1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

圧勝と惨敗と好勝負

福士加代子が惨敗した、大阪国際女子マラソンで30キロ近辺までトップを快走するも、大阪城内外の坂でおかしくなった模様だった。
この惨敗でレースへの取り組みが批判されている模様だが、1ヶ月と言う準備期間は確かに短すぎるが、30キロ以上の距離を走らなかった・・・・と言う点は違うと思う。
福士のアピールポイントは何といってもスピードである。マラソン以上の距離を走って得られるスタミナは重要だが、本来のスピードを失っては何の意味もない。
前年には渋井が同様の失速を演じたが、この手のアクシデントは40キロ以上の練習を継続した選手にもあり得ることで、福士にはこの結果を乗り越えて頑張って貰いたいものである。
現状の女子マラソンも2時間20分を切る争いになってきている、その可能性を秘めた選手だからこそ尚更ではある。


大阪府知事選挙は橋下氏が圧勝した。
知名度の勝利とも囁かれるが、民主党側の選挙対策が非常にお粗末であったのも大きいと思う。立候補表明時点での支持率は拮抗していたにも係わらず、時を経るに従って支持を失ってきたのは選挙戦そのものでネガティブキャンペーンなどをやったからでは無いだろうか。選挙は政策本位でやるべきであり、個人攻撃するものじゃ無いだろう。
一方当選した橋下氏であるが、政見放送で「議会で圧倒的少数派では政策遂行が滞る」として、平松大阪市長を切り捨て暗に熊谷氏でも同じだと発言していた。
しかしながら生駒市での出来事を見れば判るように、議会主流派におんぶに抱っこ首長では掘り出せないものも沢山有るわけであり、議会非主流派首長が全くダメである訳では無い。この辺非常に厳しい財政難の大阪府、尋常なやり方では回復不能であろう。
その時議会と対立する様な案まで出せるのか?じっくりと拝見させて貰いましょう。


大相撲初場所は・・・・近来まれに見る好勝負を見せて貰った。
ここ数年このような勝負を見たなぁ・・・って記憶が無い、当に手に汗握る思いだった。
今朝の報道では瞬間視聴率が30%を軽く越えていたと有ったが、どんな競技で有ろうが好勝負を見せれば関心が高くなるのは当たり前ということだろう。
今回は朝青龍の土俵に持ち込めなかったのが敗因だが、大阪での巻き返しに期待したい。
しかしながら横審のあのオバハンは・・・・・なんとかならんもんだろうか。


スポンサーサイト

【theme : 独り言
【genre : ブログ

怪文書は・・・・跋扈する

毎度の事ながら・・・・当ブログで指摘している怪文書「原発がどんなものか知ってほしい」だが、一時増殖が下火になったかと思ったら年初よりまた鎌首を上げてきた模様である。

何故に同文書を怪文書扱いするかと言えば・・・・筆者とされる平井氏と同時期に私が原発で働いており、余りにもその当時ですら違和感大ありの内容であるからだ。
怪文書では原発作業の監督で有ったとの記載から始まるが、私もその監督と同じか以上の権限を有する職責であり、かつ作業に絶えず密着して内容を監視してきた経緯があるからだ。
以前にも書いたが私は第一種放射線取扱主任者と言う国家資格も有しており、怪文書が指摘する問題の大半が・・・・妄想の産物でしかないことも簡単に判別できる。
しかしながら、生半可な実体験半分で綴られた怪文書の・・・・尤もらしさは、残念ながら原発の実情を知らない方々には・・・・事実として映るのであろう。

検証文

上は某所で7回に分けて掲載した私の検証を纏めたものです。
有る意味馬鹿げた程に長い文章となっておりますのは私の不徳の致すところです。
まぁそれ以前にこのブログはかなり偏見めいた主張が多いですから(汗)、おまえの言う事は信用ならんと思われても仕方ない面は多々ありますがね。

当該文章の検証は他にも多々有ります、私が信用できなくても・・・・一度検索してみて欲しいですね、その上でご判断下さい。



【theme : その他
【genre : その他

変なタバコ

今年7月までに全国のタバコ自販機にタスポの網が掛かる。
認証カードが無ければタバコを自販機では買えなくなる時代に入るのだ。

私は一日に二箱半も消費するヘビースモーカーだが・・・・、同カードを申請する積もりは更々無い。
何故ならタバコ買うのにカードを始終携帯するなんてのは私の性には合わないから。
従って不便だろうが店頭で買うのだろうが・・・・小売店にとってはどう考えても打撃になるだろう。

私が住んでいる私鉄急行が止まる駅の近所と言う場所でも、販売において自販機が主力という小さな販売店が結構多い。この様な店では昔ながらの販売窓口なんてのは存在しないも同然である、何せ殆どの時間閉まっている。

かような販売店で窓口再開と言っても・・・・結局無理が有ろう。
従って24時間営業しているコンビニなんかに客が流れるという危惧は・・・・当然であり、そうなったらその様な販売店が減少し・・・・益々我々は不便を強いられる。

とは言え嫌煙運動の隆盛で既に我々は追い込まれている訳で、まぁ何れ絶滅危惧種にでもなるんでしょうね。
しかし実際に絶滅したら・・・・2兆を超える財源を国・地方は失う訳でこっちも問題が大きいでしょうか。
まぁ何時の間にか旧国鉄債務返済と称してタバコに増税をしながら・・・・肝心要のJRは喫煙席を廃止してゆく訳で、この辺の矛盾を我々はもっと声高に主張すべきでしょう。
私の案は、我々は電車内での喫煙を完全に諦める、現在の増税も受け入れる。しかしその見返りとして非喫煙者も含めて同額分を運賃に上乗せする。但し喫煙者には上乗せ分の~半額程度をタスポに振り込む(現金還元はダメ)。
こうすりゃタスポの利用者も増えるんじゃないだろうか(爆)。


さて先日いつもの店でセブンスター1カートン買っきて開けてビックリした。

HI340052.jpg


別のもの買ったか?と思ったら限定商品らしい。
しかし・・・・やっぱり馴染めない。

【theme : 独り言
【genre : ブログ

うたい文句は立派でも

以前に電話回線に関する詐欺電話について書いた事が有るが、最近多いのが「低圧動力電源」基本料金削減についての電話勧誘が横行している。

何かと言うと低圧動力は契約容量により基本料金が定まっているが、大抵の場合ピーク容量でも落ちない様に余裕を持たせている。しかしながらこの辺の見積もりが甘く、場合によっては倍容量近い契約を行っているケースさえ存在する。
平成8年度よりこの辺の改善を図るために主開閉器契約(別名、ブレーカー契約)が認められ、実際のピーク電力を測定し多少の裕度を保たせた契約に切り替えると、基本料金の節約が可能になった訳です。
そしてこのブレーカーを改良し、短時間のピーク超過では落ちない電子ブレーカーと言うモノが出現しましたが・・・・此奴を使っての悪徳業者が頻発するようになったのです。

確かに物品がまともで、基本料金が節約できれば・・・・うまいのですが、実際のところはブレーカー自体の仕入れの数倍以上+高額な工事代金を請求する悪徳商法が殆どです。

最初の頃は低圧動力基本料金の見直し・・・・みたいな直球系の勧誘でしたが、最近に掛かってきた電話は「電力会社系の関連会社or保安協会系・・・・」を名乗り、配線等の健全性チェックを唄って来ました。

但し我が家の契約がたったの8Kw契約だと判ると・・・・さっさと電話切りましたね。

契約容量が30Kwで平常時負荷が12Kw、パルスピークでも18Kwなら上記システムなら恐らく15Kw程度のブレーカー契約が出来るはずです。この場合年間で18万円近い節約が可能です。
従ってまともな商売であるなら・・・・個人事業主にとっては非常に有り難い筈です。
悪徳商法と私が言うのは此処で、実際には妥当金額の数倍以上の金額を請求する訳で、まぁそれでも2~3年で回収できるなら万々歳なんですが、実際のところは浮いたお金の大半をむしり取られるケースが殆どみたいです。

我が家では8Kw契約なので・・・・恐らく6Kw程度には縮小出来るはずですが、年間節約が3万円未満ですので、悪徳業者でも魅力のない「ビンボーニンな客」なんでしょう(苦笑)。
と言うより・・・・こんな小さな容量の商品を持っていないのが本当のところでしょうか。

しかしながら低圧動力の電気代・・・・肝心の仕事に使うのが10%程度、殆どがエアコン稼働って案配・・・・トホホ。



※注 匿名のコメント頂きましたが、掲載許可を頂きましたので追記とします(^^ゞ。

> はじめまして。まるでうちの話のようです。うちはお店で動力31kwの契約をしているのですが、電気工事屋さんを呼んで使用電力を測定してみると「半分で良いですね、ブレーカーを75Aのにしましょう」というので(やった!基本料が半分になるw)と内心喜んでいたところ「でもこの75Aに1.73を掛けた数字が契約ワット数になります。ですから安くなるのは1万円くらい」といわれてしまいました。何だかつじつまが合わないように感じるのですが、この電気屋さんの説明は正しいのでしょうか?

ここからσ(^_^)の書いた返事

下記のページをご覧になれば判りますが、アンペアと電力値の5アンペアの覧を横に見て
200V単相では 1キロワット しかし三相交流では 1.73キロワット となっています。
恐らくはルート3なんでしょうね(^^;、詳しいことまでは判りませんm(__)m。

この他に力率も影響するはずです。
他所での回答に直接掛けて居ましたが・・・・割るのが正しい筈。

よって 75 × 200 × 1.73 / 0.85 = 30.5

http://www.kaneden.com/kddoc/gijyu_04.htm


【theme : 雑記
【genre : ブログ

ガソリン減税には反対だ

参院選での勝利を受け、さらに禁じ手の大連立瓦解以降・・・民主党が対決路線を強めるのは仕方ない。
しかしながらガソリン減税問題での強硬路線はいただけない。

当ブログでは以前からこの問題は・・・・一般財源化すべしと述べている。

その当時ガソリン価格は此処まで高騰はしていなかったが、高い揮発油価格は確かに広範囲に物価上昇を引き起こす。
しかしながら高価格になればなるほど・・・・省エネには効果を発揮するのも自然な流れだろう。
政府が今度のサミット等で温暖化対策に主体性を持とうとするなら・・・・ガソリン減税などもっての他だ。
従って政府与党の抵抗は・・・この面からは納得できる。

しかしながら税収が道路財源限定なら・・・・ハッキリ言って何の意味すら持たない。

この問題の拗れる原因は何だろうか?と言えば、同税がガソリンは国税・軽油は地方税と言う事に尽きる。
即ち減税したら地方税収も落ちると言う面が有るからだ。
しかしながら地方税としての軽油取引税が全部地方のポッケに入るかと言えばこれも違う。
軽油取引税が地方税であるのは、道路交通燃料以外の用途が多く、軽油に現状掛かる暫定増税が道路特定財源の性質であり矛盾が生ずる。
よって道路交通燃料以外の用途には課税されない例外規定が存在し、その事務を中央で統括するのは困難と見られたからだ。
※以下に例外を示す wikiより

船舶、鉄道車両、軌道車両の動力として使用する場合
自衛隊が動力源又は電源に使用する場合
化学製品の原料として使用する場合
(特定の業種で)専ら構内で動かす機械の動力として使用する場合
陶磁器、煉瓦や鋼製品などの熱処理、焼成に使用する場合
公共性の強い企業(放送事業、電気通信事業)で電源として使用する場合
航路標識や警察通信設備の電源として使用する場合
自動車教習所で教習用の機能をもつ自動車に使用する場合
製紙の過程で補助剤として使用する場合

とは言いながら、タバコにかかる税金は国税・地方税ともども一括では無いだろうか、今や会計事務は殆どがオンライン化されている現状から見て、減免措置事務も一本化するのはそんなに難しい事では無かろう。
従って揮発油に掛かる税収は全部国税に一本化し、現状地方相当分を勘案して再配分すれば良い。
その上で暫定税率上乗せ分は・・・・一般財源とするべきであろう(環境税への転換を視野に入れるべき)。
少なくとも現状利権を一円たりとも逃さない・・・・・と言う国土交通省のプランなど国益からは程遠い。

此処まで書いていたら1/23日付朝日に似たような社説が載った、自民・民主の両主張共に退けたもので・・・・珍しくまともだ。
その中でも触れられているのが「・・・・地球温暖化防止のためガソリン消費を抑えようというときに減税するのでは、温暖化防止に逆行することになる。」と言う点である。
石油危機が叫ばれて相当の時間が経つが、その後も新規油田開発が続き我々は石油はまだまだ有ると思っている。
しかしながらとうの昔に 使用量>新規開発油田 が成り立っており、精々今世紀持つか否か?って案配の処まで来ているのも事実だ。
人類は石油関連製品無しでは既に成り立たない生活を享受しており、何れ枯渇したら・・・・退化への道を徐々に甘受しなければならない。
温暖化対策も重要であるが、レアメタルをはじめとして人類は既に有用資源を食い潰してきており、何れ代替品探しに狂奔とする時期を迎えつつある。
今の漫画チックですらある国政レベルでは・・・・その様な時を迎えても恐らく国会議事堂で漫才をやらかすのでしょうね。
少なくとも改正年金法で100年は保つと豪語したように、先を見据えた方針など論議の対象にすらならないのが悲しい。


なお 軽油1リットルあたりの税率は以下のような変遷を辿ったらしい。

1956年(昭和31年) 6月  6.0円
1957年(昭和32年) 4月  8.0円
1959年(昭和34年) 4月 10.4円
1961年(昭和36年) 5月 12.5円
1964年(昭和39年) 4月 15.0円
1976年(昭和51年) 4月 19.5円 (暫定税率。本則は15.0円)
1979年(昭和54年) 6月 24.3円 (暫定税率。本則は15.0円)
1993年(平成 5年)12月 32.1円 (暫定税率。本則は15.0円)


【theme : 政治・経済・時事問題
【genre : 政治・経済

敢えて滝鼻の肩を持つ

ここのところ野球ネタをやっていなかったので久々に(苦笑)。

昨日放送されたTBSラジオの名物コーナー「国民大審判!」。
お題は「ジャイアンツ滝鼻オーナーの“大型補強されても若手は腐るな”発言どう思う」として答えは「その通り」「それは違うんじゃない」の二者択一だった。

その結果は
その通り!:539票(29%) それは違うんじゃない:1292票(71%)

と出て・・・・出場機会が奪われる若手選手に同情的な結果となった。

さて当発言は下記のような案配だったらしい。
「もし、大型補強で『自分のポジションがない』とクサっている若手がいれば(首脳陣には)『必要ない』というぐらいの気持ちで臨んでほしい」
「大型補強だけでは、勝利の女神は振り向かない。少しでもたるんだプレーをしている選手がいれば、東京ドームから去れ!」

この発言であるが・・・・私は至極真っ当な意見だと思う。
戦後に限っても半分のシーズンで優勝を飾った・・・・有る意味エリート球団、その球団が昨季は久々にリーグ制覇すれど自ら音頭取って創設したクライマックスシリーズで敗れ、プライドがズタズタになったのは周知の通り。
何が何でも今季日本一タイトルをもぎ取るには・・・・補強が一番手っ取り早いのは当然である。
ましてやルール破りをした訳でも無く・・・・何ら問題が有るわけでも無い。

とは言いながらも日本人的価値観から言えば・・・・・釈然としないのも有る意味当然で。
同コーナーが昨年末12/7日に行ったアンケートでは

毎年恒例、巨人の補強。あなたは「やりすぎ」だと思いますか? のお題で

やりすぎだ:2049票(78%) やりすぎじゃない:564票(22%)

と言う結果が出ている・・・・これは今回の結果と驚くほど一致している。


確かに自前の入団前から目を付けた若手が順調に伸びて活躍する姿を見るのは楽しい、しかしそれを重視して目前の戦いを放棄するわけにはいかない、その辺のバランス感覚が非常に重要である。
巨人の大型補強はたしかに「エゲツナイ」。しかしながら勝つために一度始めたカンフル剤は・・・・止めれば地獄の待つ麻薬のようなもので、今更止めることなど不可能なのではないだろうか。
まぁ今回の補強みたいに外人の補強は・・・・・ルールに則ったものである以上仕方無い、それに飽きたらずにドラフト改悪まで目論むところまで踏み込むからこそ私は巨人が嫌いなのだ(笑)。

さて本論に戻ろう。巨人の今回補強で確実に数名の若手出場機会が減るのは当然の事で、出場し活躍してこそ給料が上がる選手としては・・・・厳しいものがある。
しかしそれに不貞腐ってしまっては本末転倒も甚だしく、やはり出場するために精進するのが当然であるし・・・・オーナーの意もそこにあろう。
ところがこの様な理想論とは別の視点から見てみると・・・・オーナーの心配も有りそうな事例もある。
昨シーズン終了後に戦力外として放り出された斉藤 宜之、清原が怪我で欠場した際に代役として売り出したが・・・・「清原さんが戻ってくるまで頑張ります」と言う姿勢では一本立ちなど難しい。
結局怪我に泣かされた末の戦力外であったが、かような姿勢であるからこそ苦手の左投手攻略が最後まで出来なかったのでは無いだろうか。石にかじり付いてでも掴んだチャンスは離さない・・・・そんな泥臭い根性をオーナーは期待しているのだと私は思うし・・・・かすかでもチャンスは確かに有るのだ。

巨人は目立つから叩かれているが・・・・今季のオリックスの補強も支離滅裂気味で、最後に取ったのがカブレラとは常軌を逸している。1塁orDHしか守れないと言うよりDH候補ばかりじゃないか(苦笑)。

そして此処からは滝鼻オーナー・・・いやナベツネの意思とは全く逆だが、不本意にも腐らせてしまっている余剰戦力の扱い方だ。
これは阪神などでも同じなのだが、どこの球団でも特定ポジションの戦力が充実しきってしまい、本来なら活躍しても良さそうな選手が2軍に埋もれている例は沢山ある。
大リーグにはリエントリードラフト制度が存在し、上記の様に2軍で埋もれている人材を活用する手段が既に存在している。この手の方式を何とか日本でも取り入れる事は出来ないモノだろうか?。

【theme : プロ野球
【genre : スポーツ

こうきたか

昨年偽装問題のトリをつとめた感のある「船場吉兆」が民事再生法を申請した。

旧役員のうち先代の3女である女将が社長に就任し、他は全て退任して再出発するそうな。
ところで大阪船場言葉で3女といえば・・・・「こいさん」なんだが、記者会見での女将さん見てたら「こいさん」のイメージぶち壊しやね(爆)。

さて、今回申請された民事再生法だが・・・・言うて見たら借金棒引きですね。
元々企業が倒産の間際に打てる手は・・・・更生法か和議であり、前者は旧経営陣の責任が免れず会社再生は管財人に委ねられ旧経営陣は放り出される、後者では会社そのものがまず生き残れない。

まぁハードルが極端だった訳であり、会社そのものは見込みが有りながらも背負った借金で危ないって会社を救う為の救済として誕生したのが民事再生法であろう。
一時のゴルフブームで新設されたコース、預託金の償還時期に同法で預託金返還の大部分を減免されているケースが多かったですね。

今回の再生法申請においては・・・・違和感大あり。
責任の一端を担う女将が社長に昇格して居残る。
債務の中には偽装問題による損害賠償も含まれる。

特に後者は損害賠償も減免対象とし、新たに増える可能性の有る訴訟リスクを引き下げる意図がミエミエなのがもの悲しい。

一応今後100%減資してから新株を発行するとの事だが、その新株は親族の吉兆グループ各社に引き受けて貰うとの事・・・・・・ハッキリ言って同族会社の「出すモノは舌でも惜しい」って下心満点ですな(苦笑)。

果たして本当に再生できるのだろうか?、白い恋人が販売再開したら盛況だったって前例はあるんだが。

【theme : どうでもいいニュース
【genre : ニュース

久々に社説から2つお題を

朝日に珍しい社説が載っていた。
1/11付けで 「医療事故調―警察の介入は控えめに」との題名で、医療事故の真相究明に対して調査における警察の介入は最小限にとどめるべき・・・との意見である。

この辺日本の法律体系が「個人罰」中心である事の弊害面を表している。

同社説でも航空・鉄道事故調査に警察が介入する事での弊害に触れられているが、以前から私が主張するように、事故の調査は「予断を持たず全ての可能性を否定しない」が絶対条件。その上で事故調査は「何故に事故は起き、如何にして今後の再発を防ぐか!」が一番重要であり、たとえ原因が過失であってもその責任追及が主目的であってはならない。

しかるに日本では責任関係者に罰則を与える事が目的であり、事故調査の本当の目的とは些か主題が異なっている。従ってこの手の調査では、責任を負いたく無い関係者から十分に本質的な供述が得られる筈も無く、貴重な教訓を生かし切れない報告だらけとなりやすい。
アメリカでの航空事故調査は徹底しており、その原因と再発防止に全力を挙げ、例え過失による人命事故であろうと関係者に処分が及ぶことは少ない。

医療事故でも同様であり、福島県立大野病院での産科事故では、担当医の逮捕起訴にまでもつれ込んでいます。この例は民事上での医師側最大限譲歩を刑事証拠としており・・・・非常に問題が多い。
奈良県大淀町立大淀病院事件では、大々的にメディアでは担当医及び病院の責任を追及されたが、調査結果では刑事立件不可能として起訴猶予となっている。

しかしながら以前から指摘されているように、劇的に安全性が高まったお産での・・・少なからず残った不幸な例では、産科医が徹底的に叩かれる羽目に陥り、結果的に産科医の不足を生み出し、最終的に産科医空白地帯を数多く生じてしまった。この辺当ブログ過去記事に月ふたつさんがその現状を2年前に既にコメントされていたことを思い出した。
又事故に対して過剰な被害報道などは・・・・結果的に何も良くなる方向性を持たない。

よって朝日の社説には、「メディアの自制の効いた報道」も付け加えるべきだろう。


もう一つは産経の学研地球儀回収問題だ。

--------------------
出版・教材大手、学習研究社の子会社が、中国政府の圧力を受け、台湾を「台湾島」と表記し、音声案内では「中華人民共和国」と表現する地球儀を販売していたことが明るみに出た。

--------------------

この問題、産経の言うように日本の領土自体を改変するように求められた場合・・・・学研側はどの様に対応したのかに興味が尽きない。とは言え此処で書きたいのはこの事例ではない。

先年より中国製品の安全性が何度も取りざたされ、米国でも大きな問題として社会を賑わしている。
ある調査で中国製品を完全ボイコットして生活できるか?との試みがなされたが、結局ボイコットしたら生活が成り立たない・・・・との皮肉な結論が得られたという。
それ程までに世界経済への中国の影響力は大きくなった、その中国が他国向け製品仕様にまで口出す様では、何れ中国のお伺いを立てないと何一つ進まない事態にすら陥りかねない。
当ブログでは原発を擁護しているが、リスク管理の上で電源を分散すると言う大義名分があるからだ。
それと同じで経済の上でのチャイナリスクを今こそ低減してゆく時期に至ったのでは無いだろうか。

まぁ現状上海万博までは中国の発展は留まらないだろうが。

予想通り・・・か

昨年末に公判終了後にもかかわらず、予備的訴因追加を命じた福岡の飲酒ひき逃げ事故の公判、予想通り危険運転致死傷罪を退けて業務上過失致死及び併合罪で懲役7年半の判決となった。

何よりも危険運転致死傷罪適用にはかなりのハードルの高さが存在している。
今回警察&検察側は状況から即断し、綿密な捜査と言う点で手抜かりが有ったとの裁判所判断だろう。
事故後の飲酒検査では警察資料が「酒気帯び相当」であり、この点を突かれると非常に拙いにも係わらず、証拠の補強に努めなかったのは怠慢のそしりを受けてもやむを得まい。
そう言う意味合いでは、今回の判決は有る意味当然だったかも知れないし、裁判所判断を非難するのはお門違いではなかろうか。
まぁこれらは前回12/18の関連記事で書いたことの書き直しと同じであり、今更追記すべき事も無い。

蛇足ではあるが朝日新聞からの抜粋
------------
「当初から裁判所の判断に委ねると言ってきたので、それはそれとして受け止めたい」

ただ、飲酒運転の厳罰化だけを望んできたわけではない。事故の後で逃げずに救助活動をした人には寛大な処置も必要だと考えている。根底にあるのは「今林被告が救助に当たってくれていたら、子どもたちは助かったかもしれない」との思いだ。
------------

この最後の言葉の重みを・・・・我々は受け止めるべきだろう。


なお当然の如く世間では不満が多い。中には勝手に裁判官の裁量でもう少し量刑を増やせなんて言い出す輩まで出る始末だ。
毎度言うが・・・・こんな低俗な世論で裁判を動かされる可能性があるならば・・・・裁判員制度は機能しないだろう。

【theme : 気になるニュース
【genre : ニュース

期待する方が甘かったかな

年初より歴史物の番組を見ていましたが・・・・どいつもこいつも正直構成等面白いとは思えなかった。

NHKの「新春ハイビジョン中継 エジプト文明 母なる大河ナイル」では再々ナイルの氾濫を説明していたが、説明の肝心な部分が欠落しておりヘタすると白ナイルの増水が原因と勘違いしかねなかった。
ナイルの氾濫は青ナイルの増水と普段枯れている支流による影響が主因であり、その辺の説明が実に不明瞭で有ったと思われる。
まぁ実際スーダン・エチオピアでの事象であるのでエジプト主体の今回描ききれなかったのかも知れないが。
過去何度か行われている生中継による特集の範疇から外れられず、私としては背景等を詳細に描いたドキュメントの方が合うかも知れない。

そう言う意味合いでは、「フロンティア・ローマ帝国に挑んだ男・天才軍師ハンニバル」は流石に見応えは有ったが、出てくる象が・・・アジア象にしか見えなかったのが難点と言えば難点かも知れない(苦笑)。

似たようなテーマでTBSの「新春超歴史ミステリー古代ローマ1000年史」は塩野七生氏原作の「ローマ人の物語」が下敷きなのだが、ハッキリどうでも良いタレント使う構成にウンザリしてしまった。
塩野七生氏は映画「アレキサンダー」を批判していたが、今回の様な構成で満足しているのだろうか?とも思ってしまった。


話は別になるが新春早々重要なニュースが飛び込んできた。
ワーナー・ブラザーズがHD DVDから完全撤退しBDにシフトすると言うものだ。
傾きつつあった流れが完全に加速する状況であるが、東芝・ユニバーサル・パラマウントがどの様な動きを見せるのか注目されますね。
処でビデオ業界には無くてはならないコンテンツが・・・・エロものである(苦笑)。
米大手ではこの辺はHD DVDが優勢であり・・・ある時期決定打になるかも?とも思われていましたが・・・・判らないものです。但し和製ではBDで出てきた模様で・・・やっぱりかな。


【theme : 年末・年始 特番アレコレ
【genre : テレビ・ラジオ

明けましておめでとうございます

朝から一杯やりながらニューイヤー駅伝見て酔いつぶれると言う毎年の出だしそのものです(苦笑)。
30の年を越える前はスキー場で新年を迎える事も有りましたが(汗)。

さて、先だってプレミアム酒の値段に文句を付けていたが、その後付近の量販店で正月用の日本酒を見て回りました。
そこでもアホらしい価格で売られているのが実状でした。
〆張鶴の本醸造  こいつがなんと4200円・・・とは開いた口が塞がらない。

仕方がないのでネット販売で以下の物件を取り寄せました。

義侠 「えにし」特別純米酒 2850円
〆張鶴 「純」 純米吟醸  3024円
越後鶴亀 純米       2520円

お酒


越後鶴亀は今年の正月に本醸造を呑んで気に入ったもので、〆張鶴は噂のこの酒を呑んでみたかった。
義侠はショップのお燗で呑むと旨い・・・・に引き寄せられました。

まずは越後鶴亀を開封、印象は本醸造より少し重い・・・でしょうか。
お燗酒で呑むなら本醸造の方が呑みやすかったかも知れません。

さて明日は残った3合を干してから義侠を開けるとしましょうか(苦笑)。



【theme : 日本酒
【genre : グルメ

カレンダー
12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

レイニー

  • Author:レイニー
  • 何にでも興味を示し、面白いと思ったらトコトン嵌る凝り性なおっちゃんです。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。