1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

便利は便利だが・・・自由がないのもなぁ~

超今更感はあるのだが・・・永らくHDDレコーダーなるものが存在しなかった我が家に遂に導入することになった。
そして設置したのが・・・東芝製のRD-S1004Kと言う・・・ブルーレイ非対応のDVDレコーダーってのだから笑える(^^;。

しかし、PCでDVDへ焼いた動画は数あれど・・・一遍として再見したディスクなどない訳であり(苦笑)、ブルーレイに焼くと言う時点で「もう見ません」と宣言する様なものである。
よって導入すべきレコーダーに求める機能は

1.元々WHSに沢山ため込んだISOファイル等をLT-H91DTVで視聴しているって訳ですから(BD-ISOの再生は非対応)、レコーダーの録画を直接繋いだTV以外でも視聴できる事(LAN配信)は有る意味必須機能と考えます。
2.ブルーレイ等に焼けないのは構わないが、その代わりにデータを退避させられる代替手段が有ること。
3.極力HDDの容量は多いこと。

と言う案配。
1.のLAN内配信は東芝・パナソニック・SONYなどで採用されているDTCP-IP対応レコーダーであれば可能。
 但し、東芝はTS録画物件のみ配信できると言う縛りあり、他は録画した物件なら何でも可らしい。
2.のデータ退避は・・・逆に東芝の X-9、S1004K、S304Kのみ可能。
3.上記東芝の機種はUSBのHDDを増設できる。

以上の検討で、TS録画(即ちデジタル放送)のみ配信可能と言う大制約はあるものの、データを退避させられるだけで無く、共用化可能なDTCP-IPサーバーに転送できる点を評価してRD-S1004K導入と言う結論に至った。
今のところeo光TVではあるが、STBは昔ながらの物件であるのでCSチャンネルはSD品質。
この辺メインのTVが普通のブラウン管なので、ハイビジョンTVに買い換える際にでもHD契約に変えよう・・・レコーダーとはLAN経由で録画出来るらしいので。

さて導入した機器への世の中の評価は悪いって案配ですが(操作が判りにくかったり、動作がのろいとか)、そんなものはどうでも構わないって使用スタイルになる訳ですから(^^;・・・全然気になりません(^^ゞ。

さてさて実際に設定してみると・・・確かに説明書等の表記は非常に判りづらいし、使い方も判りづらい(爆)。
家電というカテゴリで考えると・・・十分落第と言って良いですね(^^;。

録画してLT-H91DTVで視聴してみましたが・・・あっさり成功(^^)/。
但し最初に録画した物件は、デフォルトがTS録画にはなってなかったのでアウト!。
この辺の録画に関する手続きは・・・全然スマートって案配じゃ無いです。

こうなると・・・DTCP-IPサーバーって案配のNASが欲しい処でありますが、WHSにその機能が加われば最強でしょうか。
WHS今・・・次期バージョンのベータテスト中って案配ですが、まだ無理でしょうかねぇ(^^ゞ。

まぁ下らないコピーガードが無ければこんな苦労はしなくて済むのですがね(^^;。

しかしこうなってくると・・・LT-H91DTVで2テラ近く録画してしまった物件の処理をどうするか?少し考えてしまいますね(^^;。
DTCP-IPサーバーに転送する事が出来たら文句はないので・・・・メーカーに提案でもするか?・・・あかんやろけど。

何れにしても、残しておきたい系の番組はレコーダーに、どうでもええって案配の番組はDTV側で録画して・・・どないかしてデータ変換しまひょ(^^ゞ。


スポンサーサイト

【theme : PC周辺機器
【genre : コンピュータ

tag : レコーダー プロテクト

丁半博打じゃないんだ

当たり前の結果が出ただけですね、妙ないわゆる世論誘導的な民意などクソ食らえである。

小沢氏、21日に不起訴=陸山会事件―東京地検
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100520-00000228-jij-soci

小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の政治資金規正法違反事件で、東京地検特捜部は20日、小沢氏を21日に再び不起訴処分とすることを決めた。上級庁との協議の結果、共謀を立証できる新証拠はないと最終判断した。
不起訴処分を受け、小沢氏を「起訴相当」と議決した東京第5検察審査会が再審査する。改めて起訴すべきだと議決されれば、小沢氏は裁判所が指定する弁護士によって強制起訴される。


確かに小沢はどう転んでも叩けばホコリどころじゃ無いほど「真っ黒」であることは間違いない。
しかしそれと裁判とは・・・全く違う訳で、プロの訴追人である検察が有罪の確証持てぬから不起訴なのであって、無罪認定している訳じゃないのだ。
以前も書いたが、日本には一事不再理の原則が有ることを忘れてはいけない、あやふやな民意と言う感情だけで起訴した結果・・・小沢が検察の危惧通り無罪となったら・・・完璧な証拠が今後出ようが二度とこの案件で小沢には手出しできなくなる。
その様な一番最悪な結果を・・・望むのが・・・所謂民意なのか?。
裁判に一か八かなんて丁半博打的な起訴など有ってはならない。

少なくとも裁判は公平であるべきで、例え真っ黒に見えようが罪を立証出来なければ、裁判の原則である・・・
「何人も有罪と宣告されるまでは無罪と推定される」
「疑わしきは罰せず」
「疑わしきは被告人の利益に」
が適用されるのは当たり前の話であり、検察官は裁判所に100%の証拠を提出できないと判断している訳だ。

予断を持って裁くことの恐ろしさは・・・冤罪事例でも明らかである。
例え真っ黒に見える相手で有ろうが、正しく証拠を吟味することは絶対に必要である。
そう言った意味合いで、検察審査会はどの様に再審査するのか?、良く考えて欲しいものだ。

検察審査会制度改正によって幾つかの起訴が行われて来たが・・・
使い方を誤れば・・・冤罪を生むだけの結果しか得られない事すらあり得ることは肝に銘ずるべきである。


【theme : 気になるニュース
【genre : ニュース

tag : 検察審査会

大量屠殺の残すモノ

初動が全くおなざりだった口蹄疫問題、ここまで問題が大きくなったのには幾つかの要因が有ろうが、本質的には役人の不徳を責め続けて来た民主党政権が、役人から重要事項を伝達されていないって事を証明するようなものじゃないだろうか。

沖縄の基地問題が結果的に振り出しに戻るってのも・・・同じ事だろう。

さて、結局口蹄疫問題は大量屠殺処分で片付けるって案配だが、結果的に合計30万頭を超える牛・豚を殺処分するわけで・・・処理が終わるのには相当な時間が掛かる。
その時間稼ぎのために・・・一見妙な案配になるがワクチン打って・・・それから処分となった。

ワクチン投与後に全頭処分へ…政府方針
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100519-00000034-yom-soci

 宮崎県の家畜伝染病「口蹄疫(こうていえき)」問題で、農林水産省の「牛豚等疾病小委員会」は18日、口蹄疫の蔓延(まんえん)地域の牛や豚にワクチンを投与するべきだと結論づけた。

 政府はこれを受け、近く投与に踏み切る。殺処分後に埋める土地が見つからないため、感染拡大を遅らせるのが目的。埋却地確保のめどがたった段階で、殺処分する予定で、事実上の全頭処分となる。当面、川南町で実施し、その他の発生地については今後検討する。予防的な殺処分となるため、畜産農家の同意を得るのが課題になる。



発生が確認された時点で、徹底的な防疫・監視体勢と処分に踏み切れば、これ程の大規模処分になど至らなかったのは明白である。
対応策への費用問題にのみ眼目が向かい、防疫の本質を見失ったが為の対策遅れとも言えよう。

まぁその当時政府において最大の問題は普天間問題であり、他人事みたいな案配だったのだろう。
99年に起きた東海村臨界事故でも、朝から大騒ぎしているのに関わらず、翌日の内閣改造に視線が完全に向いていた小渕首相がやっと対策に本腰入れたのが夕刻も暮れてからのこと。
01年に起きた、「えひめ丸・潜水艦衝突事故」での森首相の対応など・・・その問題の本質を見抜く優秀な実務者が官邸にいなきゃ・・・まるでダメなのは毎度の事である。

又、先年起きた新型インフルエンザ問題では、逆に防ぐことが難しいインフルエンザ菌防疫で、空港を狂奔騒ぎしながら全くアカンと言う実例と・・・混同しているのでは無いかとも思う。
その上で、前回の口蹄疫発生自体が速やかに収束したって事例を知れば・・・甘く見るのも人情かも知れないが・・・・その収束にどの様な対策が打たれ、何が結果的に一番効いたのか?の学習が為されていないものとも思われる。


何れにしても、メディアや野党などからは政権批判などが有るが・・・今はそんなことを言っている暇など無い、まずは今の流行を止めることが最優先である。
責任論なんかは収束させてからで十分である。

尤も・・・今の民主党が政権を担えるほど成熟していなかった事を又も露呈した事だけは確かだ。

そして一番肝心なのが・・・全頭処分などになった農家のケアだ。
費用的な問題などでは無い・・・心に重い傷を残す結果となっているのは明白であるから。


more...

【theme : 気になるニュース
【genre : ニュース

tag : 口蹄疫

野崎詣り 後編

今福から徳庵までは一直線に寝屋川沿いを歩くのみ(^^;。
途中古堤の痕跡みたいなの無いかと何度も確認するが・・・それらしき土手は見あたらない。

寝屋川大橋を渡って少し先のパチンコ屋の一つ手前の交差・・・私の住む守口から南下してくる中高野街道との交点。
但しココには橋は無い。
s_IMG_0941.jpg


徳庵橋のたもとにはこんな表示図がある・・・右側が下流で上が南側。
ココから古堤街道を再び辿ることになる、進路は 至 中茶屋 の方向で、次の写真の左手に進む。
s_IMG_0945.jpg
s_IMG_0949.jpg


中茶屋の三叉路にこの道標、当然進路は右。
s_IMG_0952.jpg


しかし程なくして茨田小学校に突き当たる。その先も水処理場&中央環状線で古道は消失している。
仕方ないので、南側を大きく迂回する。
s_IMG_0953.jpg


水処理場を通り過ぎてまもなく、斜め北に入る小道が・・・古道の続き。
先の信号を過ぎて少し行くと左手にお地蔵さんがありその隣にこの表示板がある。
s_IMG_0957.jpg


途中にある灯籠と道標。
s_IMG_0961.jpg
s_IMG_0962.jpg


道なりにドンドン進むと住道駅前の橋にぶつかる。
上って川の上流側がこんな案配・・・・右側真っ直ぐなのが恩智川、左に大きく曲がっているのが寝屋川。
このスロープを降りて・・・先の階段側を。すると下に住吉さん。
s_IMG_0972.jpg
s_IMG_0973.jpg


あとは寝屋川沿いの道をひたすら北上するが・・・歩道は堤防側にしか無い。
二つめの信号の・・・・角に道標。但し横断歩道等無いので要注意。
s_IMG_0977.jpg


この角を右に進路を取ると真っ直ぐな川・・・谷田川で・・・途中にこんな表示がある。
s_IMG_0978.jpg
s_IMG_0979.jpg


片町線(学研都市線)の踏切を越えると直ぐに川は二筋に分かれるが・・・左手の歩道橋を進む。
少し川沿いを北に進むと外環状線の高架をくぐれるので・・・向こう側に渡り・・・・
分岐して細くなった川沿いまで戻る。そして川沿いに左折し道なりに進むとJA大阪東部の建物。
道の向かい側右側は四条小学校でそのまま進む。突き当たった様な道が・・・昔の東高野街道で角にこの石碑。
昔の野崎詣りはまずこのお寺に参詣してからって案配だったらしい・・・が、時間がないのでスルー(^_^;)\(-_-;)。
s_IMG_0980.jpg


東高野街道を北に進むと直ぐに野崎観音への案内表示。
s_IMG_0982.jpg


しかしこの坂と・・・この階段には・・・正直足が笑っている(^^;。
s_IMG_0983.jpg
s_IMG_0984.jpg


やっと着きました・・・・が・・・本当の野崎詣りは前日までって案配・・・・チャンチャン(^_^;)\(-_-;)。
s_IMG_0985.jpg
s_IMG_0986.jpg
s_IMG_0989.jpg
s_IMG_0993.jpg
s_IMG_0994.jpg
s_IMG_0997.jpg


野崎駅前まで戻る途中のマンホールはこんな物件(^^ゞ。
s_IMG_1000.jpg


駅前にはこんな案内板・・・映ってないけど土台は舟形です。
s_IMG_1003.jpg


ここまでの経過時間 3時間40分 歩数 20,642歩。
やってきた普通電車から住道で快速に乗り換えると・・・・20分後には京橋でした(^^;。

現代の舟ですね(^^ゞ。


【theme : 徒然なるままに…
【genre : ブログ

tag : 大阪まちあるき 落語 散歩

野崎詣り

「大阪まちあるき」で落語の舞台を歩くってコースを先日巡りましたが、道中って案配のは上方落語には多い訳で、気が向いたら廻ってみようかと思い立ちました(^^;。
今回道中ネタとしては基本中の基本は「東の旅」ですが・・・こいつはお伊勢さん参りなので・・・とっかかりとしては長すぎます(^_^;)\(-_-;)。
そこで今回「野崎詣り」を歩いてみることにしました。

野崎詣りは古堤街道と呼ばれる寝屋川沿いの土手道を行き、住道から分かれるって案配なのですが・・・落語の野崎詣りの様に舟で行くのが普通だと思います。
何せ古堤街道分岐点の京橋から直線距離だけでも10キロちょいですから、恐らく市内からの往復だと30キロは軽く超える筈ですし。

と言うことで、喜ぃ公のけんか相手が歩いていた土手上を歩いて行きましょう(^^ゞ。

出発点は京街道との分岐点としました・・・・今の京阪京橋駅のど真ん中がかつての分岐点です。

京街道を多くのwebページで確認しましたが、京阪京橋駅の北側道路とする説が多いのですが、原因は恐らく光陽書房刊「京街道」で描かれた地図のルート線描を間違えていることだと思われます。
本文を読めば著者が間違っているわけでは無く・・・・恐らく地図に描画する担当者が勘違いしたのだと思われます。
この検証は なごりすと さんのページを確認されるとハッキリすると思います。京街道と大和街道を参照下さい。
http://nagorist.komma.jp/

実際の古堤街道自体は、現ダイエーの南側を通る寝屋川との間の道が本道らしいのですが、此方は少々詰まらない道なので上の京街道からの分岐を今回採用します。

まず、旧街道との分岐点に建っていた道標。
s_IMG_0914.jpg


右 大和  なら のざき
左 京みち

の表示ですが・・・・この道標が現在建っているのが下の地図で国道1号線表示マークの南にある赤い点の位置です。
写真は北側から撮影していますから・・・現状通りなら 右 大坂  左 大和 って表示でないと変です(^^;。
即ちこの道標が移設されたものであることの間接証明ですね(^^ゞ。
実際には地図の京阪京橋駅の青点マーク辺りに建っていたモノと思われます。
京街道自体は黄色の線で示しておきます。
京橋近辺図


さて古堤街道は鯰江川の土手なんですが・・・その痕跡は京阪京橋駅横の道へは写真の様な段差がその痕跡でもあるでしょう。
s_IMG_0904.jpg


地図のJR京橋駅側緑のマーク位置に有るのが・・・橋桁についているこの表示。判りにくい位置に有りますが(^^;。
s_IMG_0917.jpg


緑のマークの東側の先です。掲示板のフェンス裏に「お墓」みたいなものが映っていますが・・・この土手下は本物のお墓で・・・江戸時代からのものだそうです。
なお大きな木の先には・・・マグロが有名な露天立ち飲み屋が夕方から営業しています(爆)。
s_IMG_0920.jpg


その先の交差点で・・・・この道が盛り上がっているのが良くわかります。
なお、正面に映っている丹波屋さんの立て文字看板の脇に・・・小さな石杭みたいなものが見えますが・・・昔の橋の欄干らしい。
もう一枚は反対側からのもの。
s_IMG_0921.jpg
s_IMG_0922.jpg


ずっと先に進んだ蒲生4丁目付近ですが・・・実は親友がこの辺に住んでおり・・・この道は私にとっても昔から馴染みが有ったわけです(^^ゞ。
s_IMG_0926.jpg


今福交番の北側に有る丸木船出土表示。
s_IMG_0928.jpg
s_IMG_0929.jpg


この先をそのまま進むと寝屋川にぶつかり・・・古堤は消滅する。
今福小学校の南西角に野崎街道の表示がある。
s_IMG_0932.jpg
s_IMG_0933.jpg


ここから徳庵までは直線の道が続く・・・・なお現在の寝屋川は・・・舟で遊ぶって風情のかけらも無いって案配(^^;。
s_IMG_0934.jpg


城北運河の入り口でも有る水門ですが・・・・その操作方法が掲示してありました。
大川から水を入れて寝屋川を綺麗にする!って様に読めますが・・・・ホンマかいな?とも思ってしまう(^^;。
何故なら私小学1年までこの運河の先の方に住んで居たのだが・・・・とんでもない水質だったもの(爆)。
s_IMG_0936.jpg
s_IMG_0938.jpg


長いのでこの辺で休憩。

【theme : 徒然なるままに…
【genre : ブログ

tag : 大阪まちあるき 落語 散歩

大阪まちあるき 落語の舞台3

高津さんから生国魂神社には千日前通りを渡ればしまいなのですが・・・・信号が有りません(^^;。
と言うことでルートは谷九交差点を通ってる訳ね。
で、生国魂神社は彦八まつり等で有名ですが、この界隈は逆にラブホだらけのディープゾーンでもあります(^^;。
尤も、そんなラブホだらけのど真ん中に幼稚園が有り・・・実は人気の幼稚園だったりします(苦笑)。

s_IMG_0837.jpg
s_IMG_0838.jpg


生魂さん南の源聖寺坂は石畳の風情有る坂ですねぇ。
s_IMG_0840.jpg
s_IMG_0841.jpg
s_IMG_0842.jpg
s_IMG_0843.jpg


ここから少し北を真っ直ぐ進むと大阪を代表する黒門市場。但し東西方向より南北方向の方がメインかな?。
s_IMG_0844.jpg


NGKの脇を北に曲がって昔の千日前へ・・・・通りを越えて・・・TORIIHALL。
ここはホールだけじゃなく徳家さんで徳々亭として落語会もやってはります。
なお斜向かいにあるのが「大阪プロレス」、先日聴きに行った林家染二さんが新趣向の会の前にプロレス見に行かれ・・・
体張って頑張ってるプロレスが3000円・・・・脳天気にしゃべってるだけの落語会で2500円以上取ってはいけないと(爆)。
s_IMG_0845.jpg
s_IMG_0846.jpg

法善寺横町の一心さんは以前夜に撮影しただけなので(^^;
s_IMG_0847.jpg


そして法善寺横町の浮世絵館は知りませんでしたが・・・
何時でも入れるって事で今回はパス(^_^;)\(-_-;)。
s_IMG_0848.jpg


終点は・・・・本物が上海出張中で代理が掛かってる「たこ」(^^ゞ。
s_IMG_0850.jpg


これで大阪まちあるき「上方落語の舞台を歩く」逆コース終了です。14時過ぎに歩き始めて途中の農人橋辺りで思い出して
スイッチ入れたiPodの歩数計は約9800歩でしたから・・・恐らく全コースだと15000歩程度になるかと思います。

このあと・・・何故か本人は地下鉄で鶴橋に(^^;。

【theme : 徒然なるままに…
【genre : ブログ

tag : 大阪まちあるき 落語で散歩 ちりとてちん

大阪まちあるき 落語の舞台2

マイドームおおさかの前に立っているのが西町奉行所跡石碑
他に幾つかここには立っています。
s_IMG_0797.jpg
s_IMG_0798.jpg
s_IMG_0796.jpg


隣は大阪商工会議所ビルですが・・・・「ちりとてちん」ファンには天狗芸能のビルとしてお馴染み?(^^;
s_IMG_0795.jpg
s_IMG_0794.jpg


さて本来ならコース通りに歩くべきなんですが、松屋町近辺までは途中の「背割」以外に見るモノ無し。
と言うことで右往左往しますが、東横堀川の橋を暫く見物と言うことで・・・・本町橋。
なお大手橋と本町橋の間に「橋の様に見える構造物」が有りますが、阪神高速の出口です。
川の両方から対岸に渡ることは出来ませんので橋の扱いを受けないって案配ですね。
s_IMG_0792.jpg


農人橋は中央大通りに掛かっていますので幅がとてつもなく広いって案配です。と言うか二本の橋ですが(^^ゞ。
s_IMG_0801.jpg


ここで背割りを見学に松屋町筋を渡ります。そして曲がった直後の建物に掲示されていたのが熊野街道の看板。
この道は古来の熊野街道になります(^^ゞ。
なお一本西側の道辺りに建っている「東横イン谷町四丁目」は、ちりとてちんで若狭が通行人インタビューやってた場面で後方に看板が映っていた物件です。
s_IMG_0803.jpg


背割りは南大江小学校に少し食い込む格好で存在します、中が覗けるのですが・・・・相当汚れており写真では殆ど判別出来ないので割愛。
s_IMG_0804.jpg
s_IMG_0805.jpg


小学校南端に熊野街道の里塚(近年立てたもので、京街道なんかも立てた)。
s_IMG_0807.jpg


ここで東横堀川に戻り、農人橋の一本南が久宝寺橋。私毎週この橋の上を車で通ってます(^^;。
s_IMG_0809.jpg


更に一本南に掛かっているのが・・・・安堂寺橋。何かと言えば東の旅発端で喜ぃ公と清八が出発するのがこの橋です(^^ゞ。
ここまで橋に拘った様に見えたのは・・・この橋を第二の起点としたかったからかな(爆)。
ココから真っ直ぐ東に向かうわけですが・・・・急な登りになっていますよね?
熊野街道は上町台地の土手上に存在します・・・・即ち超古代より陸地だったのはこの上町台地だけって案配ですから(^^)/。
s_IMG_0811.jpg
s_IMG_0812.jpg
s_IMG_0813.jpg


榎木大明神です、熊野街道は此方では無く、谷町六丁目まで伊勢街道(暗峠越え)と一緒になりますが、コースは大明神側に進みます。
s_IMG_0815.jpg
s_IMG_0816.jpg
s_IMG_0817.jpg


長堀通りを越えると・・・・古めかしい町並みで・・・・何やら見たことの有るようなお店!。
ちりとてちんでは「たらちね」として草々・清海が入ったお店です。私も今回ここで一服させていただきました(^^ゞ。
s_IMG_0818.jpg
s_IMG_0820.jpg
s_IMG_0822.jpg


お店の少し先の公園脇に有るのが直木三十五記念館。
s_IMG_0823.jpg


その先を登ると・・・空堀商店街で、今度は谷町筋を渡り少し行くと商店街アーケードが切れます。
左手北側から来る道が熊野街道で・・・・少し先の下り坂がその続きになり・・・小学校前と交差点脇に里塚があります。
s_IMG_0824.jpg
s_IMG_0825.jpg
s_IMG_0826.jpg


右に曲がった先に・・・道路の真ん中にお社が(^^;・・・・楠木大明神ですが・・・こんな案配のは結構色々ありますよね。
s_IMG_0827.jpg
s_IMG_0828.jpg


ビルとガソリンスタンドの隙間に有るのが近松門左衛門のお墓ですが・・・・根性で残しますね(^^;。
s_IMG_0829.jpg
s_IMG_0830.jpg
s_IMG_0831.jpg


ココからは下りって案配で高津さんに北西から入ります(^^ゞ。
前回ココに来たときにはキッチリ撮影してなかった高津の富亭を(^^;。
この辺・・・ちりとてちんロケ地撮影のフォローって案配でしょうか?
s_IMG_0832.jpg
s_IMG_0833.jpg
s_IMG_0835.jpg


またまた永いのでこの辺で

【theme : 徒然なるままに…
【genre : ブログ

tag : 大阪まちあるき 落語で散歩 ちりとてちん

大阪まちあるき 落語の舞台1

5月3日の昼ご飯後・・・丁度今居る場所が繁昌亭なんですから・・・以前ご紹介した「大坂まちあるき」
http://www.osaka-info.jp/machiaruki/

これの「上方落語の舞台を歩く」コースを逆走することにしました(^^ゞ。
繁昌亭や天満宮の写真は何度もここで紹介してますから割愛(^_^;)\(-_-;)。

大川端を天満橋方向に戻って 途中にあるのが「青物市場跡」の石碑と三十石船舟唄碑。
昔の八軒屋浜船着き場を模した階段の対面にあります。
案内に有るように「千両みかん」の舞台ですねぇ・・・ガキの頃に聴いて落語は面白いと実感した噺でした。

なお、写真は何れもクリックすると大きめの写真が表示されますm(__)m。

TS3R0002.jpg
TS3R0003.jpg

コースを進むと・・・東横堀川に掛かる各橋めぐりみたいなコースになります。
東横堀川の橋に関しては・・・下記の説明が詳しいかな。
http://www.occn.zaq.ne.jp/cuaoc300/Osaka_bridges/Higashiyokobori/index.htm

葭屋橋と今橋は天満橋側から見れば同一地点に掛かって居ます・・・右側が葭屋橋
s_IMG_0772.jpg

s_IMG_0773.jpg

今橋には由来のプレートが掲示されている。
s_IMG_0774.jpg

今橋の一本南に掛かっているのが「高麗橋」で、京街道の起点である。
なお大坂の12公儀橋は・・・
天神橋、天満橋、難波橋   以上大川
京橋  寝屋川 、鴨野橋  平野川、猫間川
野田橋、備前島橋  以上鯰江川
農人橋、高麗橋、本町橋  以上東横堀川
日本橋  道頓堀  長堀橋  長堀

s_IMG_0775.jpg
s_IMG_0777.jpg
s_IMG_0779.jpg
s_IMG_0780.jpg


この高麗橋の南に有るのが水位調整ゲート。 まずは北側の高麗橋から見るとこんな案配。
s_IMG_0781.jpg

ゲート部分を通り越して南側の遊歩道から望むとこんな案配。
s_IMG_0783.jpg


一隻南の道頓堀側から船がやってきました。
s_IMG_0784.jpg

南側のゲートは観音開きタイプなんですね(^^ゞ。
s_IMG_0785.jpg
s_IMG_0786.jpg

北側は川底に潜るって案配で・・・・放水中は通行不可って案配なんでしょう。
s_IMG_0787.jpg


やっとこさ通り抜けです・・・大川の方が水位は低いみたい。
s_IMG_0788.jpg


ゲートの南側に掛かっている橋が「平野橋」
s_IMG_0789.jpg


もう一本南に有るのが「大手橋」で、そのまま真っ直ぐ行くと大阪城の大手門って案配です。
s_IMG_0790.jpg


永いのでここで一旦一息(^^ゞ。

【theme : 徒然なるままに…
【genre : ブログ

tag : 大阪まちあるき 落語で散歩

GW特別興業

恒例の琵琶湖山小屋への隠遁が今年は予定に入ってなかったのですが(^^;・・・・土曜午後3時に急遽決まるという慌ただしさ(^^;。
それ故、3日月曜のこの会は半分諦めていましたが、他に用事が出来たので一寸だけ帰阪し行ってきました(^^ゞ。

天満天神繁昌亭 GW特別興業 1日目・1回目 11:00~


桂 吉坊  「月並み丁稚」  開口一番が吉坊とは・・・ならではですねぇ(^^ゞ。
                 しかし童顔ネタはそろそろ返上せんと(^^;。

桂 文三  「四人癖」    二番手は文三さん、四人癖のアクションが実におもろい(^^)/。

桂 米三  「豊竹屋」    ありゃまぁ~、この間聴いたのと全く同じ(^^;。

桂 三金  バルーンショー  特大風船に上半身スッポリ(^^ゞ。
               最後はゴム手袋膨らませて・・・ニワトリの鶏冠です(^^;。

笑福亭仁智 「源太と兄貴」  沢山のネタを組み合わせたって案配のストーリーですから
               時間調整は非常にやりやすいって案配でしょうか?
               しかしホンマに面白いです(^^ゞ。

    <仲入り>

桂 米八   曲独楽     繁昌亭昼席で何回見たかなぁ?(^^;

桂 春若  「京の茶漬け」  一寸前に繁昌亭夜席で・・・すっかり台詞が飛んだことが有って・・・少し心配しましたが
               流石にあんなことには滅多になりません(^^ゞ。

林家 染丸 「蛸芝居」    マクラの中で歌舞伎役者の屋号ネタから「高島屋・・・大丸・・・」
               この時点で鉦がチンと鳴りました。
               以前ラジオで桂ざこばさんが・・・爆笑もののネタ掛けたのに・・・
               誰も笑わない・・・なんでやろ?と思ったら中入り前に他者が掛けた
               ネタとかぶってたそうな(爆)。
               そしてそうなりそうな案配なら・・普通楽屋で鉦を鳴らして注意喚起
               するって話をしていました。
               今回米左さんも芝居話で・・・マクラの「高島屋・・・大丸・・・」が全く同じ、
               これに対する鉦なのかな?と思いました(^^ゞ。

笑い転げて13:30、ここでちょっと昼ご飯と致しました。

この回には知人も行かれてたそうなんですが、気付きませんでした(^_^;)\(-_-;)。


【theme : 落語
【genre : お笑い

tag : 落語会

カレンダー
04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

レイニー

  • Author:レイニー
  • 何にでも興味を示し、面白いと思ったらトコトン嵌る凝り性なおっちゃんです。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。