1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3連敗は必然だったか

4月が終わりここに来てセリーグの状況が動いている、データから検証してみよう。

   A   B   C    D   E    F
読売 2.87 1.196  2.421  0.285  0.331  0.448
横浜 4.08 1.498  3.692  0.253  0.319  0.366
中日 3.51 1.394  3.506  0.278  0.336  0.426
阪神 3.92 1.457  3.685  0.261  0.314  0.357
広島 3.36 1.268  2.579  0.239  0.296  0.367
ヤク 5.03 1.408  2.516  0.254  0.323  0.375

A防御率 Bイニング被出塁数 C平均与四球 
D打率 E出塁率 F長打率


GW序盤3連戦はそれぞれ上位球団が下位球団に喰われると言う結果だったが、読売がヤクルトに凹まされたのは想定外だが、その他2カードは起きる可能性が十分に予測できた。
まず阪神は相変わらず投手陣が安定しない、与四球及び被出塁数はセリーグ最悪レベルである。
一方打線も長打率ではセリーグ最低、何とか5割近辺を維持出来ているのもJFKの威力頼みで有るのは明白で、両者とも改善出来なければ・・・・このままズルズル行く可能性大だろう。
先のヤクルト3連戦3タテを僥倖だったと評したが、まさにその通りだったことが露呈した格好だ。
中日は阪神に比べこの辺の数値は良いが、気になるのは失点106自責点90と言う守りの綻びが見える事だ。防御率も低落傾向であり少し気になるが、打線の援護が期待できるので急落という事態には発展しないだろう。
読売は連敗こそしたが、相変わらず諸数値は抜群であり、この調子を維持できれば独走する可能性が高い。
と言うより、この成績で現状独走出来ない事自体が妙で有ると言えば妙だと言える。
横浜は2位に躍進したとは言え、諸数値は阪神と似たり寄ったり、投手成績が向上しないと今の位置をキープするのにも苦労すると思える。
広島は投手陣の成績が好調である、打線が低調で投手陣を援護出来なかったのが成績不振の原因だったが、ここに来て栗原が復調し3番に座ったのが大きい、打線が活力を取り戻せば更に上位を十分に狙える。
ヤクルトは青木を3番に据えて得点力が上がった模様だが、相変わらずの投手陣では苦しい。
被出塁率や与四球などは阪神などより良いが、被本塁打が29本とセリーグ最多が響いている。


阪神はしかし厳しい戦いを強いられている、チームの欠点は昨年から判りながらも、補強を怠ったツケを払っている時期だろう。箇々の選手の向上に期待しようにも、主力投手が四死球癖持ちでは防御率を改善するにも限度がある、横浜同様打線の援護が必須だが、長打率が最下位の阪神に多くを求めるのは無茶だろう。
また過去99年以降のセリーグ優勝チームは、全て防御率首位であった事を考えると前途は多難だ。
交流戦まで3週間、どの様な動きになるのか見守りたい。


スポンサーサイト

【theme : 阪神タイガース
【genre : スポーツ

⇒trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[阪神]シーズン開幕

 プロ野球セ・リーグの長いシーズンが3月30日、開幕しました。 今年は『クライマックスシリーズ』があり、3位までには日本一の可能性があるとはいえ、やはり目指すはリーグ優勝です。  2年ぶりのV奪回を目指す阪神。大黒柱の井川が抜けた投手陣は心配ですが、シーツ

⇒comment

Secret

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

レイニー

  • Author:レイニー
  • 何にでも興味を示し、面白いと思ったらトコトン嵌る凝り性なおっちゃんです。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。