1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

克服できるのか?

有る意味当たり前で戦前の教訓を半世紀以上生かせていなかっただけだろう。

事故は気合じゃ防げない JR西の「人為ミス研究」脚光 産経新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090629-00000033-san-soci

「人はミスを犯すもの」。こんな前提に立ったJR西日本安全研究所の研究成果が注目を集めている。研究所は平成17年の福知山線脱線事故を機に3年前、立ち上げられた。信号機の点呼確認はすべて必要か、上司が部下をほめる効果はあるのか。成果は、従来の「事故は気合で防ぐもの」という鉄道界の体質を変え、自衛隊や病院、航空会社など畑違いの分野でも職員教育に取り入れられている。(森本充)


何が戦前の教訓か?と言えば、軍隊において戦力差を気力で補うと言う考え方が横行していたが、現実の兵力の差を何とかすることなど出来なかった。
所謂、「気合い・精神力」なんかはその場一瞬なら持続できるが、長時間・長期間持続出来ないことは当たり前。
日本人は戦前からこの精神論に拘り・・・と言うより適切な設備や装備を用意できない事への誤魔化しが横行してきた。
日本人の長年に亘る国民性と言うか、上司の命令絶対と言う体質がなさせたものかも知れない。

ヒューマンエラーが起こるのはもうとっくの昔から判っていた、それの防止の為にコンピューター制御が生まれた様なものだが、その際に言われた「コンピューターは間違わない」も、プログラムミスが有ればトンでも無い事態に至る。
その際もプログラムを書いた人間のミスとして考え勝ちだったが、実際には正確無比の筈のコンピューターでも時に判断が適切で無い場合も多いのも事実。
結局は経験豊かな人間の判断が最終的な危機を救った例など結構見聞きするもので、一番大切なことかも知れない。

本文にある

研究の結果、「指さしと声出し」を両方行った場合と「声出しだけ」でエラー率はほとんど変わらなかった。昨年11月、規定は「重要個所以外は声出しだけでいい」と改訂された。


これなど典型的な例で、鉄道オタク所謂鉄ちゃんならご存じの通り、現状の鉄道では指差し呼称をする場面が頻繁にある。私が数年前地方のローカル線に乗ってた時ですら、やはり相当頻繁な指差し呼称を実施していた。
この辺、以前にも紹介したと思うが、朝日文庫で出版されている山之内秀一郎著「なぜ起こる鉄道事故」でも、ATSだけでは人間の慣れが結果的にこの装置の存在意義を薄めている事を指摘している。
即ち上の囲みに有るような結論が出たと言うことは、ATS自体が存在意義を失ったと解釈しても良いからだ。
頻繁に鳴るATS信号に反射的に応答ボタンを押すと言う行為は、かえって集中力を削ぐ結果にも働くからであろう。

何れにせよあの悲劇から得られた教訓は生かさなければならない、それはあの事故で衝撃を受けた我々に科せられた義務と言っても良い。しかしながらその実体が半世紀以上前から・・・みんな薄々気付いていた簡単な事であることは悲しい事実である。
人間の記憶は風化しやすい、あの様な事故が起こるのは・・・・人間の業が為せることなのかも知れない。
スポンサーサイト

【theme : 気になるニュース
【genre : ニュース

tag : 事故

一つの時代の終わり

時代の流れなんだが・・・・ちょっと寂しいものがありますね。

名カラーフィルム、製造中止へ=デジタル化に勝てず-米コダック
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090623-00000025-jij-int

【ニューヨーク22日時事】米写真関連大手イーストマン・コダックは22日、プロカメラマンを中心に愛されてきたカラーフィルム「コダクローム」の製造を年内に打ち切ると発表した。世界初の市販カラーフィルムとして1935年に発売され、根強い人気を誇ってきたが、デジタル化の波には勝てず、長い歴史に幕を下ろす。日本では既に販売が中止されている。


私がカメラを使い出したのは中学生の時からだが、高校時代には一丁前に一眼レフなんぞを使ったものだった。
尤もカラーは高くて手が出ず、もっぱらモノクロで且つ自己現像をしていたと言う案配だった。
それでもカラーに残したい物件は・・・・大体リバーサルフィルムを使って、必要なものだけプリントしていた(この方が高いって時代に当時はなってましたが(^^;)。
その際に使ったのは大概の場合エクタクロームでコダクロームは1回しか使ったことが無かった様な気がします。
何せ現像料金がバカ高いって案配でしたから(^^;。
今回気になったのは・・・リバーサル自体が無くなるのか?って疑問でしたが、実際にはまだまだ必要で現像が特殊なタイプのコダクロームだけが廃止されるようですね。
現状コダクロームを現像できるのは世界でたった1カ所だけでは・・・・流石に生き残る事は難しかったようですね。

但し実際問題として幾ら世間がデジタル化されようとも、色校正と言う問題が存在する限り、校正元となるべき「原盤フィルム」の存在が必要。
私が持っている民生用スキャナ(透過スキャン可能)でも校正用フィルムが添付されていた位である。
そしてこのニュースで思い出して調べたら・・・・エクタクロームでした(^^ゞ。

【theme : 気になるニュース
【genre : ニュース

tag : 写真

判断が遅い

至ってまともな判断だが・・・・世間はなんで?と思うだろう。

「故意認定至らず」 20歳大学生を釈放 永福町駅線路飛び降り 産経新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090620-00000125-san-soci

東京都杉並区の京王井の頭線永福町駅で5月、女性が線路に落とされ、重傷を負った事件で、東京地検は19日、殺人未遂の疑いで逮捕された同区内の男子大学生(20)を処分保留で釈放した。地検は「殺害や傷害の故意を認定するには至らなかった」としている。

 大学生を逮捕した警視庁高井戸署によると、大学生は当時、酒に酔っていた。「駅で人とぶつかった記憶はあるが、引っ張って落とした記憶はない」と供述していた。


この事件、確かに引き起こされた結果は重大であるが、完全に自己の判断力を無くした状況での事柄で、警察が認定した「故意性無し」は当初から明白だった。
この様な場合に適用できる刑法上の「罪」は「過失傷害」しかないが、この過失傷害罪の中身を見れば釈放せざるを得ないのが判る。

(過失傷害)
第209条 過失により人を傷害した者は、30万円以下の罰金又は科料に処する。

2 前項の罪は、告訴がなければ公訴を提起することができない。


即ち被害者の告訴がない限り起訴できない罪である訳で、恐らくは加害者側が被害者へ相応の対応を行った結果だろう。
逆から見れば、さっさと被害者と和解を取り付けて嘆願書を書いて貰えれば、1週間程度で釈放される可能性も有った筈だ。
いずれにせよこの様な判断になるのは殆ど見え見えだった筈で、殆ど拘置期限一杯の2週間もまで引っ張る必要が有ったのかとも思う。

警察の立場から考えれば「何とか立件しよう」は判らなくも無いが、無意味に近い勾留を続ける体質は改めるべき事ではないだろうか。
何せ証拠隠滅も何もない案件であるのだから。


【theme : 気になるニュース
【genre : ニュース

適度な規制は必要だろう

有る意味今まで放置していた事の方が異常だったのでは無いだろうか。

<FX取引>金融庁、「レバレッジ」倍率規制に乗り出す 毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090611-00000092-mai-bus_all

 金融庁は、外国為替証拠金取引(FX)について、少ない証拠金で高額の取引ができる「レバレッジ」の倍率規制に乗り出した。今月29日まで一般から意見を募集し、今夏からの施行を目指す。投資家保護を目的とする規制強化だが、賛否が分かれ、保護対象になるはずの投資家から反対の声もあがっている。
 金融庁が規制に踏み切るのは、高いレバレッジ取引を提供する業者が増えているためだ。FX業者は約120社あり、半数以上が100倍以上のレバレッジを提供。600倍の取引を提供する会社もあるという。株の信用取引の証拠金倍率は約3倍、商品先物取引は10~20倍程度に規制されており、FX取引の倍率の高さが際立っている。


FX取引はレバレッジが妙味とは言え、400倍まで謳う業者もいる現状はハッキリ言って異常である。
まぁドルを例に取れば現在100円近辺であるから・・・最大400倍での取引を行ったとしたら・・・・ざっくり言えば僅か25銭のレート変動で証拠金が吹っ飛ぶと言う案配だ。
100倍でも1円のレート変動の見込み違いでアウト。
直近で見れば5月29日の相場が典型例だろう、前日引け値96.94円を受け始値96.91円、途中高値97.01円を付けるも95.0円まで反落し95.29円で引けている。
この場合始値で買った場合には倍率50倍を超える取引者の全員がほぼ証拠金を失う勘定だ。
実際最近の相場展開は荒っぽく、1日の変動が1円を超える日が大半であり、倍率100倍でも非常に危険である。

まぁレバレッジを高いレシオにする人は・・・少額で半ば博打覚悟でやっているのだろうが、万馬券に10万円投資しろと言われたら普通は躊躇するはず、高レバレッジはハッキリ言ってこの類にすぎない。
一般市場を鉄火場にするなんて考え方も妙な話で、従ってそれでも賭けたいと言うような馬鹿げた者は考慮するべきでは無いだろう。

それよりも、何度も摘発されているFXでの所得隠し。
高レバレッジ謳う業者など結構ええかげんな処が多いのが元凶であり、この辺も一緒に制度の見直しが必要でしょう。

【theme : 気になるニュース
【genre : ニュース

tag : FX

公益事業?かいな

映画が現実になった様な案件が報道されている(^^;。

ホテル経営、宗教法人が所得隠し=休憩料をお布施と偽る-関東信越国税局
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090609-00000057-jij-soci

長野県などでラブホテルを経営する宗教法人「宇宙真理学会」が、関東信越国税局から約14億円の所得隠しを指摘されたことが9日、分かった。ホテルの休憩料など収入の一部について、非課税扱いのお布施と偽っていたとみられる。宗教法人は実質的な税率が低く優遇されており、追徴税額は重加算税を含めて約3億円に上るという。


映画というのは伊丹十三監督作品の「マルサの女」及び続編で、この両者をミックスしたようなものですねぇ。
当該宗教法人「宇宙真理学会」、83年設立も休眠状態だったのをホテルの元々の運営会社に94年買収されたというもの。
宗教法人許認可の甘さの弊害はオウムで懲りている筈ですが、既存の宗教法人の移転には何の規制も無かった様ですね。
宗教法人を普通の会社が買った訳ですから、宗教としての活動に実体があったとは到底思えませんが、今の今まで放置されていた訳で、つくづく日本は甘いというか(苦笑)。
さてマルサの女、第一作が87年、第二作が88年公開ですが・・・
第一作ではラブホの脱税問題が主題で、第二作は一般収入を宗教法人に吸い上げて脱税すると言うもの。
今回の案件はまるまるこの両者のええとこ取りって案配でしょうか(苦笑)。

宗教法人の行う事業で収益が上がった場合には・・・・下記が適用される

(公益事業その他の事業)
第6条 宗教法人は、公益事業を行うことができる。

2 宗教法人は、その目的に反しない限り、公益事業以外の事業を行うことができる。この場合において、収益を生じたときは、これを当該宗教法人、当該宗教法人を包括する宗教団体又は当該宗教法人が援助する宗教法人若しくは公益事業のために使用しなければならない。


法人税法は、課税の観点から「公益法人課税」の規定をもち、公益法人に対する課税を一般の法人課税と区分。宗教法人を含む公益法人は、一般事業が利益を獲得する活動とは異なることから、特別な規定で収益事業に対してのみ課税し、一般事業の税率(課税所得が8百万円を超える標準税率34.5%→99年4月以後開始する事業年度は30.0%)とは異なる低率の税率(25%→99年4月1日以後開始する事業年度は22%)で課税。


これらにより当該ホテルでの収益自体は元々低率での課税で済んでいる訳で、更に一部をお布施に付け替えて収益を圧縮し、元々払う税金すら免れていた模様ですな(^^;。どこかの漢検協会と同じ構図のような(苦笑)。
で・・・興味が有るのは、完全に収益をプラマイゼロに持って行くのは難しい筈で、残った利益を何の名目の「公益事業」に使ったのでしょうねぇ?。

まぁ・・・・何れにせよ、実体のない宗教法人は認定を取り消していくべきだとは思いますが、なかなか難しい問題でも有りますね。

【theme : 気になるニュース
【genre : ニュース

tag : 宗教法人

本音は・・・無しにしたい筈

政治的配慮だろうが・・・・まぁ落としどころでもありそうですね。

「1県1駅」を正式表明=中央リニア、地元調整難航も-JR東海 時事通信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090608-00000128-jij-bus_all

 JR東海の松本正之社長は8日、都内で開かれた会合で、2025年の開業を目指す「リニア中央新幹線」について、神奈川、山梨、長野、岐阜の各県に1駅ずつ「中間駅」を設置する方針を正式に表明した。「1県1駅」の正式表明は初めて。
 松本社長は「リニアの超高速性と地域振興の観点から1県1駅の設置が適切だ」と述べた。6月中にも各県と位置や費用など具体的な調整に入る。ただ、中間駅の建設費に関しては「(地元の)受益が大変大きく、地元負担と考えている」と改めて強調。各県はJR東海にも一定の負担を求めていることから調整は難航も懸念される。


基本的な考え方から見れば、東海道新幹線の飽和状態回避が主目的であり、大都市間高速輸送こそが求められている訳で、完成のあかつきには既存東海道新幹線では停車駅増加等の措置が取られる事は必定だろう。
又、リニアの性格上「追い越し」運転などあり得ない事から、中間駅増大は運行支障要因としかならない。
と言う訳で、本来ならば東京と名古屋直結だけでもJR東海は良い筈だが、まぁ政治的配慮からか・・・・中間駅建設となったのだろう。
今回の一県一駅表明で実質的にリニアのルートは南アルプス貫通型の通称Cルートで固まったと見るべきだろうし、建設費・距離等を勘案しても妥当だと思われる。
さて中間駅だが・・・・今後計画が進むにつれて引っ張り合いになるのはミエミエだが・・・・
恐らくは岐阜→恵那と長野→飯田になるのじゃないだろうか?。

しかし・・・・こいつ本当に大阪まで延伸するんやろか(苦笑)。

【theme : 気になるニュース
【genre : ニュース

tag : 中央リニア

半歩後退二歩前進か

お題をみると後退したように見えるが・・・・実際は逆

電力各社、プルサーマル計画見直し検討…一部実施延期など 読売新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090604-00000056-yom-bus_all

 電力業界が、国の原子力政策の柱で、使用済み核燃料を再利用する「プルサーマル計画」について、実施時期などを大幅に見直す検討に入ったことが3日、分かった。
 2010年度までに16~18基の原発で実施する当初計画に対し、原発を抱える地元自治体などの理解が得られていないためで、一部原発での実施時期の延期などが検討されている。


上の文を読めば、計画が後退したようにも受け取れるが、実際は随分以前にたてられた計画と現状との乖離が甚だしく、実情に即していない。
今回の見直しというのは・・・・現実に即した形での計画の修正であり、プルサーマル計画そのものを引っ込めた訳じゃない。
一部実施延期とされるが、実際の処実現不可能な状況となっている計画が多数あるわけで、その辺再検討した結果を以て計画は修正される。
この修正で出されたものは・・・・今まで殆ど空手形に近かった計画を今度は実行されるべき事案として具体化される筈であり、プルサーマル計画自体は前進局面に至ったと判断しても良いのかも知れない。
結局・・・・各電力事業者が出す修正案にはその実施に向けた圧力が加わるのも・・・当然とも思える。

しかしまぁ・・・何故プルトニウムサイクルだけに固執するのか?理解できない面が多々ありますが。

【theme : 気になるニュース
【genre : ニュース

tag : 原子力発電所 プルサーマル

いつのまに

先日酔っぱらって電車に乗った際・・・どうも落とし物をしてしまった(^^;・・・記憶が曖昧・・ポリポリ。
まぁ必要不可欠と言うべきものでも・値が張ると言うものでも無かったので、そのままにしていたのだが・・・・
偶然ラジオで「落とし物の検索システム」というものがインターネットにて公開されていると言う話が出ていた。
http://www.npa.go.jp/consultation/chiiki2/ishitsubutsulink.htm

そこでどんな案配なんだろうか?と興味津々で検索してみたが・・・・
京阪電車に乗って京都行きだったので京都府警で捜したが・・・該当するものが見つからない(爆)。
ひょっとしたら大阪かな?と大阪で捜すと・・・ビンゴ!、キッチリ見つかった(苦笑)。

しかしいつの間にこんなに便利になっていたのだろうか(^^;。

尤も、大阪府警の方はデータベースから絞り込み検索が出来るのだが、京都府警の方は現認日付毎の表示だけなので、捜すのが一苦労である。

まぁ大した金額のものでも無いのだが、問い合わせしてしまった以上引き取りにいかないといけませんな(苦笑)。
便利になったのはええんですが・・・・結構警察も面倒な仕事せなあかんのやね(^_^;)\(-_-;)。


ところで我が愛すべきにゃんこ軍団ですが・・・似合わない事にマー君を撃破して勝利(^^;。
尤も現状の楽天打線が本来の性能を発揮できず、拙攻と作戦ミスが有った事が大きい。
楽天が普通の状態なら、安藤のヨレヨレ投球から見ても、前半で決められていただろう。
しかしまぁ・・・開幕から無敗だったマー君に黒星付けたのがにゃんこ軍団とはホントにビックリしたわいな(^_^;)\(-_-;)。
なお、救援に出てきた球児だが・・・・あきませんな(^^;、春先から殆ど改善出来てません。



【theme : 日々のつれづれ
【genre : 日記

tag : 阪神 遺失物

インチキ政策だからね

寄付が集まらなくて・・・当然だろう。

知事肝いり御堂筋イルミネーション、寄付要請に府職員反発  読売新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090603-00000084-yom-soci

 大阪府の橋下徹知事の肝いりで今年12月に始まる御堂筋イルミネーション事業について、府は職員からも1000万円を目標に寄付の呼びかけを開始した。
 各職場の上司を通じて「課長級なら5万円程度」などと働きかけているが、橋下知事の財政再建路線で給料カットの憂き目にあっている職員側からは、「知事の“趣味”にお金は出したくない」といった不満が渦巻いており、出足は低調だ。


実際の府民等からの寄付も惨憺たる有様で、結局取りやすい処に奉加帳を廻していると言う案配だが、職場での「寄付強要」と見なされても仕方ないのではとも思う。
そもそも数々の文化破壊とも言える政策を推進しながら、本来府が単独で行うべき事業では無い本案件を「己が発案した」だけを根拠に強行しようと言う訳で、職員でなくても不評なのは明白。
実際大阪府のホームページ当事業のページには寄付者の氏名が公開されているが、既に集まった寄付額も同様に公表すべきだろう。

しかもこの寄付にはカラクリが有り、所謂ふるさと納税制度を悪用しているようなものである。
何かと言えば、5000円を超える寄付額は各種税の還付があり、一定水準までは実質5000円負担だけと呼びかけている。
これの何処に問題が有るのか?だが、税の還付は国税・住民税から行われる→即ち本来他に廻るはずの税金を掻っ払う訳で、控除だけしなければならなくなる他の自治体から見れば「ドロボー」同然である訳だ。

その上で集まった寄付額と同額を大阪府が拠出するとしている訳で、内容を精査すれば「殆ど満額税金投入」に等しい。
知事のみが固執する・・・こんな馬鹿げた事業は要らない・・・・是非失敗して欲しいとすら思う。

【theme : 気になるニュース
【genre : ニュース

tag : 大阪府政

カレンダー
05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

レイニー

  • Author:レイニー
  • 何にでも興味を示し、面白いと思ったらトコトン嵌る凝り性なおっちゃんです。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。