氏の感情論と違って実際の解析結果からであるから、氏の主張はやはり無理があるとしか言えないだろう。
現代技術において、安全は確かに重要な問題であるが、コスト&実用性を無視してまでの過剰安全が社会に許容されるか?と言うと難しいだろう。
桜井氏の主張を拡張すれば・・・・高速道路で「ぶつかっても、横転しても絶対安全でなければならない」に等しいのだから、そんな車両は戦車でも無理なので・・・・結論もくそも氏の主張がアホ丸出しであるのが判る。
例えば交通安全で考えれば、交差点が有るから出会い頭事故が発生する。ならば交差点を立体交差にする・・・・が正しい安全論であり、ぶつかっても絶対安全という方向には向かわない。
スポンサーサイト

⇒comment

Secret

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

レイニー

  • Author:レイニー
  • 何にでも興味を示し、面白いと思ったらトコトン嵌る凝り性なおっちゃんです。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。