1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阪神の交流戦終了・・・終戦か?

交流戦第5節、実質的には順延の3試合以外全日程が終了した。
成績は下記の通りで日ハムが初優勝を飾った。

1 日ハム 23 18  4 1 .818 .260 17  93  51 2.06
2 巨 人 23 15  8 0 .652 .285 35 113  72 2.82
3 ロッテ 23 13  9 1 .591 .295 21 127  96 3.79
4 横 浜 22 12  9 1 .571 .253 16  81  74 3.21
5 中 日 24 12 11 1 .522 .240 17  86  84 3.34
5 オリ  24 12 11 1 .522 .263 20  87  89 3.14
7 ヤク  24 11 13 0 .458 .282 20 104  92 3.37
7 ソフト 24 11 13 0 .458 .256 11  78  79 3.19
9 楽 天 23 10 12 1 .455 .243 14  74  92 3.84
10阪 神 24  9 14 1 .391 .232 15  64 100 3.92
11西 武 24  9 15 0 .375 .253 25  89 105 4.03
12広 島 24  5 18 1 .217 .243 14  64 126 4.73


横浜は連勝出来たら3位に上がれるが、連敗すると5位に落ちる。
楽天は勝てば7位に入れるが・・・・相手は巨人だ。

阪神は結局10位に確定した、打率&得点が最下位、防御率も下から3番目では当然とも言える結果でしょう。
最終カードとなった日ハム戦、ダルビッシュの立ち上がり不安定につけ込めたのは望外だったが、その後は全く見せ場無し、現状の力を露呈するだけだった。
翌日はグリンを全然捉えられず、日ハムの詰め将棋みたいな試合展開にまんまと嵌り込んだ。

得点64失点100から想定される勝率は0.291だから、ロッテ戦での1勝1分がそのまま2敗だったら正にこの想定通りとなったところだ。
この事からもJFKおんぶに抱っこ状態は相変わらずであり、日程が密になる今後は出来ない相談であることからも、相当な奮起が打線及び先発陣に無ければズルズルと後退するだけだろう。

3位争いの横浜・広島・ヤクルトはそれぞれ新外人補強を図っている、阪神には現状その手の情報は皆無であり、現戦力で戦い抜くつもりだが・・・・・果たして現状が底なのか?未だ底が有るのか?戦力の見極めが重要だろう。

さて、既に何度も今季の優勝はおぼつかないと指摘してきたが、首位と12ゲーム差はデッドラインを踏み越えたモノと断定して良いだろう。
いやいや昨年の強烈なマクリが・・・これについても何度も書いたが、あの時期ですら得点力が良かった訳では無く、投手陣が最小失点で耐えられたからに過ぎない。

2006/8  26試合 12勝13敗  125得点  133失点
2006/9~ 28試合 22勝 6敗  119得点   63失点

負け越した8月の方が得点力は有った、失点が半分以下に下がったからこその快進撃である。
交流戦のユルユル日程ですら投手陣が結果を残せなかった、終盤で無失点を連続させたが、JFKフル回転得たモノであり、参考にすらならないのは当然だ。
日曜日にジャンが結局ボークから致命的な失点を重ねた、この悪癖はこれからも徹底的に突かれるだろう、走者が出ればベンチから「リーリーリー・・・・」って野次れば自滅する筈だから。

此方も何度も書いているが、セリーグ覇者の条件としてチーム防御率首位と言うものがある。
防御率2位以下のチームが巻き返すには、首位チームの得点力に大きな問題が有るか?、又は追いかけるチームの得点力が凄いかのどちらかしかない、その場合でも防御率の差は0.3点以内が許容限界だ。
現状から巨人の防御率が落ちないとするなら・・・中日ですら逆転が難しい立場に置かれている。
いわんや阪神にとっては・・・・今後の日程で防御率2点前半と言う奇蹟でも起きない限り無理。

    平均得点 長打率  出塁率 長出塁率
巨 人  4.97  0.465  0.338  0.504
ヤクルト 3.88  0.390  0.332  0.445
横 浜  3.90  0.391  0.327  0.442
中 日  4.37  0.400  0.338  0.459
阪 神  3.17  0.354  0.313  0.407
広 島  3.47  0.366  0.308  0.416

平均   3.97  0.395  0.326  0.446

上記は今季も何度か記載したチーム長打率等の現状数値。
4月時点で長打率向上無ければ厳しいと指摘したが、その時の数値より改善は出来たが相変わらずリーグ最低、出塁率でもリーグ5位で平均値より相当劣る。全数値首位である巨人の数字は呆れるばかり。
出塁率がそれ程突出していないのは四球がリーグ最小だからだろう、従って巨人戦で四球を出せば殆ど致命傷になる。
阪神打線が多少息を吹き返したところで巨人に追いつける道理も無い。
従って防御率で逆転という奇蹟が生じても・・・・得点力条件でアウト・・・・・結局結論は「今季は既に白旗」ですね。


まぁそうは言っても根っからの阪神ファン、消化試合と理解しても結局試合は見るんですが(自爆)。


スポンサーサイト

【theme : 阪神タイガース
【genre : スポーツ

⇒comment

Secret

勝っても負けても終わっても・・・

やっぱりタイガースが好き
これはどうしようもありませんね。
身体に染み付いたとでも言えばかっこいいかも知れません。
数十年前は『今年は優勝するんじゃ』と毎年言ってましたしそう思ってました。
今となっては懐かしいことですが現実は昔に戻っただけだと世の中のファンも気付いてほしい。
数日前も交流戦が中止だったのでJsportsチャンネルで『阪神VS大洋』の再放送がありました。
選手も若かったし懐かしかったです。
時代は変わってもタイガースの野球ってあまり変わってなかった感じもしました。
できることならあの時代に戻って教えてやりたいです。

やっぱり猫が好き

弱かろうが、何だろうが猫が好き(爆)。

まぁ屹度弱いだろうが、それでも今年の阪神は違う!!
と言い張った時代が妙に懐かしい。
ガラガラのライトスタンド・・・
風船も無ければラッパもない。
気の利いたヤジで失笑する・・・・

そんな時代まで逆行するのかしら?



カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

レイニー

  • Author:レイニー
  • 何にでも興味を示し、面白いと思ったらトコトン嵌る凝り性なおっちゃんです。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。