1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連敗は止まったが

昨日までの対読売3連戦を振り返ってみたい。

初戦は先発ジャンが自滅、打線も繋がりに欠けていつもの如く惨敗と相成った。
ジャンは2ボークで自分を見失ったのだが、5回表の小笠原への四球で交代さすべきでは無かったろうか?
攻撃では初回の逸機が全てだろう。福田の変則フォームで狂わされたのか?全く自分のタイミングで打てていた打者が居なかったのが残念なところだ。
この辺、広島フェルナンデスのナックルに出会った処から、チーム全体が妙な案配になっている。

2戦目はオカダらしくも無く、3回でスパッと下柳を見切り執念を見せたが、オカダらしく1四球でウィリアムスから藤川へチェンジした。結局これが命取りとなって藤川が逆転を許してしまった。
藤川の球は真ん中近辺に寄っており、渾身のストレートを読売矢野に粘られたのが要因ではあったが、逆から見たら矢野の粘りが逆転を生んだとも言える。果たして現状の阪神にこの様な粘りが有るだろうか?本来なら阪神がやらなければいけない筈であろう。

3戦目は・・・・・勝ったからこそ実は文句が有る、しかしまぁ結果論だろうから止めておこう。
なお金本の本塁打よりもその次の2塁打、この当たりが出れば復調は間近だろう・・・・と思いたい、本塁打は風のお陰と私は評価している、鳥谷の本塁打も殆どそうでしょうね。
メディア報道では藤川が狩野に変化球を遠慮無く要求しろと打ち合わせしたそうな。前日の速球一辺倒批判を受けての事だろうが、藤川の存在を聖域みたいな案配にしては硬直化を起こす、藤川だろうが一選手に過ぎない、この言葉は捕手側から出なければ嘘だろう。


連敗は止まったが、問題はその次だ。負けたら意味をなさない、全力で取りに行って貰いたい。
スポンサーサイト

⇒comment

Secret

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

レイニー

  • Author:レイニー
  • 何にでも興味を示し、面白いと思ったらトコトン嵌る凝り性なおっちゃんです。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。