1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

騒ぐ程のものじゃない

関西電力大飯原子力発電所1号機で一次冷却水の漏洩との報道があり、当該原子炉は運転を停止して調査を行うとのこと。

http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20070904i105.htm

報道内容はかなり端折ったものなので、関電のプレスリリースを見てみた。

http://www.kepco.co.jp/pressre/2007/0904-1j.html

今回の漏洩は原子炉近傍で起こったものでは無く、補助建屋にあるフィルター機器からの漏洩であり、漏洩水の状況から見ても特段に騒ぐ必要は無かろう。以前にも説明したが原子炉冷却材圧力バウンダリー外での出来事である。
当初一次冷却水ポンプからの漏洩と言うニュアンスであり、一般ブログ等では早速重大事故みたいな案配で騒いでいるが、案件の内容も調べずにご苦労としか言いようが無い。

当該ラインで本当に困る漏洩は以下の様な案件です。

http://www.kepco.co.jp/ICSFiles/afieldfile/2005/10/19/1019_1j_1.pdf

即ち漏洩を止めるべきシール部分でシールされず漏洩に至ることでしょう。
今回の案件ではプレスリリース添付資料の系統図を見れば判りますが、漏洩に至ったのはA系統のフィルタで、B系統は締め切った状況です。即ち今回B系統に切り替えてA系統を隔離した後に1号機は停止させたのですが、今までの運転管理なら停止などせずに隔離したA系統を修理した筈ですし、その行為は認められていますから。
この辺昨今の原子力事情がそうさせたと思いますが、随分と慎重な姿勢に変化したものだと感心します。


なお今回漏洩を引き起こしたフィルターは、原子炉冷却水ポンプの軸封部メカニカルシールにシール水を供給するラインのもので、当然ながらラインの性質上供給水にゴミが混じると非常に拙いために設置されているものです。
供給元の水は化学体積制御系タンクからのもので、添付資料を見れば判りますが原子炉系統からの余剰水が脱塩浄化フィルタを通って戻って来たものです。
従って通常考える一次冷却水と比較して大幅に含有放射性物質濃度は低く、今回の事例では3.4トンの漏洩で68万ベクレルとのことですから、即ち約200ベクレル/リットルです。
先だって起こった北陸電・東電での燃料プール水の散逸では、数万ベクレル/リットル以上の濃度の漏洩ですから話が違う。
ましてやこの手の機器は漏洩を想定した止水堰が機器廻りに設けられ、漏洩水は床ドレンに回収される設計になっており、事実発表もその通りである。
とは言えこの手の案件は本来有ってはイカン事ですから、関電には入念な調査をして貰いたい。
なお私は過去に別原子炉では有るが今回漏洩したライン系統機器の分解点検に立ち会った事が有り、当該場所の放射線環境は特段注意すべきレベルでは無かったのだが、今回の漏洩水含有レベルを見て再度納得したようなものである。


蛇足では有るが今回漏洩を引き起こした大飯原発、大出力型ながら野心的設計で非常にコンパクトにまとめられた原子炉として有名です。が、反面コンパクトすぎて定期検査時の作業負担が大きい事で知られています。実際私も中に入った経験が有るのですが、作業員の被ばく低減という観点からは全くと言って良いほどダメな施設の一つと考えております(苦笑)。



スポンサーサイト

【theme : 原子力問題
【genre : ニュース

⇒comment

Secret

原子力発電所

何かあれば怖い存在ですね。
目に見えない放射能が出た時にはパニックでしょう。
チェルノブイリの二の舞だけは勘弁して欲しいですねぇ。

>実際私も中に入った経験が有るのですが、作業員の被ばく低減という観点からは全くと言って良いほどダメな施設の一つと考えております(苦笑)。
中ってどんな感じなんですか?
私も入ってみたいもんです。

何か有ったら困ります

チェリノブイリ事故は衝撃的でしたが、西側諸国で設計される原発とは構造が大いに違い、例え似たような事故を起こしても環境への放射性物質漏洩は随分と緩和されます。
スリーマイル島事故がその例ですが、そもそも事故が起こらない事が先決で有ることは言うまでも無い事ですね。

原発の内部を一般見学で廻れる範囲なら単なる工場としか見えません。
但し作業員として登録されてしか入れない場所の表情は一変します。
何でこんなに?と思うほど配管の山ですし、80万キロワット以下の改良型以前の原子炉なら立って歩行するのも困難な場所はザラに出くわします。
そして又、そんな場所に高線量率エリアなどが有ったりします(苦笑)。

大飯発電所はコンパクトな設計故に一次系ループ機器を納める部屋の仕切りが無く、ループ室と呼ばれる部屋が一周出来たりします。
即ち一番高線量な機器から遠ざかっても別なのに今度は接近してしまうと言った案配ですね。
年取って体が固くなった現状ではあの中を自由には動けないかも。



カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

レイニー

  • Author:レイニー
  • 何にでも興味を示し、面白いと思ったらトコトン嵌る凝り性なおっちゃんです。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。