1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫がキバを剥いたか?

オールスター開催のため公式戦が中断、ほぼペナントの6割が消化されている。
この時点での阪神(まぁ所謂前半戦)の戦い振りと今後の状況を検討してみたい。

交流戦で酷い目に遭ったものの、セリーグ再開以降結構調子が良く、15試合で10勝5敗と少し前に比べるとウソのような状況であるが、その内容を調べてみよう。

まず打線だが、交流戦終了時点及びオールスター迄時点とその間のデータを
         打率  平均得点 長打率  出塁率
交流戦終了時点  0.250  3.17  0.354  0.313
前半戦終了時点  0.251  3.27  0.361  0.312
当該期間中    0.255  3.73  0.389  0.309

見ての通り、若干出塁率が下がってはいるが長打率の改善が平均得点を押し上げているのが判る。
4月時点で長打率の改善が無ければダメだと指摘したが、裏付ける結果となった。

投手陣は改めてデータを出すほどのモノでもなく、リリーフ陣の働きで2点台の平均失点で踏ん張っているのが大きい。


ではこのまま頑張れば(特に巨人が落ちてきた以上)逆転できるのか・・・・・・答えはノーです。
確かに巨人の戦い振りは変ですが、何も相手は巨人だけでは有りません。特に3位にも大きな意味のある今季はまだまだカープだって諦めていません。
長打率の向上が有ったとは言え、この期間中の数字ですら全体の平均より下なのです。即ち投手陣が最後まで息切れせずに保たなければなりませんが、橋本やウィリアムスの離脱のように今後も潰れる投手が出ることを見越さなければなりませんし、何よりも先発陣が弱すぎます。

他方落ちてきた巨人ですが、遂に先発にパウエルが戻ってきますし、打線にも李と高橋が復帰する模様です。
確かに原の采配が妙で相当勝率を損ねていますが、実績有る選手の復帰はそれ以上でしょう。

従って阪神がペナント争いで勝利するのは極めて難しい状況に変化は無いと考えられます。

さて今夜の中日戦はどんな戦いになるんでしょうか?

スポンサーサイト

【theme : 阪神タイガース
【genre : スポーツ

⇒comment

Secret

ナゴド連勝

マグレでもいい。
連勝したことにより選手達がやればできるって思ってくれればいい。
鬼門を完全に克服するには時間がかかるが仕方ない。
コースケがいないけどヤッパリドラは強いし簡単には勝たせてくれない。
大型連勝でもない限りTOPは難しいでしょうね。
カード勝ち越しは絶対条件ですね。
既定投球回数に達したピッチャーって下柳だけやった?

連勝するとは(笑)

中日も調子が上がりませんが、福留の離脱は痛いでしょうね。

下柳は83 1/3 で規定投球回数に達しましたが、阪神の試合数が83ですから今日の試合が成立するまでですね。
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

レイニー

  • Author:レイニー
  • 何にでも興味を示し、面白いと思ったらトコトン嵌る凝り性なおっちゃんです。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。