1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

抜本的見直し必要か

開幕から1ヶ月強、図らずもセリーグの状況はシーズン前に予測した各球団の問題点がストレートに出てきている。
阪神の問題点として井川の穴を埋められる存在があるか?だったが、やはり不在であり未だに先発でまともに投げたと言う存在すら無い。先発がこけたら中継ぎも崩壊すると見ていたが、そのままズバリと的中してしまった。
セリーグはチーム防御率が素直に成績に反映されるので、4点台となった防御率で今後戦うならば先は暗いですね。
打線も同時に不調と言うのが多すぎますね、特にシーツ先生の不調が厳しい。かといって守備力を考えると中々交代させる決断は下しにくいだろう。

読売の投手陣はやはり充実している、その上で打線は怪我持ちも要るが一人やそこら抜けても十分に他球団と対抗できる・・・・逃がすと厄介ですね。

横浜は好調だが投手成績が上がって来ていない、長いペナントを考えると不安材料は多い。

中日は投手陣の成績もそうだが、守備的なデータが悪いのは意外だった、打線に頼りきりなら2005年夏の快進撃みたいな後に失速するパターンの心配すら出てくる。

広島はやっと投手陣の頑張りに打線が応えるようになってきた、フェルナンデスのナックルが阪神をいたぶっていたが、昨日の故障が長期にならないことが願われるだろう。
打線が援護してやれば今年の広島は十分に強い。

ヤクルトは予測どおり投手陣が持たない、おまけに得点力がた落ちでは苦しいのは自明。


さてさて連休中の阪神は先発が初回に失点すると言うパターンで負けまくっている。
では初回さえ乗り切れば大丈夫なのか?といえばそれも疑問だ。
先発が5~6回も持たない状況では中継ぎを厚くする必要があるが、苦肉として久保田を投入しまくったツケがそろそろ出てきた。
今一度投手陣の布陣を根本から見直さないと、対処療法ではもう直らないのではないだろうか。


スポンサーサイト

【theme : 阪神タイガース
【genre : スポーツ

⇒comment

Secret

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

レイニー

  • Author:レイニー
  • 何にでも興味を示し、面白いと思ったらトコトン嵌る凝り性なおっちゃんです。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。