1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

劣化ウラン・・・かぁ

以前このブログにコメント頂いたmobanamaさんのサイトに劣化ウラン関係の記事が載っていた。

http://d.hatena.ne.jp/mobanama/

この中で引用されている新聞報道を見逃しており、原子力関係に興味の有る私としてはチョイと自分が情けないなぁ?と言う気にもなる(笑)。
まぁ最近はまっている「ちりとてちん」に夢中であったのも原因だが(自爆)。

さてこの毎日の元記事中で劣化ウランの分析にICP-MSを使った事を「新技術」と表記しているが、これには些か抵抗がある、この手法などとっくに確立されているからだ。

そもそもICPというのは何か?
「誘導結合プラズマ」が邦訳だが、アルゴンガスをキャリアとして作られた高温プラズマ中に試料を混入させ、結果として試料中の目的元素の「発光スペクトル分析」するのもがICP-AES。
発生したプラズマを質量分析器に導入して「質量スペクトル」を見るのがICP-MSである。
なおプラズマ化に高周波を用いるが・・・・まぁ言わば電子レンジの親玉とでも思い浮かべても間違いでは無い。

昔原子力関係の仕事をしていた際に、再処理工場で問題となる廃溶媒などへの核種分配状況を確認するためにこれらを使った記憶がある。

さてICP-MSは「質量分析」であるため、同位体組成を精密に計測できる。
従って検出された「ウラン」が天然由来か劣化ウランなのか、はたまた濃縮ウランであるのかも判る。

そしてこの計測機器は私が原子力から離れるより遙か以前から存在しており、私が違和感を持つのは当然である。


よって「新技術」とはその後ろで書かれている、「特殊な試薬」の事であろうが・・・・身体負荷しているウランは一定の代謝率で排出されるが、恐らく、その排出率を加速させるものなのかも?。
もしくは分析された濃度程度のウランなら、ラジオコロイドとも言える状況になりやすく、通常の感覚とは違った挙動をする場合がある。放射線分析なら可能な「同位体担体」の添加がこの場合には出来ないので、質量分析に邪魔にならない担体を使ったのかも知れない。

まぁ分析結果から身体負荷量が判れば被ばく量を割り出すのは容易なので、毎日が被ばくと表現するのは判らなくも無いが・・・・mobanamaさんの感想同様に違和感を覚えますね。


柏崎・刈羽発電所での変圧器火災での過剰報道で多大な風評被害を生み出した自省も無いマスメディアにはハッキリ怒りを覚えましたが。
毎日や朝日の原子力関係記事は「話半分」的な読み方をすべきって案配かも知れません。


さてここで計量されたとする約100ナノグラムのウランであるが・・・、一体どの程度の放射能なのだろう?
1ナノグラムは 1.0E-9 グラム
ウラン238は 約3トンで 1キュリー=3.7E10 ベクレル

以上から 100 × 1.0E-9 × 3.7E10 / 3.0E6 = 1.2E-3 ベクレル

ハッキリ言って放射線測定では殆ど計れませんね。

元記事では元取扱作業員の濃度が高い訳ですが、過去に取り込んだウランが徐々に排出されている・・・と言うことでしょう。
この辺は代謝率等のデーターが無いと判断できませんが、通常こういう場合同じ濃度で排出されてきた訳では無く、過去に遡ればもっと高い濃度での排出期間の方が長かった筈と想定できます。

何れにせよ・・・・被験者の身体負荷量そのものの同定と、取り込み時期での推定負荷量が本来求められるべき結論だと思います。

なお蛇足ですが・・・・ウランは特別な物質でも何でもなく、その辺の土壌や水にナンボでも含まれております。
従って飲料水や食物から我々は普段から摂取していることを忘れてはいけません。


スポンサーサイト

【theme : 気になるニュース
【genre : ニュース

⇒comment

Secret

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

レイニー

  • Author:レイニー
  • 何にでも興味を示し、面白いと思ったらトコトン嵌る凝り性なおっちゃんです。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。