1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年も残り僅かですね

今年も残すところ後6時間余となってきました。

昨年10月から放送されたNHK連続テレビ小説「ちりとてちん」放送をどれだけ待ちわびたかで始まった今年も、未だにちりとてちんで遊んでいると言う、まさにちりとてちん一色だった様な気がします。

同番組の公式掲示板で半ば公開実施されたロケ地巡り、σ(^_^)も自主行脚を繰り返し、殆どのロケ地をさまよい歩きました。
又、DVD特典に外れて以降は扇子作りに没頭するって案配です。
そして新年を迎えるに当たり・・・・実は今まで書いてこなかったグッズとしてカレンダーを制作しておりました(^^ゞ。
ちりとてちんで判明している年月日等を出来る限り集め、来年のカレンダーにしました。
本当なら検索等でお越しのちり中同志にもお見せするべきなのですが、さるネット仲間同士のイベント等の記載も有りますので一般公開は出来ませんm(__)m。

とは言えこんな事書きましたから、ドラマ以外の項目が無さそうな4月のもの1点限りでお披露目させていただきます(^^)/。

small_calendar_V4_4.jpg

このブツはハガキサイズの卓上用で、本物のデーターはpdfになっています。
他にも写真入りとかも有るんですがね(^^;。
扇子も仲間達が大勢作った模様で・・・・誠に嬉しい限りです。
このブログで公開した扇子持った人に出会ったら、根掘り葉掘り聞き出せば・・・・
色々教えてくれるかも知れませんね(^^ゞ。

来年も新たなグッズ製作に挑戦していこうかと思います。
どうかよろしくお見守り下されば幸いですm(__)m。




スポンサーサイト

【theme : ちりとてちん
【genre : テレビ・ラジオ

tag : ちりとてちん

便利には違いない

今日は仕事場の大掃除をやったのですが、昔に比べると掃除内容は半分程度(^^;。
年々ズボラになっていきますなぁ(^_^;)\(-_-;)。

そんな中、今年こそは何とかしたかったのが・・・・エアコン。
仕事場のエアコンは業務用の天吊りタイプなので、普通のエアコン洗浄剤程度ではσ(^_^)の大量ヤニを取り切れません(^^;。
よってσ(^_^)自身は大して気にもとめないのですが、やはり結構臭うようだ。

そこで、某テレビショップで盛んに宣伝してる「高圧洗浄機」を取り寄せて、吹き出し口からノズル突っ込んで洗浄しようと言うわけである。

組み立ては簡単で、こんなので大丈夫なのか?とも思ったが、性能は十分過ぎると言うか余りにも至近距離になる場所ではフィンが変形するほど(^^;。
確かにだいぶ状況は良くなった模様だが、コレなら同じメーカーで出ている「スチーム洗浄機」の方がエアコン洗浄には向きそうだなぁ(^^ゞ。

その後、外構とかにこびり付いているコケなんかに試したら・・・・こいつはバッチリ。
今までデッキブラシ等で擦ろうが中々ダメだった案配の奴が一発で落ちる。
但し少々ぼろくなってきたわが家では、脆くなってる部分も一緒に吹っ飛ばすって案配で、終わった時点でコンクリート片が結構出てくるのには笑ってしまった(^^ゞ。
あぁ~~補修しなくちゃ(爆)。

コケの落ちる具合を確認した母親・・・・「明日は風呂場とその他やってね!」。
明日も掃除と相成った次第(苦笑)。

【theme : 独り言
【genre : ブログ

扇子の手直し

前回記事でdoramakkoさんから、横文字のハンドルはどう「めくり」に入るの?
って疑問が出てきました(^^;。その手の事を忘れてましたね。
そこでひぐらし紋を少し小さくして、上部に額を置くことにしました。

doramakkoさんのお名前を借りてサンプル作って見ました。
こんな案配でええやろか?額縁のへりを少し何とかしたいですね(^^ゞ。

doramakko.jpg


なお、今まで作った試作品は全部人に進呈したので、私用のを作りました。
先方からの確認画像ですが・・・・

72.jpg
kakunin2.jpg

今までのと違う点は
裏面のひぐらし紋を150%に拡大したこと
短縮版にしか入れてなかった徒然亭の文字を入れたこと
です。


PS 実写もアップしときます。
SIMG_0526.jpg

SIMG_0527.jpg


更についでに、小浜で購入しておいた箸入れを扇子入れに転用しました。

SIMG_0524.jpg
SIMG_0525.jpg


※doramakkoさんの奴手直ししてみました。
ついでに、背景の板の色をぱっしょんさんご要望の茶金微妙グラディエーションへ、
赤玉を元の色に戻してみました(^^ゞ
どらまっ子

※ようてい師匠一門会ってのも(^^;。四ちょめさんお名前拝借(^^ゞ。
青玉雲を少しだけ濃い色に戻しました。

天然亭一門会




【theme : ちりとてちん
【genre : テレビ・ラジオ

tag : ちりとてちん 扇子

記憶から欠落させまじ

人間生きているだけで丸儲け!って本を書いたのは、何度か当ブログで取り上げた桑原征平元アナだが、まさにそんな気がした週末だった。

σ(^_^)が現在属してるネットサークルの一つが、未だに「ちりとてちん」をこよなく愛する人のサークル。
私にとってとても大切な愛しき仲間であふれています。

そんなサークル仲間のお一人が週末関東から来阪された。

在阪組はあの手この手の技を駆使して、遠来のお客様に喜んで頂こうと知恵を巡らし、
朝から晩まで計10人が交代でご接待相務めた。
σ(^_^)はしんがりを勤めさせて頂いたのだが・・・・お客さんは翌日小浜へ行かれるのですが、
同伴されているご子息との算段の息が合いません(^^;。
そこでσ(^_^)が不躾にも車で送迎致すと、半ば強引に申し出て、了承頂きました。

昨日、朝7時半に京都へお出迎えに向かい、湖西道路経由小浜へ出発。
まずは「まいご三兄弟」のロケ地である安曇川へ。
そこから「五木ひろしとB子順ちゃんが出会った浜」
梅丈岳
車と併走する汽車
冒頭シーンのトンネル
糸子さん荷物出しの郵便局
箸のふるさと館
和田家
常高寺
マーメイドテラス
駅前観光案内所での和田家住民票発行
市役所横のちりとてちん記念碑
塗り箸製作所
西津浜
ちりとての丘
食文化館
フィッシャーマンズワーフ

と駆け足のようにロケ地及び関連施設を廻っていった。
σ(^_^)のペースなので普通の人には辛いはず(^^;、すんまへんなぁ。
心配した雨は・・・・奇跡的に「小浜から今帰りますよ」と帰路についた途端まで
我慢してくれました(^^ゞ。

しかし今回案内したお客さん、とんでもない別嬪さん(^^;。
とても高校生の母親とは見えません(^^ゞ。
まぁ例えると・・・・・若い頃のいしだあゆみさん風といえば良いでしょうか。
写真は極力遠慮しまして殆ど撮っておりませんし、例え撮影したと
しても此処に掲載するわけにはいかないのが残念ではあります。

えっ・・・・レイニーの鼻の下が伸びてるって?(^^;、元々です(^^ゞ。

でも一番嬉しかったのは、この方ちりとてファンブックに記載されている
草若師匠を天界へ送り出す際に流れたイタリア語バージョンの主題曲を
ソプラノで歌われると言う特技をお持ちで、帰路の車中でσ(^_^)の為に
歌って貰いました・・・・・ホントに感激です(シアワセ)。
今もあの美しい調べが頭の中を駆けめぐっています(^^ゞ。



【theme : ちりとてちん
【genre : テレビ・ラジオ

tag : ちりとてちん ロケ地

許可まだ貰ってないが(^^;

許して貰えると思いますので(^^ゞ。

何か?って言うと例のちりとてちんのオリジナルひぐらし紋入り扇子。
試作で4本作ったのですが、その内3本はちりとてちんファンクラブ仲間に
貰っていただきました。(正確には3本目の嫁入り先が決まったばかりですが)

そのうちの1本がこの度大出世いたしました(^^)/。
ナニナニ?って、草原役の桂吉弥さんにサインを入れて貰ったそうな(^^)/。
先日12/6の小浜で行われた落語会に持参してサインを入れて頂いたとご報告有りました。
吉弥さん曰く「こんな凄いのに入れてええんですか?」だって。
作った甲斐がありましたm(__)m。

その写真が下です(^^ゞ。クリックするとでかくなります。

CIMG0824.jpg

CIMG0825.jpg

嬉しさのあまり又しても妙なデータ作ってしまった(爆)。
月夜うさぎ

あはは・・・・無い才能を思い知らされますね(^^;。


PS 昨日もっとトンでもないことが扇子の身の上に降りかかりました(^^;。
詳細は迷惑を掛けるので書けませんが(^_^;)\(-_-;)。
「ちりとてちん」に取って掛け替えの無い方に見ていただけたそうです。
はぁ~~~、今も夢うつつですら(^^ゞ。







【theme : ちりとてちん
【genre : テレビ・ラジオ

tag : ちりとてちん 扇子

あんな部品でも壊れるんだ

最近居室のPCが不調気味で、ネット接続のセッションが良く切れる症状を発していた。
おんぼろルーターが原因か?とも思っていたが、昨夜はとうとう繋がらない処まで来た。
PC上から見た案配では、ネットワークは表面的に生きているのだが、通信が出来ていない・・・
と言うより、調べるとIPアドレスが振られていない(^^;。
ルーター自体は何度か再起動させ、別マシンから通信できることは確認した。
となると、どうやらNIC(ネットワークインターフェースカード)が怪しそうだ。

居室のマシンはオンボードLANとは別のギガビットカード刺して使っているので、早速LANコネクタを差し替えて再設定。
なんなく通信環境は戻ったのだが、オンボードは単なる100baseで自宅内サーバーとの通信では不利。
一応ギガハブ3台使って家庭内通信は全てギガビット環境03年から移行済みだものねぇ、この速度は捨てられません。
仕方ないので週末にでもNICを買って来なければ(^^ゞ。

そいえば・・・・仕事場で使ってたPCも不調であった(^^;、こっちの方も原因探らないと。
ペケポンだったらどうするかな?、自分で組み直しても良いのだが、最近は買った方が安いって案配だしなぁ(^^ゞ。

【theme : PCパーツ
【genre : コンピュータ

まいご

今日仕事してると・・・・すんませんと人が入ってきた。
何かと思うと、今迷子のワンちゃんを保護したのだが・・・・とのこと。

家の前は2車線のバスが通る道で、放して家に帰るのか?危なくないのか?
非常に困った様子である。
お話を聞くとこの近所の方でもなく、たまたま通られただけだと。

こりゃあかんわ、と言うことで一時預かって、飼い主を捜すことに。
一応判らなかった事を考え、写真撮って張り紙でもするかと・・・・
で、撮ったのがこの写真。

HI340047.jpg

首輪もしてないし、途方に暮れていたら。
母親がその辺の紐を肩と足に通して、ワンちゃんの思うがままに歩かせてみた。
すると100m程離れた処でワンちゃん捜索隊に出会えたそうだ。

まずはめでたしだが、お座敷犬でも首輪はつけとくのがやはり正解なのだろう。
しかし猫派のσ(^_^)でもニコッとしてしまうぐらい可愛かったですね(^^ゞ。




【theme : 独り言
【genre : ブログ

擁護じゃないが用語が変

毎日新聞の原子力関係記事は相当酷いのが多いが、今回はYahooの短縮タイトルが相当イカレている。

<柏崎刈羽原発>14年、弁開いたまま…放射性廃棄物漏れる・・・・毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081204-00000136-mai-soci

 東京電力は4日、新潟県中越沖地震で被災した柏崎刈羽原発1号機(新潟県)のタービン建屋の床下から、放射性廃棄物の樹脂約0.82立方メートルが見つかったと発表した。94年に廃棄槽へ流した際、途中の配管の排水弁が開いていたため漏れたらしい。14年後に発見された時も弁は開いたままで、ずさんな管理が明らかになった。

 樹脂は原子炉に戻される冷却水のろ過用で直径約1ミリのビーズ状。3日午後3時ごろ、配管類の耐震補強が必要かどうかを確認するため、通常、人が立ち入らない地下2階の床下パイプスペースを開けると、樹脂が深さ最大約9センチ、面積約20平方メートルに広がっていた。放射能量は約1800万ベクレル。室内の放射線は検出限界値以下で、作業員や外部への影響はないという。

 東電によると、排水弁は隣接する他の弁とコックの操作方向が逆で、閉めたつもりで開けてしまったらしい。管理記録はなく、いつから開いていたかは不明という。東電は「地震がなければ今後も見逃されていた可能性が高い」と認めている。



まずYahooの短縮タイトルが酷いってのは、上の案件を「柏崎刈羽、放射性ごみを放置」としていること。
放置ってのは「気付いていながら何もしなかった」であり、Yahoo自前のweb辞書でも下記の通り。
[名](スル)そのままにしてほうっておくこと。所かまわず置きっぱなしにしておくこと。「問題を未解決のままに―する」「―自転車」

今回の事案は、閉鎖された空間で起き、誰も気付かなかった訳で、放置と言う表現は誇大だろう。

さて、今回見つかった物件は樹脂であるが、コレは一体何だろうか?。
柏崎・刈羽は全部BWRで見つかった場所がタービン建屋で有ることから、復水脱塩塔のイオン交換樹脂に間違いない。

BWRは原子炉内で蒸気を発生させ、直接タービンを駆動する。
その後の蒸気は復水器にて水に戻され、最終的に原子炉へ送り込まれる。

復水脱塩塔は復水器から原子炉に戻される間に設置され、原子炉給水の水質を一定に保つ役目を持っている。
実際には前置フィルターで粒状不純物を濾し取った復水が供給され、脱塩塔内のイオン交換樹脂で溶解成分を除去する。
まぁプラント保護が大目的なのだが、不純物成分が原子炉に戻ると、結局原子炉内で放射化され、プラント全体の被ばく線量増大を招く。

この樹脂は使用に応じて性能が劣化する為に、随時「逆洗」「再生」が行われる。
逆洗は、前置フィルターで取り切れなかった粒子状不純物が樹脂の隙間に目詰まりするので、水流を使ってこの不純物を取り除く。
再生は、使用に応じて樹脂のイオン交換容量が低下するので、薬品を使って吸着した溶解成分を取り除き、樹脂のイオン交換容量を復活させる事を指す。

この様にイオン交換樹脂は何度も繰り返し使用されるが、何れ劣化による使用期限がやってくる。
この使用期限が来た樹脂を受け入れる先が「廃棄槽」で、この操作が行われるときのみこの配管は使われる。
従って常時使われるような配管では無いし、樹脂を水流で流すだけであるので圧力が掛かるわけでも無い。
よって原発内の配管であるが、定期検査対象としては「一番検査対象から遠い」タイプの配管である。

記事にも有るが、「床下から・・・」の表示のように、見つかった場所はパイプスペースで、立ち入るためにはドアを開けるのでは無く、1トンとかと言う様なコンクリート製の蓋を取り外す必要がある。
上のような案配で有るために、この配管が通っているパイプスペースに人が立ち入るのは余程の事が無いとあり得ない。
又、壁面貫通部分はスリーブになっている為に、他の部分を開けたら流れ込んでいた・・・・と言うケースも少ない。
実際外部に放射性物質が漏洩するような事態に直接繋がる事例では無い事は理解すべきだろう。

従って14年間も見つからなかった・・・・と言うのは実にありがちな事だと思う。
マンションなどには同じ様なパイプスペースが有るが・・・・わざわざ用も無いのに見に行く人は居ないのと同じ話だ。


確かに拙い案件なのだが、昨年の不祥事隠し発覚以降、この様なものもチャンと報告される事こそ正常であり、叩くことに熱中すべきでは無かろう。

この案件、弁の締め切りを勘違いで逆向きにしたわけだが、当該弁に注意喚起のタグを置かなかった・・・・が教訓としては一番大きいだろうか。


【theme : 気になるニュース
【genre : ニュース

tag : 原子力発電所

カレンダー
11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

レイニー

  • Author:レイニー
  • 何にでも興味を示し、面白いと思ったらトコトン嵌る凝り性なおっちゃんです。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。