1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3っつの幕引き

プロ野球界どころかアマも巻き込んだ西武裏金問題、根来コミッショナー代理は昨日西武に対し以下の処分を行った。
1.高校生ドラフト1、2巡の指名権剥奪。
2.制裁金3000万円又は相当野球用具の納付。

如何にも甘い処分と言うより、早く幕引きをしたかったが為の処分と言えよう。
今問題が誘発したドラフト改革の前倒し、当該問題に対し拙速なる議論は避けようとの大義名分で先送りを図った事などどこ吹く風である。
少なくとも同時に譴責処分となった横浜の例を見るまでも無く、不正は西武や横浜のみの問題では無い。どう見ても殆どの球団が手を染めているのは公然の秘密でしかなく、不幸にして公になった球団のみに押しつけるのは如何なものか。
この一連の騒動で読売は高野連の拙速なる処分→救済を批判しているが、自らの衿を正さず有耶無耶にする行為をどう正当性するのだろうか?。
まぁプロ野球側の立場である読売が、朝日寄りの高野連を攻撃するのも当たり前かもかな。
なお前々からではあるが、コミッショナーが一部球団の利益代表ではやはり拙いだろう。


さて、政府は年金問題を早急に幕引きさせようと、社保庁改革関連法案に追加で時効撤廃法案を盛り込み、ろくな議論もナシで採決しようと企画している。
追加法案はおまけに議員立法と言う形であり、政府の責任と言う面では全く知らぬ存ぜぬ扱いだ。
5000万件を超えるミス処理の責任をどう付けるのか、曖昧なまま拙速な決着は国民を愚弄するものだろう。


現職大臣に続き緑資源談合の骨格を作ったとされる元理事も自殺した。
相次ぐ中心人物の退場により事の真相は深い闇の中に消え去るのかも知れない、誠に残念な事だ。
その中で、安倍首相は松岡前農相自殺に関するコメントで、「捜査対象とかそう言うものでは無いと聞いている」と言うような発言をした。同事件の捜査は始まったばかりであり、どの様な進展が有るやも知れず不明な筈だ。任命責任逃れとも取られかねない失言と言えよう。

この件、別の面で私には引っかかるものがある。
松岡元大臣の名前は松岡利勝、「利勝」と言う名前は戦前には戦勝祈願として良く付けられたそうな。
高木彬光の作品に「白昼の死角」と言うピカレスク小説がある、いわゆる手形パクリ詐欺師を題材としたものだ。その中に「利勝」と言う名前の被害者が出てくるが、主人公は勝利の反対は敗北だと言い放っていた。
松岡元大臣・・・・・果たして自ら選んだ道は勝利だったのだろうか?。

疑惑は残ったままだが・・・・一応故人の冥福は祈りたい。

スポンサーサイト

⇒comment

Secret

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

レイニー

  • Author:レイニー
  • 何にでも興味を示し、面白いと思ったらトコトン嵌る凝り性なおっちゃんです。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。