1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東芝の勝訴は当然

当たり前の如き勝利であるが・・・しかし控訴するんやろね

録画補償金で東芝勝訴=デジタル専用機めぐり―東京地裁
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101227-00000059-jij-soci

DVDレコーダーなどの売上高の一部を、テレビ番組の著作権者らに分配する私的録画補償金制度をめぐり、デジタル放送のみに対応したレコーダーを発売した東芝が徴収に協力しないのは違法だとして、社団法人私的録画補償金管理協会(東京都港区)が約1億4700万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が27日、東京地裁であり、大鷹一郎裁判長は同協会の請求を棄却した。
協会側は「デジタル放送専用の機器も補償金制度の対象だ」と主張。東芝側は、デジタル放送にはDVDへの複製回数を制限する措置「ダビング10」があることから、「購入者に補償金を負担させるべきか疑問だ」などと反論した。


この問題、どの様に考えても東芝の言い分が正しい。
即ち、デジタルチューナーのみの録画機をどの様に扱うのか?は未定であり、今後の協議で成案を得ようと言う事だけが合意されている。
しかるにその扱いを協議することすら放擲し、いきなり課金対象であるとの言い掛かり的な手法を取ったのが文化庁と権利者団体である。
確かに来年7月にアナログ停波となると・・・今後発売される録画機はデジタルオンリーになり、このままでは権利者団体へ一切補償金が入らなくなるのでやむを得ない提訴なのであろう。
しかし・・・結果的に支払う消費者の意見など全く無視であるのは如何なものか?。

アナログ時代に比べて大幅に利便性が低下し・・・本来便利になるはずが・・・かえって面倒になるのは何故なのだ。
そしてその面倒になる代わりに・・・余分な開発費等で価格上昇すると言う馬鹿げた不利益を消費者は甘受せざるを得ない。

少なくとも欧米等では、下記の方向性で一致している

 DRM等の規制あり  → 補償金無し
 DRM等の規制無し  → 補償金有り

処が日本は 規制も 補償金も どちらも有り と言う・・・我が侭ぶりなのだ。

まぁCDの売り上げを見ると 2000年 5200億円余  2009年 2500億円弱 と半減しており、業界の危機感は判る。
その一方ネットでのDL販売は 昨年遂に伸びが止まって 220億円レベルであり・・・CD売り上げの減少を補えない。
コレは・・車載方法がCDチェンジャーから・・・iPod+FMトランスミッターへの移行が大きいものと思われる。
従ってiPod 憎しって案配の・・・HDDへの課金を目指そうって姿勢にも繋がった訳だ。

しかし、この辺団体へ入るお金が少なくなるってのがホンネであるのはミエミエであり、我々消費者はそんな馬鹿どもを食わせる為にお金を支払う気など無い。
何れにしても最高裁まで争うなら・・・最終判決が出たところで・・・殆ど意味を為さないって馬鹿げた筋書きになるのは明白だろう。
何せ現状のデジタル技術の進化は・・・3年も有れば激変しているってのが現実でありますので。


※追記

しかし判決をよく読むと・・・東芝の主張が通ったとは言い難い面も有りますね。
玉虫色なので控訴審も要注意というところでしょうか。
スポンサーサイト

【theme : 気になったニュース
【genre : ニュース

tag : 裁判 東芝

H340の帰還

LANの故障で修理に出していたH340が修理アップして戻ってきた・・・

と言うか・・・先月20日に送付したが全く進捗状況不明なので14日に確認メールを。
しかしそれでも応答無く・・・18日にFAXで確認状を再送付。
18日夜になってようやくメールでの返答があり、やはりLANがダメであるためマザボを交換したとのこと。

日本エイサーのテスト用HDDでキチンと起動するが、私の送付したシステムHDDでは正常に起動しない。
日本エイサー側で初期化するか否かとの問い合わせ。

丸々初期化されたらえらいことなので・・・その状態のままで返送するように指示し21日に届いたと言う訳。

所用がありテストが出来ず23日にやっと実験したが・・・

まずそのまま電源ON  →  上側3個のHDDランプが 赤点等。

 これは登録しているHDDが無い との宣告なので 抜いて有った 2THDDを3発とも戻して再起動

しっかりと立ち上がって・・・LAN上にH340の姿が戻って・・・中を確認したらデータも全部OK(^^)/。

しかしコンソールがおかしいのでPC側のソフトをインストールし直し、コンソールでの接続もOK。

結局日本エイサーの言う「OSが破損している」は誤認だった訳です(苦笑)。

と言うことで、H340に保存したあったHD-PVRでの変換物件をReadyNas Nv+ に転送しています。
何せH340ではmpeg物件しかDLNA配信出来ませんから(^^;。

H340はDVDのデータ保管専用と言う状況で暫く運用しましょう(^^)。


処で・・・コレで我が家のネットワークストレージは
H340   公称7テラ  実質 6.3テラ
ReadyNas 公称8テラ  実質 5.4テラ
HVL-AV2.0 公称2テラ  実質 1.8テラ

と合計13テラ強と相成ったが・・・動画データばっかりやね(^_^;)\(-_-;)。

さぁ年末年始の特番沢山録画しないと(苦笑)。



【theme : 周辺機器
【genre : コンピュータ

tag : H340 ReadyNas

裁判そのものが茶番

何度も同じ事を書きつづっているが・・・こんな無茶な裁判は無い、当然無罪であるべきだ。
酷い事を言うようだが・・・被害遺族へのアピールだけの裁判でしかない。

福知山線脱線事故、前JR西日本社長は無罪主張
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101221-00000382-yom-soci

兵庫県尼崎市で2005年4月、乗客106人が死亡したJR福知山線脱線事故で、業務上過失致死傷罪で在宅起訴されたJR西日本の山崎正夫・前社長(67)の初公判が21日午前、神戸地裁(岡田信(まこと)裁判長)で始まった。
罪状認否で、山崎被告は「私は無罪です」と述べ、事故の予見可能性などを否認した。重大な鉄道事故を巡り、鉄道会社の経営幹部の刑事責任を問う前例のない裁判で、事故を予見できたかが最大の争点となる。


現在の日本人にとって・・・事件・事故の被害が惨ければ・・・一億総憎悪しないと気が済まないのか?。
この事故・・・確かに酷いものであるが・・・有る意味運転者が夢遊病に罹った様な状況下で起きた事例である。
その様な心神喪失状況を作り出したのは社内の風潮も根底にある訳だが・・・・それを以て刑事罰適用は行き過ぎである。
従って裁判における争点は・・・事故を予見出来たか?
そして 予見できたとした場合に 防止措置を故意に怠ったのか? になる。

事故が予見できたか否かについては・・・JR西日本管轄全区間の問題であり、当該区間のみの問題とするなら誤りである。
そして予見できたとして・・・ATS設置が「義務」なのか「目標」なのかで大いに異なる判断になる。

義務とした場合・・・全国全ての鉄道会社も義務となるが・・・ハッキリ言って完全設置など出来ないのは明白である。
結局ATSは「最初から設置すべき義務」などではなく・・・より安全にと言う目標でしかない。
何でもかんでも自動制御が優れている訳でも無い・・・場合により人間の判断の方が重要・正確である場合も多いことを忘れてはいけない。
自動制御至上主義になるなら・・・ロボットに全てを委ねる事を良しとするわけで・・・映画「ターミネーター」におけるスカイネットが理想となるはずだ。

とすれば・・・JR西日本が元々計画していたATS設置計画自体に・・・甚だしい怠慢が有ったか?が材料になるが・・・
多大な借金を背負ってでも実行すべき案件では無いことも確かである。

即ち・・・事業計画の正当性などの判断は経営権そのものであり・・・裁判で判断するべき事では断じて無い。

無罪どころか・・・起訴そのものが無茶である。

重大事故等有った場合に・・・個人罰主義の現刑法ではこんな茶番を繰り返さざるを得ないのは・・・情けない話だ。

事故から教訓を得、繰り返さない事が一番重要であり、追求することなど二の次三の次である。
しかるにやっていることは・・・真逆なんだから。


※この記事に匿名で私個人宛のご意見が届きました。
追記にその辺を記載いたします。

more...

【theme : 気になったニュース
【genre : ニュース

tag : 事故 裁判 JR西日本

ブリンカー付けているのか?厚労省

たばこ税増税は消費税増税に及び腰な政治家が御用学者のインチキ試算に飛びついた結果である。
従って半信半疑ながらの値上げで様子を伺ったら・・・・インチキ試算の化けの皮が剥がれ・・・目論見が狂っただけである。

来年度たばこ増税見送り=12年度以降の検討課題―政府税調
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101202-00000164-jij-pol

政府税制調査会は2日、厚生労働省が2011年度税制改正で要望していたたばこ税増税を見送る方針を固めた。
12年度改正以降の検討課題として先送りする。たばこ税は今年10月1日に過去最大幅の増税が行われたばかり。
増税後に駆け込み需要の反動で大きく販売数量が落ちており、当面は税収などへの影響を見極めるべきだと判断した。
3日の全体会合で報告する。
たばこ税は、10年度の税制改正大綱で「たばこの消費を抑制するため、将来に向かって、
税率を引き上げていく必要がある」との方針が示され、厚労省は2年連続の引き上げを求めていた。



元々のインチキ試算は恥知らずにも値上げ前で3兆円未満であった税収が8兆円にも膨らむなんてアホな計算をしていた。
http://rainy31.blog19.fc2.com/blog-entry-399.html

常識的に考えてみよう、喫煙人口と税収をドンブリ勘定すると・・・平均して9万円/年・人程度のたばこ関連税を払っていた。
値上げすると喫煙率は下がると・・・どんな酔狂な試算でも認めているわけで・・・それを考慮すると・・・
税収が8兆円と言うことは・・・たばこ関連税を喫煙者は凡そ~40万円/年・人程度負担することになるはずだ。
すると実際のたばこ購入費は50万円/年にも達する訳である。
平成21年度の所得税は約13兆円であるが、納税者は概算で6000万人程度と見積もられるので 20数万円/年 が平均となる。
即ちインチキ試算は所得税より大きな負担を喫煙者へ科すぞと宣言している様なものであった。

今年9月末での駆け込み需要は・・・長期保存は品質低下する事失念・・・を笑えない程の買いすぎ需要も生み出したが・・・・
その反動による販売減は今も非常に大きそうである。
従って長期的な視点による統計判断は来年秋頃になるまで不明であろうが・・・年度としての括りなら22年度結果は
ある程度の指標になるものと思われる。
一般にこの結果がJTから発表されるのは来年6月末なので・・・どうなるのか興味が尽きない。

さて、「たばこ消費を抑制して国民が健康になる」のは一見正しそうに見える。
しかしその効果は・・・一層の長寿も促進するわけだが・・・コレの裏側には年金・老人医療費の増大と言う側面も抱え込む訳である。
即ち本当なら・・・「沢山税金を納めて貰って早死にして貰う」方が政府としては理に叶っているはずである。

よって税収が落ちるまでのレベルの増税は政府としては失政に匹敵する。

段階的な税率アップは続くだろうが・・・上記原則との駆け引きの結果となるのでしょうね。
元々の政策としてたばこ税増税を要求していた厚労省も・・・まぁダメ元的な提言であろうが・・・笑えてしまう。

【theme : 気になったニュース
【genre : ニュース

tag : タバコ問題

カレンダー
11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

レイニー

  • Author:レイニー
  • 何にでも興味を示し、面白いと思ったらトコトン嵌る凝り性なおっちゃんです。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。