1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちりとてちん再考

ちょいと前にNHK連続テレビ小説「ちりとてちん」について、大阪らしいドタバタ喜劇みたい・・・・と表現したが、この表現では・・・・ちょっと通らないかも知れないと書き込んでから思ってました。
そこで今回はこのドラマをもう一度性根据えて考察しましょう。

現在明らかになっている11週までは・・・・
A子とB子と言う明と暗のキャラクター、大工場と職人工房と言う明暗、そして師匠の失態による一門離散と言う暗から再集結という明までが描かれています。

全く違う事象ですが・・・・それぞれが表裏一体として絶えず他のエピソードを暗示する展開であり、普通のペットでしか無い九官鳥ですら・・・・恐ろしい程に展開のキーを持たされる、伏線張りまくりと言う緊張が突きつけられた事に、ようやく視聴者が気付くと言う残酷な面すら有りそうです。
従って「ハマる人にはトコトン嵌る」のもやむを得ず、その辺ながら見したい視聴者には・・・・??でと言う場面も相当あり得る訳で、おまけに「無駄な展開は一切無い」という恐ろしい状況は視聴者に「覚悟しいゃ」と江波杏子さんに凄まれる様な気がするのも事実だろう。

さてこのドラマ、主題はドジで内向き半端なヒロインが、落語を通じて成長するものだろうが、伏線の張り方から、恐らく「伝統の存続と現代との共存共栄」がメインテーマであろうと思う。

しかしながら、今までの展開を表現するのに最適だと思われるキャッチフレーズが2ちゃんねる由来で伝播している。
「伏線の月曜日、笑いの火曜日、仕込みの水曜日、シリアスな木曜日、泣きの金曜日、号泣の土曜日、渇望の日曜日」
確かに言い得て納得・・・と言う案配だが、今になり此処にこそ私は原作者の意図を類推してしまう。

即ち上方落語には「正当なる人情噺は存在しない」と言う事だ。
いや「子は鎹」などがあるやないか?との声も有ろうが、人情噺は常打ち小屋で人を呼ぶために考案された「連続する噺」であり、上方にはその手の本格モノは存在していない。
子は鎹は人情噺風ではあるが・・・・・一応オチがあり、落とし噺の一形態でしかないとも見なせるからだ。
上方のドタバタ喜劇と言えばまぁ吉本新喜劇であるが、一方の雄である松竹新喜劇はどちらかというと人情モノが主体であり、実際私の祖母はテレビ見て泣きながら小学生の私に「なぁ・・・(判るか)」と何時も言っていた事を懐かしく思い出した。
尤もこれは喜劇の話であり・・・・・落語では無いのだ。

そう言った上方には無い「人情噺」をテレビ小説と言う常打ち小屋で創作しているのではないだろうか?、そう思えて仕方のないこの頃である。

しかしまぁ・・・・世間には、大事なお出かけの前にわざわざこのドラマ見て、顔ボロボロで出かける始末の奥さんが大層おるようですなぁ。



余談だが・・・・12/16日曜朝のNHK落語に・・・桂ざこばの「子は鎹」が掛かった。
収録は10月だったらしいが、一つ疑問が。ざこばはABCラジオ等でNHK受信料不払いしているのを公言しているのだが、この辺どないクリアしたんでしょう(爆)。
以前にも、収録する前にリハーサルやったら・・・一言一句書き起こした台本を持ってこられて往生こいたって暴露してましたが、今回の演じ方・・・・やはり不自然でしたね。
本来この話は、演者にもよりますが鰻屋での遣り取りで「客を泣かせに掛けて・・・最後に落ち」が普通ですが・・・・今回のざこばは不自然な視線の後に急落・・・・でしたから。

スポンサーサイト

【theme : ちりとてちん
【genre : テレビ・ラジオ

⇒comment

Secret

ドラマ

関東の虎仲間(女性)も『ちりとてちん』を見てるそうです。
私にはさっぱりわかりません。
まだまだ私は子供なんでしょうか、アニメとか見て笑ったり泣いたりしてますねぇ。
この前から『るろうに剣心』のアニメが始まったので私一人が喜んでます。
まぁ、嫁は呆れてます。(^^;ゞ

アニメ大好き

私も普段はドラマ見ません(苦笑)。

アニメはDVDメディアで400枚近く収集しましたが、結局お気に入りのを何度も見返している状態ですね。
映画も200本近く有りますが・・・・同じです。


カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

レイニー

  • Author:レイニー
  • 何にでも興味を示し、面白いと思ったらトコトン嵌る凝り性なおっちゃんです。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。