1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゼロ回答

先日ガソリン価格についての記事を書いたが、国土交通省が揮発油税の使途としての道路整備計画を明らかにした。
それによると凍結等の制限を取っ払って、構想済みの道路を全部造り・・・・当該の税金はビタ一文たりとも余りません・・・・とのこと。

当然世の中の反発は大きく、新聞各紙ともこれには猛反対の社説を載せている。

同税金は暫定措置として税率2倍が設定されており、この暫定措置を10年延長して道路を造ろうというものだ。
小泉政権下における公共工事への締め付けから、参院選挙に負けたと原因付けている自民党道路族をくすぐる甘い誘惑である。
甘い誘惑であるからこそ危険は大きく、此にうっかり乗れば結局選挙で又負けるのは自明であろう。

特定財源の一般化を嫌った官僚らしいプランだが、特定財源として残すなら税率を本来に戻してやるのが筋というもの。
税率2倍据え置きなら一般財源化するのが筋だし、国民も納得出来ないだろう。

ガソリン価格の高騰は国民生活に直接響く問題ではあるが、税率を戻して価格を下げると省エネ・・・二酸化炭素問題にはかえって不都合であるのは明白である。
その辺今後協議されるであろう「環境税」が固まるまでの代替税としての位置づけで一般財源化するなら仕方無いのではないか。

しかしまぁ特殊法人の整理縮小問題でも同じだが、既得権益に踏み込む問題に対する官僚の答えは何時もゼロ回答ですねぇ。


スポンサーサイト

【theme : 環境・資源・エネルギー
【genre : 政治・経済

⇒comment

Secret

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

レイニー

  • Author:レイニー
  • 何にでも興味を示し、面白いと思ったらトコトン嵌る凝り性なおっちゃんです。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。