1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

希望枠撤廃を正式決定

先日既報のように今季ドラフト改正案が根来コミッショナー代理素案のままで決まった。
しかしよく考えてみよう、拙速の議論を避けようと言う大義名分で希望枠撤廃を先送りしたのに、何で修正案はこんなに拙速な議論で済ませるのだろうか?。
如何にも今秋ドラフトでの高校生分離を何が何でも守りたい意志を感じるのは私だけだろうか?。
事実その上に1巡目抽選は何度でも抽選を繰り返すと言う改悪状態になったのを受けて、広島は「ドラフトを2つに分ける限り、どちらを中心にするかは球団戦略。決まるまで入札を繰り返す方式は人気・実力球団にはいいが下位球団にはつらい」と訴えた模様で、当然の判断だろう。従って1巡目指名回避した場合の担保策を盛り込まれたが、如何にも取って付けただけの印象しか残らない。


以下サンスポ記事から引用
◆根来泰周コミッショナー代行

 「専門家、学識経験者を呼んで意見を聞くというのは1つの方法だと思う。議論の経過は全部公表しますよ。1球団のためにやってるわけじゃない。いろいろな意見があることをわかってもらわないと。(経過ではなく)結論だけで判断されるような傾向は、僕も我慢ならん」

◆巨人・清武球団代表

 「今年のドラフトでは2巡目以降は現行通り。コミッショナーの仲裁案を受け入れることを了承した。委員会は6球団の代表が委員となるが、そのほかの球団が入っても構わない」

◆ロッテ・瀬戸山球団社長

 「制度設計をきっちりするのは大切だが、球界のことを考えると希望枠は廃止の方がいい。新制度はドラフトの目的や理念を踏まえて、いい方式を作れればいい」

◆中日・伊藤球団代表

 「高校生と大学生・社会人に分かれているドラフトを一本化しての完全ウエーバーがいいと思っている。戦力均衡の意味ではそれがいい」


まぁこのコメントを見れば筋書きはバレバレですがねぇ。


スポンサーサイト

⇒comment

Secret

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

レイニー

  • Author:レイニー
  • 何にでも興味を示し、面白いと思ったらトコトン嵌る凝り性なおっちゃんです。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。