1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々に社説から2つお題を

朝日に珍しい社説が載っていた。
1/11付けで 「医療事故調―警察の介入は控えめに」との題名で、医療事故の真相究明に対して調査における警察の介入は最小限にとどめるべき・・・との意見である。

この辺日本の法律体系が「個人罰」中心である事の弊害面を表している。

同社説でも航空・鉄道事故調査に警察が介入する事での弊害に触れられているが、以前から私が主張するように、事故の調査は「予断を持たず全ての可能性を否定しない」が絶対条件。その上で事故調査は「何故に事故は起き、如何にして今後の再発を防ぐか!」が一番重要であり、たとえ原因が過失であってもその責任追及が主目的であってはならない。

しかるに日本では責任関係者に罰則を与える事が目的であり、事故調査の本当の目的とは些か主題が異なっている。従ってこの手の調査では、責任を負いたく無い関係者から十分に本質的な供述が得られる筈も無く、貴重な教訓を生かし切れない報告だらけとなりやすい。
アメリカでの航空事故調査は徹底しており、その原因と再発防止に全力を挙げ、例え過失による人命事故であろうと関係者に処分が及ぶことは少ない。

医療事故でも同様であり、福島県立大野病院での産科事故では、担当医の逮捕起訴にまでもつれ込んでいます。この例は民事上での医師側最大限譲歩を刑事証拠としており・・・・非常に問題が多い。
奈良県大淀町立大淀病院事件では、大々的にメディアでは担当医及び病院の責任を追及されたが、調査結果では刑事立件不可能として起訴猶予となっている。

しかしながら以前から指摘されているように、劇的に安全性が高まったお産での・・・少なからず残った不幸な例では、産科医が徹底的に叩かれる羽目に陥り、結果的に産科医の不足を生み出し、最終的に産科医空白地帯を数多く生じてしまった。この辺当ブログ過去記事に月ふたつさんがその現状を2年前に既にコメントされていたことを思い出した。
又事故に対して過剰な被害報道などは・・・・結果的に何も良くなる方向性を持たない。

よって朝日の社説には、「メディアの自制の効いた報道」も付け加えるべきだろう。


もう一つは産経の学研地球儀回収問題だ。

--------------------
出版・教材大手、学習研究社の子会社が、中国政府の圧力を受け、台湾を「台湾島」と表記し、音声案内では「中華人民共和国」と表現する地球儀を販売していたことが明るみに出た。

--------------------

この問題、産経の言うように日本の領土自体を改変するように求められた場合・・・・学研側はどの様に対応したのかに興味が尽きない。とは言え此処で書きたいのはこの事例ではない。

先年より中国製品の安全性が何度も取りざたされ、米国でも大きな問題として社会を賑わしている。
ある調査で中国製品を完全ボイコットして生活できるか?との試みがなされたが、結局ボイコットしたら生活が成り立たない・・・・との皮肉な結論が得られたという。
それ程までに世界経済への中国の影響力は大きくなった、その中国が他国向け製品仕様にまで口出す様では、何れ中国のお伺いを立てないと何一つ進まない事態にすら陥りかねない。
当ブログでは原発を擁護しているが、リスク管理の上で電源を分散すると言う大義名分があるからだ。
それと同じで経済の上でのチャイナリスクを今こそ低減してゆく時期に至ったのでは無いだろうか。

まぁ現状上海万博までは中国の発展は留まらないだろうが。

スポンサーサイト

⇒trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【鉄道事故】の情報を最新ブログで検索してみると…

鉄道事故 に関する情報を最新ブログやユーチューブ、通販商品から検索してマッシュアップしてみました。

⇒comment

Secret

新聞

レイニーさん、こんにちわ。
私は新聞をとりません。
社説に関しては初めて知りました。

地球儀問題ですが呆れてます。
まるで中国はアメリカの真似をしてるように思えてなりません。
私の中のアメリカは『自分たちが一番じゃないと嫌だ』なんです。
中国もそれと同じくらいな感じに思えてきました。
まぁ、日本人がだらしないってのもあるとは思います。
北京五輪って普通の五輪になるのか心配です。

遅くなりました

しんじろうさん
ちょっと出かけてたものでお返事遅くなりました。

新聞は・・・・今の時代取らなくても十分情報は入りますからね。

地球儀問題は単なる一企業の案件では済まないでしょう。
戦後日本が歩んできた「事なかれ主義」の集大成かも知れません。

中国は発展と共に矛盾の綻びがあちこちにのぞいている状況です。
しかしながら・・・・打たれ強いのも国民性ですから、すんなり底を割ることは無いでしょうね。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

レイニー

  • Author:レイニー
  • 何にでも興味を示し、面白いと思ったらトコトン嵌る凝り性なおっちゃんです。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。