1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大型TV

やっとこさ注文してたTVが我が家に届いた・・・パナソニックのTH-P50V2と言う・・・些か大きすぎた50型でした。

本当は46型辺りで良かったのだが、この型番のシリーズは46型の方が値段が高いと言う妙な案配で・・・
結局この大きさになってしまった(^^;。

さてTVそのものと言うより・・・どうなるのか?興味津々だったのがDLNA再生。
結論から言うと・・・実にあっさりと認識・再生出来た。

我が家に今有るDLNAサーバーは
RD-S1004K、HVL-AV2.0、ReadyNas Nv+ の3機種であるが(H340が戻ってくれば4台)
RD-S1004K及びHVL-AV2.0からのDTCP-IP配信となる地デジ等の録画は全く無問題。
ReadyNas Nv+ に転送しているデータは全て HD PVR で作成した AVCHD 720P であるが・・・
このデータは全く問題なく認識再生出来た。
他の m2ts形式 も認識・再生できたが・・・・MP4形式のモノは残念ながらパナソニックTVでは認識しない。
MacではMP4ならキチンと再生するが、AVCHDはVLCで再生するとカクカクする・・・m2tsは再生ソフト環境が無い。
よって今後も同じだがAVCHDにて圧縮することにする・・・多少解像度が落ちるかと心配したが720Pで全く問題ない。

この辺どの様な形式を認識・再生できるのかはメーカーによって異なる筈で、暫くは混乱するかも
知れませんねぇ。
しかしパナもこの機能に「お部屋ジャンプリンク」って妙な名前付けたもんです(^^ゞ。

このTV発注した時点から、地デジの普通録画番組は全部TSE録画に切り替えたのだが・・・見て消しなら十分以上です。

今回の接続時に一番とまどったのが・・・RD-S1004KとTVを初めてHDMI接続したのですが・・・・
何故か画面が横長に伸ばされて・・・上下に黒帯って状況になってしまった。
散々あれこれ確認して・・・画面の送出モードが4:3に固定されていたのが原因でした(^^;。
16:9に設定してやっと正常に・・・この辺最初焦りましたがな(^^ゞ。

さて・・・このTVに安物のホームシアタースピーカーでも付けたらどんな案配になるのかな?。
加入してるeo光TVは・・・今までのSD画質コースからHD画質のコースに変更・・・12/1からなので
どう違うのか?楽しみです。

余談ですが・・・先週末の金曜日に接続用のケーブルをヤマダに買いに行ったら・・・平日の昼前というのに
TV販売エリアには人集りで順番待ちと言う有様(^^;・・・・駆け込み需要が過ぎるとどうなるのだろうか?。


※HVL-AV2.0からのネットワーク再生ですが・・・今度のプラズマTVでも再生でカクカクしてしまいます。
S1004K内蔵HDDからのDLNA配信ではLT-H91DTVでも不具合は無かったので・・・HVL-AV2.0個体の問題かも。
この辺繋ぐ場所やその他条件変えて実験してみます。
場合によっては大量にS1004Kから書き出したデータを書き戻す必要に迫られるかも(^^;。
そしてその場合にはUSBHDDをやはり増設する必要に迫られるかも知れません。


スポンサーサイト

【theme : 周辺機器
【genre : コンピュータ

tag : 薄型TV DLNA AVCHD

NWストレージ・・・その後

アイオーデータのHVL-AV2.0に色々VARDIAから録画データを移動させたのだが・・・
前回記事への追記で書いたようにVARDIAが録画時に各データに色々な属性を取得して附番している。
その属性に従ってHVL側ではDLNA配信用のデータは自動的にフォルダ分類している模様である。

さて私が色々録画している物件の中で、ケーブルTVからの録画が結構ある。
7月半ばにこの辺の対策を行って、録画データをH340へ転送していたのだが・・・H340が故障なので
HVLへ新規物件は転居させようと言う訳である。

そこで試しに先日始まったばかりの十二国記録画データを移動させたが・・・当然の様に自動分類には
ならずで・・・この状態は今後を考えると余り芳しくない。
H340の様に手動フォルダ分類でも良いのだが・・・その分類はDLNA配信時には無意味である。

VARDIA録画データ自体にアクセスしてその辺の情報を修正すれば良いのだが・・・リモコンでの
作業は・・・絶対に無理と思えるほどややこしい。
しかしVARDIAのと言うかS1004Kを選択した大きな理由だが、PCからアクセスしてファイル名称等の
情報を直接修正でき・・・上記属性も大まかながら設定できる・・・ネットdeナビと言う機能だ。

この機能の良いところは・・・PC側に専用ソフトが要らないところ、MACからでも操作OKである。

ココまで行ってからRD-S1004Kから当該VR物件を移動させようとすると・・・ダメ(^^;。
編集した物件はダメなのか?と未編集物件で試してもダメ・・・・VR録画物件に関してVARDIA側からのコピーは
全くダメである。
一方RDLNAを使った移動は可能であり・・・実際HVLからの配信も出来ている訳で・・・調査要と言うところか?

もう一つ、購入後暫く放置していた ReadyNas Nv+ であるが、日本橋に出向いてWD20EARS-00MVWB0を
4台とメモリPC2700-1Gを購入して装着、初期設定をさせた。
なおダミーとして先に別HDDを搭載してファームウエアを4.1.7にバージョンアップ済みである。
この時点で・・・本来X-RAIDの機能なら単体ボリュームとして1テラHDDの記憶エリアが出来上がる筈だが
試行ではどの様に設定しても自動設定されるはずのbackupとmediaがどの様にしても設定出来なかった。

HDD・メモリを交換して電源投入後30分ほどで本体は立ち上がり・・・諸設定を取り敢えず済ます。
この時点でボリュームのステータスを確認すると1~3チャンネルのHDDは認識済みで、チャンネル4の
HDDのみ一生懸命RAID再同期をやっているおり・・・恐らく8時間以上掛かりそうである(^^;。
試行で設定した内容は全部HDDに記録されているのか?全く一から再設定に戻っている。

まぁそれでも容量として・・・予定通り5.4テラを認識しており、新ファームで4KセクターHDDの利用に
問題は無くなった訳で、今後場合によっては3テラ以上のHDDと交換出来る可能性大ですね。
何故対応できるのか?ですが・・・OSがLINUXベースであるから(^^ゞ。

この辺修理に出しているWHSのH340はベースがwin2003サーバーですから・・・逆立ちしても対応出来ません。
しかし設定の容易さや運用の弾力などを考えるとWHSの優位点は多数あるかと思われます。

しかしH340が修理から戻ってくると・・・・LAN内ネットワークストレージの総容量が13テラにもなってしまう。
個人でこんな容量を運用する時代になったんですねぇ・・・殆ど動画データだけど(^_^;)\(-_-;)。


※日本エイサーへのH340-S3修理依頼であるが・・・HPの修理ページにある修理依頼書をプリントアウトして必要項目を記入し・・・
まず日本エイサーの修理受付へFAX。
当日中に日本エイサーから受け付けた旨、送付した依頼書に受け付け番号を記載して返信してくる。
この受付番号を宅急便の品目等の覧に記載して送ってくれ・・・ってのが手順らしい。


※※ ReadyNas の提供するDLNAは非常に柔軟でした(^^)/。
HVLでは出来なかったフォルダ分類は日本語表示含めて可能、本文表記のVR物件も悩まずに済みます。
但し、幾つかのファイルやフォルダを転送すると・・・DLNAでは見えない物件が発生します。
リネームするとキチンと表示されますが・・・若干気持ち悪いですね(^^;。

又、HD-PVRで作成できるh.264の動画は m2ts ts(AVCHD) mp4 の3形式ですが
H340では mp4 のみ配信可能
HVLでは tsは不可
ReadyNasでは ts も可能 でした。

と言うことでデータコンバートした物件は全てReadyNasにて管理することにします。
現状HD-PVRでの変換は8Mビットのレートですから・・・全部このデータで埋めると・・・1500時間分か(^^;。



【theme : 周辺機器
【genre : コンピュータ

tag : H340 HVL-AV2.0 RND4000 WD20EARS

机上の空論的判決

票の重みの違い=不平等なのか?そんなアホな話は無い。

7月の参院選「1票の格差」最大5・00は違憲 高裁が初めて認定
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101117-00000560-san-soci

 7月の参院選をめぐって5・00倍の「1票の格差」は憲法違反だとして、弁護士グループが都選挙管理委員会などを相手に選挙無効を求めた訴訟の判決が17日、東京高裁であり、南敏文裁判長は「違憲」と判断した。請求自体は棄却した。参院選を違憲と認定した判決は初めて。
 南裁判長は「投票価値の著しい不平等状態が長期間継続し、結果としてこれを是正する措置が講じられなかった。選挙区単位となっている都道府県の居住地による差別で、長年による放置は国会の裁量権の限界を超えた状態だ」と指摘した。
 訴状などによると、7月11日の参院選投開票日現在では、議員1人当たりの有権者が最も少ない鳥取選挙区と最多の神奈川選挙区との間で5・00倍の格差が生じた。
 別の原告が起こした同様の訴訟について同日午前、東京高裁の岡久幸治裁判長は「合憲」と判断した。判決で岡久裁判長は「国会において喫緊の国民的課題として、適切な検討が行われることが望まれる」と指摘した。


確かに毎度毎度票の格差問題で訴訟が行われるが・・・それを以て不平等と言うのは明らかに思想として歪である。
何故なら問題が参議院選挙であるからで、参議院が国会として果たしている役割を考えれば票の格差に目くじらを立てる必要性など無い。
実際格差を指摘されるベースは地方の人口過疎県が対象に成るわけだが・・・考えても見よ、これらは全県区での選挙である。
即ち定数が1しか無い訳だから削減など無理・・・格差是正をするなら票の価値が低いとされるところの定員を増加させるしか無いが・・・こんな行為が本当に正しいのか?、国会議員の定数削減と言う別の命題も有るわけで・・・この問題が両立するはずも無い。
実際米国の上院は州毎に2名の定員で人口配分など無い・・・・参議院もこう考えれば格差など有って当たり前では無いか。

現行選挙制度で定数削減に取り組むなら・・・人口過疎県は6年に一度の選挙にするか、若しくは隣県との合同選挙区とするしか無いが、この様な方法はそれこそダメだろう。
すると完全比例区化しか無いが・・・こんな方法で選ぶ参議院に価値が有るのか?も議論される筈。

何れにしても参議院の在り方から論議すべきだが・・・票の格差が違憲であるとするのは・・・参議院制度そのものの否定に繋がる危険な思想だ。

馬鹿げた計算でもすれば判るが・・・・前回参議院選挙での実績を見れば
問題の最小票となる鳥取県区の有権者数 485,912人
一方全国での有権者総数は     104,029,135人

鳥取県並に単純割の選挙区作るとすると・・・・軽く200を超える。
現行の参議院の定数は 選挙区146人 比例区96人、選挙は半数で行われる訳ですから・・・・
完全に公平なと言う視点から選挙区を選択するなら・・・参議院の定数は500を超える・・・・こう考えると実に馬鹿げた話だと言うことが判ろう。

どうしても公平さをと考えるなら・・・県単位の選挙区制度を廃止し、衆議院で採用されているブロック別の比例区にするしかない。
選挙とカネの問題と言う観点から見ても、単なる著名人有利と言う面から見ても・・・上の制度が欠陥だらけなのは言うまでも無いはずだ。

【theme : 気になったニュース
【genre : ニュース

tag : 裁判 選挙制度

ネットワークストレージ

年初より遊び倒してたWHS機であるH340だが、今回妙な故障に至った。

何かというと・・・HDDの4個有るランプの下側2個が赤く光って停止状態。
購入した後にDL済みのサービスマニュアルを見ると・・・LANの故障と言う事らしい。

そこで設置場所を移動して再起動させると・・・今度は起動するも・・・LANに現れない。
システム復旧用のディスクから探してもH340不在とのメッセージが出る。

やはり自己診断通り・・・LANがダメになっているのだろう。

しかし困ったことにH340はLANに全面依存する形態であるので、LANがダメであると
全く用を為さない訳で(^^;・・・まぁどないかするにしても・・・修理に廻すしか無いですね(^^ゞ。
この辺VGA用のケーブル作られた鳩の谷の街さん達の環境なら・・・LANボードの設置等で
解決出来るのかも知れませんねぇ(^^;。

そうなると・・・復旧まで時間が掛かる訳で・・・いらちのσ(^^;)が我慢できる筈もなく(苦笑)。
結局つなぎ的だけでは無くその他の別用途もあって・・・アイオーデータのHVL-AV2.0を手配。

到着するや否や居間に有るRD-S1004KからDTCP-IPでのダビングを実行してみた。

最初の試行は・・・順調に見えたが終了する直前にS1004Kの予約録画と被り・・・ダビング中止に
至ったようで・・・アウト!。
2回目の試行で・・・ようやくOKとなったが・・・現状唯一のDLNAクライアントであるH91DTVから
HVL-AV2.0を覗くと・・・・結構深いフォルダに格納されており再生するのも手間である。
そしてかなりのフォルダ構造となっているが・・・PCから確認できない。
この辺取説にもフォルダに関する記述が無いので・・・どう使うのか?である。
なおダビングに必要な時間は再生時間の半分程度と相当時間を食うので・・・夜間に実施するしか
なさそうですね。
それから・・・H340導入時にH91DTVからの再生がカクカクして・・・アウトか?と考えた事が
有りましたが・・・今回も同じ現象が再発。
前回の解決策がLANの繋ぎ込みを別ハブに分けるでしたが・・・今回も同じ案配でした。
ルーターのハブがあかんのでしょうが・・・困ったもんです。

次にNETGEARのReadyNAS NV+デスクトップ型ネットワークストレージ RND4000-100AJSが
NTT-Xストアで6,000円の特別割引により29,800円なのに惹かれてこっちもポチってしまった(^^;。

こやつはRAID5構成のNASなのだが・・・HDDを搭載していないベアボーンって案配。
しかし取説等を読むと・・・ADD-in使うとDNLAサーバーにもなれると記載されている。
この辺HDDの手配が終わってからですが・・・遊び甲斐のあるマシンになりそうです(^^ゞ。
WD20EARSを4発使っての構成も実施例を幾つか見かけましたので・・・HDD費用も抑えられそうです。

居室のTVもパナのプラズマを発注していますので・・・TV等・・・何がどの様に再生できるのか?
この辺非常に面白い年末となりそうです。

しかしまた・・・忙しくなる時期に遊びネタを仕込むσ(^^;)は・・・どんだけ変人なんでしょうか。


※追記
HVL-AV2.0のDLNA配信側フォルダ構造がどないなっているのか?でしたが
この週末に合計30時間分程度の録画をS1004Kから転送してみた。
その結果、沢山有るように見えるフォルダ・・・自動振り分けされるみたいです。
ワールドカップの物件は「スポーツ」
ちりとてちんの物件は「ドラマ」
スターウォーズの物件は「映画」 と言った案配。

録画データにタグが附番されているのでしょうね(^^ゞ。

それから、NETGEARのReadyNAS NV+ですが・・・先日遂にWD等から発売されている
4KセクタのHDD・・・Advanced Formatの物件に正式対応したと発表されました。

ブツは既に配送されてますが・・・搭載するHDDをどうするか?検討中だったので
まぁ丁度ええ案配って事ですね。




【theme : 周辺機器
【genre : コンピュータ

tag : DTCP-IP DLNA RND4000 HVL-AV2.0

カレンダー
10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

レイニー

  • Author:レイニー
  • 何にでも興味を示し、面白いと思ったらトコトン嵌る凝り性なおっちゃんです。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。