1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

事故の糾弾だけでは

エキスポランドで起きたコースター事故、運営会社側の杜撰検査が主因だが、それだけの問題だろうか?。
事故は車軸が破断した事が原因だが(恐らく金属疲労だろうが、以前から主張するように事故調査に予断を持ち込む事は不可なので現在不明とみなす)、検査してれば防げたか?、防ぐためにはどんな検査や基準が必要だったか?この点の解明が重要だと思う。

事故は不幸を呼ぶ、しかし現代文明は数々の不幸を乗り越え、「事故が安全を強化する」を繰り返してきたに過ぎない。原発不祥事の件でも指摘したが、事故・不具合の知識データベースが共有されてこそ安全性が担保される。そう言った意味合いで松下やパロマなどの死亡事故なども根源的には同種だろう。

今回の一連報道で、エキスポランド側が車軸の交換を一度も行わなかった点が糾弾されている。確かに安全面から見ると運営会社側の落ち度に見えるが、納入メーカーから耐久品なのか消耗品なのかの区別も指示も無ければ、その判断を後から誤りと指弾するのは安易な道では無いか。
同種のコースターで過去に車軸のキズが発見された事例が調査で判っている、この事例が共有されていたなら少なくとも今回の事例は防げ得る範囲に入った筈だ。防げる筈と断定できないのは、この種の遊具点検基準はあくまでも自主管理であり、現状では強制力も無い。
実際JIS等で点検基準が規定されているエレベーターですら事故が頻発する有様なのだから。

この辺読売新聞報道でも
----------------
 大阪府吹田市の遊園地「エキスポランド」で起きたジェットコースター「風神雷神2」の脱線事故を受け、国土交通省は遊戯施設などの定期検査(法定点検)について、建築基準法施行規則に検査項目や判定基準を明記する方針を固めた。

 同法は、保守や点検については具体的な定めが少なく、法的な位置づけもあいまいだったが、今後はこれを明確化。特に、車軸については、超音波や磁石を使って亀裂の有無を調べる「探傷試験」を義務化するとともに、摩耗状態の数値化などを検討する。

 建築基準法は、遊戯施設やエレベーターについて、6か月~1年ごとに定期検査の実施を義務付けている。実際には、財団法人「日本建築設備・昇降機センター」の「業務基準書」や、日本工業規格(JIS)の検査基準などに基づき実施。JIS基準の場合、車軸については年1回以上の探傷試験を行い、亀裂や甚だしい摩耗がないことを確認するよう求められている。しかし、現行の建築基準法施行規則には具体的な検査基準はなく、JIS基準の運用についても、「業界の努力目標に過ぎない」のが実情だった。
----------------

では規制が強化されれば防げるか?、同種の事故は減るだろうが違う形で又事故は起きる筈だ。
その起きるかも知れない事故を未然に防げるか否か、そう言った体制を構築出来るか?それが今回の事故がもたらした・・・・不謹慎だが・・・・成果となって欲しいものです。
少なくとも点検は自主検査であって構わない、何をどの様に検査するのか?報告をどうするのか?(今回の事例では検査結果は報告されているが、検査方法やその妥当性などは要報告対象では無い)、キチンと詰めた議論と結論を待ちたい。

その一方、この手の遊園地経営は厳しさを増すばかりであり、今後多額の保守検査費用が上積みされるなら閉園に追い込まれる所も多数でるだろう。
果たして20年後に何カ所の遊園地が残っているのだろうか?。


スポンサーサイト

【theme : 社会ニュース
【genre : ニュース

⇒comment

Secret

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

レイニー

  • Author:レイニー
  • 何にでも興味を示し、面白いと思ったらトコトン嵌る凝り性なおっちゃんです。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。