1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中高野街道-1

何をトチ狂ったのか?(^^;・・・このクソ暑い日が続くのに先日大阪街歩きって案配でまたまたぐるっと歩いてみました。

昼前の11時半なんて一番暑くなる時間スタートってのも狂気じみていますが(^^;、この日は風が結構きつくそう言った面では助かったって案配でしょうか(^^ゞ。

さて、スタート地点は守口市駅前の元禄堤の来迎坂。
元禄堤の上が京街道で来迎坂は守口街道(奈良街道)への分岐点、可愛らしい道標がある。
s_IMG_1156.jpg
s_IMG_1157.jpg


堤の上には向かしながらの建物が散見され、所謂「うだつ」が上がっている家も何軒か。

s_IMG_1159.jpg
s_IMG_1158.jpg


十三夜坂を下って・・・旧道はこの辺全部無くなっていますが・・・斜向かいのミスドの有るガードを潜り、その先を直進。
時計塔のある交差点を左折して直ぐの酒屋の角に道標の灯籠が存在します。
但し酒屋さんが色々周囲にモノを設置しているので詳細は確認しずらい状況です。

s_IMG_1162.jpg

ここを右折してタバコ屋の通りを真っ直ぐ進みますと・・・右に高瀬神社・・・お祭り準備中です。
その先の交差点には高瀬橋の史跡モニュメントがあります。
s_IMG_1165.jpg
s_IMG_1166.jpg
s_IMG_1167.jpg


斜めの道を微妙に曲がりながら進むと五差路に出ますが・・・・護念寺と言うお寺が有りまして・・・大塩平八郎の乱で連座した人のお墓があるとされています。その角に有るのがこのお地蔵さんですが・・・私が注目したのはその脇の小さな石(^^ゞ。
よく見ると 「りょうごく橋」 と読める字が掘ってあります・・・・。
s_IMG_1168.jpg


この五差路は交通の要衝と言うか・・・今の進路からみて・・・・
右は 千林で京街道から分岐した一種の野崎街道である剣街道(現在の大阪府道161号深野南寺方大阪線)で左手に続いている。
真っ直ぐの細い道が・・・これから歩いてゆく中高野街道。
斜め左へ進む一番広い道は、ココから分岐した脇街道みたいなもので・・・大阪市と守口市との境界になっている。

暫く進むと国道163号線にぶつかるが・・・・ココから昔の鯰江川跡にぶつかるまでほぼ一直線の道になる。
途中の鶴見緑地への道だが・・・この先掛かっている橋が昔の心斎橋である。
s_IMG_1174.jpg


一部では鯰江川跡にぶつかる前の酒屋脇の道を集落に入るべきって案内をされているが・・・私は直進が筋だろうと思っています。

この酒屋さん北側の細道を入るらしいが・・・確実に迷う筈。
s_IMG_1175.jpg

いずれにしても一本東側の信号まで曲がって・・・又南下する。
なお広い道(鯰江川跡)の一本南側に細い道が平行しており・・・古い道であることは間違いない。
自転車が通っていないほう・・・自転車の通っている道が中高野街道。
s_IMG_1180.jpg

少し先に進むと道が分岐しているが・・・二股の右側が旧道だそうだ。
s_IMG_1181.jpg
寝屋川にぶつかった地点は此方

放出大橋を渡って直進が街道であるが・・・寝屋川が開削されるまでは旧道も繋がって居たわけで・・・反対側は公園になっており記念碑が建っている。
s_IMG_1183.jpg

道を戻り放出大橋の道を進むと古い町並みがよく保存されているが・・・・その一角の正因寺前に中高野街道の石柱と案内板が建っている。
s_IMG_1182.jpg
s_IMG_1185.jpg
s_IMG_1186.jpg


その先にある阿遅速雄神社は丁度本宮祭で境内は夜店の準備に大わらわ。
境内に入る門の右隣に昔の道標とおかげ灯籠が建っている。
なおこの神社は殆どJR放出駅の直近と言う案配です。
s_IMG_1187.jpg
s_IMG_1188.jpg
s_IMG_1189.jpg
s_IMG_1190.jpg


踏切と古大和橋を渡って・・・直進すると・・・諏訪神社。
s_IMG_1191.jpg
s_IMG_1193.jpg

なお写真を見ると判るが・・・今進んでいる道は「明らかに土手道」と言う案配で・・・昔の道は土手であると言うケースが非常に多そうだ。
実際この後暫く先は何の変哲も無い道が続くが・・・土手跡であると言う事は継続していた(^^ゞ。
s_IMG_1196.jpg


阪神高速を通り過ぎて・・・布施の商店街北端に辿り着きましたが・・・・ここの最後の部分のみルートを間違えた(^^;。
商店街北端の直前のみ・・・一本東側に旧道が通って居るようです。
この先・・・・商店街を布施駅まで歩きましたが・・・携行してきた資料がこの先やや曖昧なので、一旦商店街を戻って・・・暗・奈良街道を大阪へ向けて歩くことにしました(^^ゞ。
この交点の細い道は・・・・やはり明らかに土手道と言う案配です。

s_IMG_1199.jpg
s_IMG_1200.jpg

最後の写真が 暗・奈良街道 と 中高野街道の交点とも言えますが・・・
写真は交点の南側から撮影したもので・・・暗・奈良街道は自転車が走っている道。
但し、右端に写っている自動車が止めている細道へ北に曲がっています。

以下今後歩いた時点でアップします。



スポンサーサイト

【theme : 大阪
【genre : 地域情報

tag : 大阪まちあるき 旧街道

情けない専門誌

HI-VIと言うビジュアル&オーディオ専門誌がある。

冬夏にベストバイランキング発表するなど、現在の「ホームシアター」の流れを作った要因でもあろう月刊誌である。
私が沢山のLDを買い込んだのもこの雑誌の影響が大きい(^^ゞ。
尤も記事の内容をよくよく読み込めば・・・スポンサーのヨイショ記事が大半って案配でもあるが(^^;。

さて現在発売中の8月号に面白い記事が載っている。
何かと言うと私が再々書いているホームネットワークによる家庭内映像配信に対する実験。
DLNA・・・DTCP-IPによるネットワーク再生にメーカー各社が取り組んでいるが・・・その製品同士での接続性を実施したって案配。
記事的には非常に興味をそそられるのだが・・・内容的にはイマイチ感が漂う(^^;。

何かというと、DLNAサーバーになれる機器を各社毎に選定し、クライアント機器を各社代表で接続テストする。

結果として、クライアント機器としてはソニーのTVが一番優秀だとの結果で・・・それには異存が無いのだが・・・・

問題は東芝のレコーダー X-9 の扱い。

X-9で録画した長時間モードのTSE録画がどの機器でも再生できない点を受けて・・・自社製品すら再生出来ないのはTV部門とレコーダー部門の連携が出来ていないのでは?・・・と言う苦言を呈する結論となっている。

X-9と殆ど同じ機能のS1004Kを所持している私には判ることだが・・・

この機種はTSE録画を「DLNA配信しない」のだ。

東芝の当該機種グループのDLNAで配信出来るのは下記の二種類のみ

TS録画  但し編集作業を行わないもの
VR録画  コピー制限の掛かっていないもの

東芝のこのTSE録画は規格争いで負けたHD-RECに基づいたものであるので、下手すると他社製品での再生に適していない可能性が有る。
そう言った意味合いでDLNA配信を敢えて封印しているのかも知れない。
実際今度発表された新製品であるX-10ではTS録画/TSE録画と言う文言が無くなり・・・DR録画/AVC録画に変更になっている。
そしてAVC録画品もDLNA配信するとのことなので・・・上記の推論は案外的外れでは無いかも知れません。

何れにしても、元々配信不可のものが自社含めて他社製品で再生出来る筈もなく、HI-VIで書かれた実験も結論も・・・ツメ不足であろう。
尤もHD DVDが規格争いに負け・・・BD陣営に再参入する移行時期の・・・謂わば中途半端な立ち位置のX-9ファミリーであるから・・・仕方ない面は多々あろうと思いますね。
X-9ファミリーはそう言った欠点は・・・大いに弱点でもあるが、「DTCP-IPによる外部HDDにムーブ出来る」「USB-HDDを増設出来る」と言う利点も有り、単独で考えるのでは無く・・・将来の発展性をも考慮すべきであろう。

私が「ちりとてちん」の録画に敢えてコレを選んだのは・・・そう言った面を考えたから(^^ゞ。

なおクライアントとしての性能も比較しているが・・・やはりPS-3が図抜けている模様です(^^;。
まぁDTCP-IPは元々 パナソニック・日立・ソニー・東芝・インテル が主導して出来た規格で、シャープの製品が不出来であるのも有る意味当然かも知れない(爆)。
又DTCP-IP自体が他のDRMをも吸収してしまう訳で、独自DRM規格に拘るMSが参入するとは・・・思えません(^^;。
よってWHSへの搭載は・・・難しかろうと言う気がしています。

【theme : オーディオ
【genre : 趣味・実用

tag : DLNA DTCP-IP

京街道-2

都島通りに再度合流し暫くそのまま進む。城東貨物線を潜る寸前の反対側にある斜めの道筋は・・・・大昔の京阪電車跡。なおこの近辺では街道に目印の道標が結構立っている。
左手に曲がって・・・関目の7曲がり・・・都島通りに戻ったら信号を渡って・・・この角を入る。
s_IMG_0881.jpg
京橋より進んできた道が向かい側の斜めに入る細い道。
s_IMG_0883.jpg

国道一号に出るので・・・・北に進み・・・・斜向かいに国道1号・163号を渡る。
斜めの道が大阪府道161号で・・・・昔の京街道そのもの、そして京阪電車旧ルートは所謂路面電車って案配。
城北運河と橋。昭和12年に出来たって案配ですが・・・城北運河が掘られたのが10年~15年なので話は合う。
ココを通っていた京阪電車は昭和8年に現在のルートに移転している。
この公園辺りで京阪電車旧ルートは京街道を離れ・・・千林商店街の中心地点へ曲がっていく。

写真車の後ろが公園。この通りを京阪電車は路面電車として通っていた。
s_IMG_0874.jpg


千林商店街との交点・・・千林商店街のメインストリートは、昔の野崎街道の一つで剣街道とも称された府道161号はこちらへ向かう。
辿れば判るがまさしく野崎までほぼ一直線に進む。

交点をそのまま突っ切り真っ直ぐ歩く・・・マンホール状の街道表示がある。
s_IMG_0870.jpg
s_IMG_0868.jpg

いよいよ国道1号線とぶつかるのだが・・・・この場所の解釈に色々ある。
光陽書房の「京街道」の図面やその他のwebでは、細い道路に左折し、今市1北交差点に出て・・・国道1号を渡る。
そして今市西交差点まで進み、城北公園通りを通って国道1号線へ再合流するルートを示していることが多いが・・・・
今市交差点の歩道橋南側に道標が立っている訳で・・・上記ルートに矛盾する。

この部分だが・・・今市1北交差点には曲がらず、道なりに進んで1号線に出て・・・「歩道橋で向こう側に渡る」のが
解釈としては正しそうです。(大阪府発行の京街道解説での膨らみを説明する意味合いでしかないが)。
尤もこの地点から・・・・文禄堤までの道のりは旧ルートが完全に消失している訳で・・・適当に進めばええでしょう(^^ゞ。

明治頃の地図を確認すると、文禄堤は当時現役で現状の国道1号線守口車庫交差点辺りまで伸びていた模様。
そして現1号線から城北公園通り方面に堤が有った模様です。
即ち京街道自体は、今市交差点辺りで堤から降りて・・・京橋まで堤をショートカットすると言う案配になってます。
当時でも赤川方面まで忠実に堤の上を通行するのは・・・流石に遠回りしすぎなんでしょう。

明治18年測図
明治18年今市
明治41年測図
明治41年測図


何れにしても、どの様な古地図を見ても今市付近で左に湾曲するようなルートが示されているモノは一点も無く、明らかに光陽書房で示されているルート図は間違っています。

明治初期頃の測量ではこの部分は現役の堤防として、守口の文禄堤と繋がっている。
新淀川の開削工事は明治31年~43年なので、明治18年の地図ならば旧来の姿を完全に残している筈である。


問題の交点で・・・光陽書房で示されたルートは・・・左側の細い道へ進む。
s_IMG_0867.jpg

曲がると即国道1号線と交差。光陽書房ルートはココを横断して城北通りに出る。
s_IMG_0865.jpg

しかし大阪市が設置している道標及び説明板は1号線の南側に設置されている。
s_IMG_0864.jpg
s_IMG_0863.jpg

結局先ほどの分岐はそのまま真っ直ぐ進み・・・この地点で1号線に合流すべきである。
s_IMG_0862.jpg



文禄堤は有る意味守口の名物であるが・・・30年ほど前まで・・・・何であんなんが有るのか?知らなかったって案配です(^^;。
文禄堤自体は建築物による浸食等で本体部分がかなり失われて来ていますが、横から見た場合にはこの様な規模になります。
s_IMG_0858.jpgs_IMG_0857.jpg


また彼方此方に小さな階段やらで上り下り出来るようになっています。
s_IMG_0856.jpg

つい最近完成した駅前高層マンションには文禄堤の解説が
s_IMG_0853.jpg

守口市駅前では十三夜坂と言われる大きめの坂が有り、中高野街道への分岐点となっています。
次回はこの分岐から中高野街道へ(^^ゞ。



【theme : 大阪
【genre : 地域情報

tag : 大阪まちあるき 京街道

京街道-1

先々月の野崎詣り(古堤街道から分岐)の時にも書いたのだが、京街道を辿る際に幾つかの文献等で相違する内容を含んでいることが多い。
特に光陽書房の「京街道」ではルート図が本文内容と違う場合が多い上、区画整理等で旧ルートが消失しているケースも多い。
従って旧ルートが辿れる場合は極力忠実に、ダメな場合は「適当に」って案配で辿り歩くのが一番精神衛生上ええのでは無いかと思う。
さて先日数回に亘って守口と高麗橋間を歩いたので、京街道として纏めてみるが、実際の歩行は守口側から高麗橋側へのものであり
写真等はそちら向きだが・・・一応高麗橋から守口行きと言った案配で記述していく。

京街道出発点は高麗橋、元々は京橋だったが江戸時代に起点が変更された。
s_IMG_0779.jpg
s_IMG_0780.jpg


ここから今橋まで北上し土佐堀通りを東へ直進する。途中八軒家浜跡碑がある。
s_IMG_0767.jpg

なお春に始まった熊野古道てくてく旅では、現在の浜に記念碑が別に建っているようである。
s_IMG_1243.jpg


天満橋交差点から京橋までの区間は・・・旧道の半分は失われている。
TV大阪と日経新聞ビルの南側道路が相当するようであるが・・・明治期頃の地図だとほぼ直線的に天満橋交差点へ至っている。
この辺OMMビルが建っている辺りは古地図を見ると反対側の川崎橋側の砂州であったものを・・・寝屋川の出口を付け替え、間を埋めたモノと判る。
少なくとも日経新聞裏を通らざるを得ないのは確かであるが。写真は発掘された昔の石垣を展示しているもの。

ドーンセンター脇に復元されたもの
s_IMG_1020.jpg
s_IMG_1021.jpg

日経新聞社屋裏側に復元されたもの
s_IMG_1018.jpg
s_IMG_1019.jpg

京橋を渡って・・・土佐堀通りを東進する。なお京橋の北西たもとに「川魚市場」の碑が建っている。
s_TS3R0014.jpg
s_TS3R0015.jpg
s_IMG_1014.jpg
s_IMG_1015.jpg


光陽書房の「京街道」の図面ではこの辺京阪線の南側とルート図で表示しているが、その場所は昔は鯰江川なので・・・あり得ない話である。
実際本文では「自動車の往来が激しい広い道」と表現しているので・・・旧片町駅近辺までは土佐堀通りを指している筈だ。
土佐堀通りの一本南に道が有るが・・・古堤街道の一部と考えても良さそうです。
実歩行すると・・・更に南側の道として・・・・現在の寝屋川沿いに歩道が整備されている。

遊歩道から上流を 右手が第二寝屋川
s_IMG_1013.jpg
遊歩道の先から下流を
s_IMG_1012.jpg
土佐堀通り一本南の道
s_IMG_1010.jpg


片町東交差点を渡り、シャンピア片町ビルの左へ進むと正面左手に三角の公園状のもの・・・野田橋跡です。
s_IMG_0911.jpg
s_IMG_1008.jpg
s_IMG_0912.jpg


この先、多くのサイトが京橋駅高架の北側ルートを記載しているが・・・・古地図と照会するかぎり・・・明白に間違いで、この部分から駅の中をすり抜けるって案配ですね。光陽書房の京街道も同じ間違いをしています。
この辺・・・色々旧街道を歩いて見た結果・・・旧街道の多くは「土手道」である事が殆どと言う経験をしてきました。
この区間に関しては明らかに京阪高架南側では3本の道の真ん中が旧堤の上であることが判る・・・両側が低いと言った案配です。

同じガードを京阪線の北側から
s_IMG_0910.jpg
此方は土手道側から
s_IMG_1006.jpg
京阪線南側沿い道から土手道側の建物を裏から
s_IMG_1007.jpg
土手道と京阪線沿い道の分岐部
s_IMG_0909.jpg
土手道との段差・・・京橋駅正面横
s_IMG_0904.jpg

暫く進んでJRのガード直前で左に階段を下り、京阪駅を北西へ戻る様に突っ切る。
向こう側に渡って北東に進路を変える・・・・道標は反対側に立っている。
s_IMG_0914.jpg

国道1号を横断して商店街を進む。最初に横切る道は、大昔の貨物線跡で桜宮駅の北側まで延びていたそうだ。
s_IMG_0901.jpg
s_IMG_0898.jpg

そのまま進むとアーケードが無くなり・・・・右からの道路と合流する・・・恐らく昔からの水路を埋めたてたものの筈。
従って左側の歩道が昔の古道部分だろう。

京橋側へ逆向き 右側の道が京街道 左手は恐らく昔は水路
s_IMG_0895.jpg

暫く行くと道が二手に分かれるが・・・・一方通行の逆になる右手へ進む。

s_IMG_0894.jpg

都島通りに出る
s_IMG_0893.jpg

都島通りを渡り、少し北に進み、歩行者信号を渡って右手の道が古道の続き。
s_IMG_0890.jpg
s_IMG_0888.jpg


長くなるので以下次回



【theme : 大阪
【genre : 地域情報

tag : 大阪まちあるき 京街道

前半戦終了したが

プロ野球は昨日水曜日の試合で前半戦終了・・・・オールスターに。

さてセリーグは上位3球団が接近してきているが・・・今後の争いも面白そうだ。
そんな中何故にこんな急接近したのか?と言えば巨人の急ブレーキが主因であるが・・・・
実際の処・・・交流戦で引き離せなかったのが利いている模様ですね。

さてさてその様な展開ながらも・・・接近している我が虎さんは・・・接近はしたものの
難しいと言わざるを得ません。

ココまでは何とか凌いで来ましたが・・・先発投手不足はいかんともし難い。
取り敢えず 久保・下柳・鶴・メッセンジャー・スタンリッジ の5枚は確保出来てはいるが
6枚目は全く人材に困ると言った案配で・・・6連戦が続く夏を乗り切れるのか?大いに疑問です。
又大車輪の活躍だった中継ぎ陣も西村の調子が落ちたのが痛い。
交流戦辺りまで2~3点程度だった防御率が交流戦後に限ると6点台になっている。
先だって延長での逆転サヨナラ劇みたいなのもあるが、投手力を背景にした戦い方でなければ
2001年の近鉄や1985年の阪神以上の破壊力を見せる以外に無いが・・・どんなものか?。

逆に中日は相手が相手だったが(^^;、5試合連続完封勝ちなど・・・安定した戦い方をしているのだが
いかんせん攻撃力が低調なのは否めない。
得点より失点が多いという現状では・・・相当な攻撃陣の奮起が必須であろう。

結局巨人投手力が回復すればそのまま逃げ切るのだろうが・・・ここの処続いているノーガードの
打ち合いって状況になると流石に拙いでしょうねぇ。

投打のバランスを取り戻しつつあるヤクルトに引っかき回されたチームが脱落?と見ました。


処で一寸ばかしビックリしたのがこのニュース

元虎戦士・藪、ロッテ入団テスト
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100722-00000010-dal-base

ロッテが、元阪神の藪恵壹投手(41)を26日にロッテ浦和球場で入団テストする方針を固めたことが21日、明らかになった。テストをクリアすれば、日本球界に6年ぶりに復帰することになる。


一軍投手の力は・・・スピードだけじゃ無い、コントロールとの高い次元での融合と・・・なんと言っても打者のタイミングを外すこと。
頑張って欲しいとは思うが・・・どうだろうか?。

【theme : 阪神タイガース
【genre : スポーツ

tag : 阪神

ほっかむり?

先月起きた東電第一原子力発電所2号機の緊急停止。

何やら一部で騒いでいる人達が居ることに気付き調べると・・・・その元凶は下記のサイトであった。

「あわやメルトダウン、福島第一原発2号機電源喪失水位低下」
http://skazuyoshi.exblog.jp/12828796/

この事象が何だったのか?は東電の調査結果が出ており・・・その内容は下記に有る。
http://www.tepco.co.jp/cc/press/10070602-j.html

読めば判るが、電源喪失による各種ポンプ類停止により給水が為されない為に炉水位低下が引き起こされたが、RCICポンプを起動してサプレッションチャンバーの水を給水した訳だ。
昔の記事にも書いたが、このRCICポンプはかような場合に使うために設置されているもので、電源喪失等が起これば通常給水は不可能なので、タービントリップで余剰となった蒸気を利用してタービンポンプを廻し、その水を原子炉に給水するものです。
従ってこの機能が生きている限り・・・他にも手段は有るが・・・・何れにせよ完全に電源喪失しても原子炉は保護されます。

しかし上でリンクした先の筆者は(近在の市会議員さんらしい(^^;)

原子炉緊急停止後、電源喪失が長引けば、燃料の崩壊熱を冷却する冷却水が給水されず、水位がさらに低下し、むき出しの燃料棒が崩壊熱により溶け、炉心溶融=あわやメルトダウンという、スリーマイル原発型の最悪の事態に至る可能性があったのです。



などと曰い・・・・人々を無用の不安にからせて・・・全く反省が無い模様である(^^;。
中身読めば・・・原子力発電の仕組み自体をかなり不完全な理解の元で発言されているみたいですね(^^;。

もっとも東電プレス発表は信用ならんとする声も有るわけで・・・・
http://nonukesfuk.exblog.jp/14771223/

この事象に対する原因追求が甘すぎるとの指摘で・・・私もその辺については同意したい処ですが・・・
じゃそれを受けて即刻全部停止せよって趣旨には賛同しかねるのも当然ですね。

まぁそんな事よりも・・・この告発文章でも、原子炉トリップ後直ちにRCIC系を起動していることは認めているわけです。
即ち最初に引用した議員さんのブログは、記載された情報が完全に誤りであることが判ります。

少なくとも主張の根本が間違っており、なおかつ一種の公人ならば訂正記事を載せるのが義務だと思われます。
そしてその誤りについて私は指摘をしたが・・・・指摘コメントは公開せず無視されている模様です。
その様な事をするような不実な輩は政治の世界から身を引くべきであると私は思いますね。


【theme : 気になるニュース
【genre : ニュース

tag : 原子力発電所

禿げ知事の判断は甘すぎる

この問題、情実のみに囚われるとまともな判断すら出来ない事の典型だろう。

移動制限、一部解除 宮崎県、民間種牛の処分要請
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100716-00000049-san-bus_all

宮崎県の口蹄(こうてい)疫問題で、国が県に殺処分を求めていた民間種牛6頭について、東国原英夫知事は15日、種牛の所有者に「処分に応じてほしい」と伝えたことを明らかにした。県はこれまで特例救済を強く求めていたが態度を変化させた。種牛の所有者には、16日昼までの回答を求めた。



飼い主には可哀相と言う気持ちも無くは無いが、現実的に考えれば・・・何時まで我が侭言えばいいんだ!が政治の考え方であろう。
宮崎県で起きた口蹄疫問題、発覚から3ヶ月経過しているが・・・・まだまだ先が見えない状況なのは・・・・偏に迅速な対応が出来ず後手後手に廻ったお陰だ。
結果的に一部の地域からは完全に家畜類が駆除せざるを得ないと言う悲劇も生んでしまった。
口蹄疫は個体が発病したか否かが判断基準じゃ無い、一つの識別サークル毎に1頭でも疑いが掛かったら・・・そのサークル全体が殺処分される、これは業界のルールだ。
対策が後手になったお陰で発生地域の重汚染が進み・・・結局牧場単位と言うサークルから・・・この線引き地域と言うサークルに格上げせざるを得なかったのが今回だろう。

主題の問題は、この騒動において「種牛だから助命して」と言う甘い判断を県が持ち続けたのが主因。
それが結局当該民間業者に・・・じゃ俺の牛もって拡大解釈させてしまった訳だ。

まぁ県の対応が甘いってのは、つい最近も疑いのある牛を発見するも・・・直ちに殺処分したが・・・検体も何も取らずに無報告だった一件でも明らか。
宮崎県の対応は・・・単に早期の移動制限解除目的としか考えられず・・・極めて無責任と言わざるを得ない。

何れにせよ、国は殺処分に応じなかった牛が居る地域の移動制限を決して解除しない・・・これは極めて真っ当な行政判断だろう。

種牛を助ける事が大事なのか・・・・一刻も早い口蹄疫との縁切りが重要なのか? それを問われている。

答えは決まっている筈なんだが。



なお、なんで罹患していない家畜まで殺処分するのか?だが・・・
それ以外に・・・「我々はクリーンである」を証明する方策がないから。

幾ら検査で出ていないって訴えようが・・・世界基準として認められていない方策ではアウト。
そしてそのレッテルが貼られたら・・・・宮崎だけの問題では済まず、日本全体の問題になる。

家畜が可哀相なんて馬鹿げた人情論を持ち出す暇など無い話であることを理解すべきだ。




【theme : 気になるニュース
【genre : ニュース

tag : 口蹄疫 殺処分

新製品がいっぱい

夏になって結構色々なPC&AV機器に興味深い新製品が出てきた。

私の大好きなメディアプレーヤーでは

MARSHAL、HDD内蔵可能なメディアプレーヤー「MEDIA JOKER(メディアジョーカー)」
http://news.kakaku.com/prdnews/cd=pc/ctcd=0139/id=11585/

ハンファ、ヒートシンク採用メディアプレーヤー
http://news.kakaku.com/prdnews/cd=pc/ctcd=0139/id=11899/

バッファロー、「リンクシアター」エントリー機
http://news.kakaku.com/prdnews/cd=pc/ctcd=0139/id=11958/

の3機種が目立つものかな?。
MEDIA JOKERは3.5インチHDDを簡単に内蔵出来るタイプで、面白味は有るが・・・・
色々不具合が有るのは否めないようだ。

デジタルカウボーイの新作?は、昨年出した製品の熱対策&やっとこさファームアップと言ったところか?。
昨年末に売り出した現行品はHDD内蔵時の熱問題が大きく、かつファンが五月蠅いって大欠点が有った。
更に開発元でのファームの方が性能が良いって案配だったので、早い対応が望まれていたのだが・・・・
現行品を大幅値下げする一方で、Xtream化したものは・・・熱対策の新ボディに載せ替えって案配で対処した訳ね。
非常に微妙な処ですが・・・・今の環境で必要か?と言えば不要って案配でしょうか(^^;。

バッファローのは・・・ネットワークプレーヤーの立ち位置に徹した様なものだが・・・DTCP-IPを搭載していない
のは機能を削りすぎでは無かろうか?
現状の DTV→機能満載  LAN→TV機能割愛 と言ったラインアップに対して
今機種→DTCP-IP機能割愛  で差別化を図ったのかな?。
何れにしてもこの機種に関しては・・・・全く購入対象外って案配ですね(^^;。


さて注目記事はこちらの方で、私が今年何度も取り上げている WHS H340、先日遂に後継機H342が発表されました。
そのお陰でH340-S4は価格が大幅下落して4万円切っています(^^ゞ。

新製品の違いは 
    旧製品     新製品
CPU  Atom230   Atom510

が一番大きいが、チップセットも変更が有るようです。
速度を求めるなら間違いなく新製品ですが、絶対的性能なら低価格サーバー買ってWHSインストールすればその方が
絶対値は高いのは当然。この辺微妙な新製品の立ち位置とも思われますが、アクセス数が10人以内と言うWHS自身の
設計思想から見れば・・・有る意味妥当な性能じゃないでしょうか?。

なお・・・H340では有名だった・・・HDDマウンタのレバー破損ですが(^^;、私も1ヶ壊れた(爆)。
この辺新型は修正したのかな?って調べたら・・・外観上は全く同じですわ(^^ゞ。


※追記
完全に見逃していたが・・・WHSと言う案配で考えると無茶苦茶魅力的なのがHPから出た。
HP MediaSmart Server EX490 と言うマシンで

http://internet.watch.impress.co.jp/docs/column/shimizu/20100713_380253.html

元々私がH340を買ったのも・・・HPの初期モデルを輸入してネットオークションしているのを見かけたのが切っ掛け。
面白そうなマシンやなぁ~と思って調べ始め・・・H340の存在を知ったって案配です。

本格的なサーバー作っているHPの製品ですから、上で書いたような扉が壊れるって脆弱性も無さそう(^^)/。
今度の H342 と比較しても・・・・勝負にならないくらいですなぁ(^^ゞ。

H340を公称7テラに増強しましたので・・・・上限に達したら増設ユニットでもって考えてましたが・・・
EX490の増設でもええんちゃうか(^_^;)\(-_-;)って思い始めてしまった(^^;。



【theme : PC周辺機器
【genre : コンピュータ

tag : WHS H342 メディアプレーヤー EX490

またまた堪え性の無い

LT-H91DTV導入以来・・・TVなんぞ殆ど見なかったのが様変わり、すっかり色んな番組を録画している有様です。

さて、そんな中で更に導入したDVDレコーダーのRD-S1004Kですが、DLNAと言うかDTCP-IPにて公開出来るファイル形式が次のようなもの。
1. TS録画した番組
2. コピーフリーのVR録画物件

パナなどでOKなTSE相当品でも配信可能になって欲しいモノだが・・・ダメなモノは仕方がない。
一方、CATVからの録画ファイルはコピ1信号が付加されているので、DVDに焼くのも一苦労しそうです。

CATV局側から貸与されているSTBを確認すると、TZ-DCH800と言う古い機種で・・・D3端子が有るから申し込めばCSのHD放送にも対応すると思われる。
しかしデジタル録画するためには・・・i.Link必須ってのがCATV局側の言い分だが、上記STBにはそもそもi.Link端子が無いし、パナのレコーダーしか実質サポートされていないので、HD放送への移行は考え物である(^^;。
そんな中・・・今のSD画質のままって案配なら、所謂画像安定装置を使えば・・・VR録画物件もDLNA配信出来るのでは無いか?って思いつきました。

こういうのは・・・我慢できないタイプのσ(^^;)なんで早速やってみました。
購入したのは DVE793 と言うもの。

最初説明書も読まずに繋いで実験したら失敗・・・コンポジット・S端子 切り替えを忘れていました(^^;。

一度電源を落とし・・・設定をやり直して接続し再実験・・・・一応録画は普通に出来ました。
問題はDLNA配信されているか?・・・・・ 実験は大成功(^^)/。
リビング設置のS1004Kに録画した物件を、居室設置のH91DTVのDLNAクライアントで再生出来ました(^^ゞ。

さて後の問題は・・・恐らく今年中に居室TVを今時のTVに替えるだろうって案配なので・・・その際CATVの契約をHDに替えるべきか否か?でしょうか。
HDに替えた場合・・・S端子出力も有る程度綺麗になるのかな?(^^;。
この辺、STBで受信したデータがHDデータであれば良い訳なので・・・普通の地デジ等をSTBからライン録画させれば、CS番組をHD配信に切り替えた際の予測が付きそうですので実験してみましょう(^^)/。
なお・・・画像安定装置はあくまでもSD画質に対してしか有効じゃありません。
所謂民生用レコーダーには「HD画質の外部入力端子が無い」と言う事実、即ちPCによるキャプチャ録画と言う手段以外にはHD画質での録画は無理。
よって例え作っても無意味なので・・・画像安定装置にはD3以上の端子が無い(^^ゞ。
なおアメリカの権利者団体は・・・来年以降にHD動画のアナログ出力を禁止したいそうだ(^^;。

何れにしても、日本の国民はTV録画に関しては不当と言っても構わないほど不便を強いられていますね。


※ 追記

h340 のHDD 3発目もWDの2テラに交換しました(^^;。
これで記憶領域は実効で約6.4テラになりまして、データ占有が約40%弱です。
転送していないアニメ作品をそろそろ追加しなくては・・・・
尤もHDDの責任では無い・・・別原因で転送速度が落ちているからなぁ(^^;。


【theme : 徒然なるままに…
【genre : ブログ

tag : DLNA配信 DTCP-IP 画像安定装置

カレンダー
06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

レイニー

  • Author:レイニー
  • 何にでも興味を示し、面白いと思ったらトコトン嵌る凝り性なおっちゃんです。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。