1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

波に乗れない

先日のセリーグ4月成績考察の中で少し書き漏らした事がある、それは中日に関してのものだ。
ここ3年のセリーグ成績を失点と自責点と言う観点から見てみよう。

2005  防御率 失点 自責点 失/自点
阪神  3.24  533  478  1.115
横浜  3.68  596  539  1.106
ヤク  4.00  596  575  1.037
中日  4.13  628  595  1.055
広島  4.80  779  686  1.136
読売  4.80  737  694  1.062

2006  防御率 失点 自責点 失/自点  失策
中日  3.10  496  453  1.095   46
阪神  3.13  508  453  1.121   55
読売  3.65  592  523  1.132   55
ヤク  3.91  642  564  1.138   83
広島  3.96  648  565  1.147   81
横浜  4.25  662  607  1.091   75

2007  防御率 失点 自責点 失/自点  失策
読売  2.94   86   82  1.049    8
広島  3.53  103   94  1.096   14
中日  3.68  115   98  1.173   19
阪神  3.92  106  101  1.050    8
横浜  4.08  104   95  1.095   16
ヤク  5.16  129  120  1.075   16

これまでのところ、中日は失策等から余分な点を結構与えているのが判る、昨年までの中日らしからぬ状況だ。
エラーは野球につきもの、そして失策イコール失点では無い、失策が起きても耐えられる投手力が有れば良いのだから。
そう言った意味で今季の中日、失策数及び失/自点比はチョイと戴けない、波に乗りきれない要因の一つだろう。
2004年は少ない点を守りきって優勝したが、どうも体質が変わってしまった模様だ。

逆に見ると読売はこの数字でも圧倒的優位に立っている、総失点が少なければ少ないほど有利なのは当然。
他球団ファンからみれば何時まで続くか?だが、2003年阪神は落ちるだろうと見られた6月を乗り切ったら即マジック点灯だった。あの時は他球団が潰し合って5月半ばまで横浜除く4球団が2ゲーム差の混戦だった。
現在2位の横浜は投手力にまだ難があり、上位戦線に居残るのは苦しそうだと予測した、そう言った中で中日が失速すると阪神のダメっぷりも大概なので読売の独走を許しかねない、川上が復帰したので何とか止めて貰いたいものだ。

ところで昨日の公示で阪神はルーキー小嶋を落として伊代野を上げたが、どうにも私には解せない。
今季下でも自慢できる成績が残せていないのに・・・・・、まさか敗戦処理要員じゃないよね(苦笑)。

スポンサーサイト

【theme : プロ野球
【genre : スポーツ

⇒comment

Secret

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

レイニー

  • Author:レイニー
  • 何にでも興味を示し、面白いと思ったらトコトン嵌る凝り性なおっちゃんです。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。