1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

放射性物質として見ると

イギリスで殺害されたらしい元KGB要員、その体内からポロニウムが検出されたらしいとの報道が盛んである。
さてポロニウムとは何だろうか?。ウラン238のアルファ壊変による系列同位体でありその中で一番半減期の長いポロニウム-210であろう。
WIKIでの記載は毒性について一兆分の7グラムが致死量と書かれている。
ではこの致死量のポロニウムの放射能量はどの程度だろうか?
ポロニウム-210の半減期 138.38日  質量数 210

これよりポロニウム-210が1キュリーのグラム数は次の式で導かれる。
 3.19E-10 ×半減期(h)×質量数
 3.19E-10 × 138.38×24 × 210 = 0.00022グラム
従って一兆分の7グラムは 約0.03マイクロキュリーに過ぎない。現状のベクレル単位では1200ベクレル弱。
一方放射性物質としての許容制限濃度は7E-6マイクロキュリー/mlであるので、たかが4リットル強でこの摂取量に達する。

従って上記の致死量が確かならば放射性物質の作用としての毒性より、遙かに一般毒としての作用が強い筈である。
体内最大負荷量は1キロベクレルとの表現もネットで散見されるので、この量で放射線による死に至る事は無いと言う私の見解は補強される。

問題の人物体内にはどの程度のポロニウムが有ったのか知りたいですね。

スポンサーサイト

tag : 放射性物質

魔球は世にでるか?

阪神の渡辺投手が秋季キャンプ最終日にナックルボールを披露した。
日本ではナックルカーブを投げる投手はいるが、純正ナックルを投げる投手はいないので非常に面白い素材になりそうだ。
尤もナックルの投げ方は非常に特殊であり、普通の球と混在させてもフォームでバレバレ。ナックルを主武器とするなら速球の投げ方もナックル投法のフォームに改造する必要がある、その上で更に課題となる問題点は多々ある。
しかしながらその課題の多さを上回る魅力が有るのも事実だし、なんと言っても選手寿命が長いという特筆すべき特徴も見逃せない。
本当に取り組むなら若い二軍の捕手と共同で練習しなければいけないが、万が一にもモノになれば捕手共々での昇格となる。二軍の捕手にとっても魅力的なプランであることは確かだ。

井川のポスティングで生じた空席争いでも話題にすらならなかった渡辺投手、生き残りをこの球に託すのか?来季キャンプまでにどの程度課題を克服するのか楽しみでもあります。
しかし実際はコントロールさせるのに一年程度の期間は必要だと思いますが。

しかし魔球である反面、あかんときはメロメロって案配になりやすいので、岡田の起用方法も試されますな(爆)

GXロケット

先日最後の打ち上げ実施で役割を終えたM-5ロケット、その後継であるGXロケットが揉めている。
大型衛星を打ち上げられるH-2Aを使うまでもない中小型衛星用にと開発が開始されたが、目的と手段がアンバランスで開発が難航している為だ。
そもそもGXロケットの開発目的はハッキリしている、低コストで小型衛星を打ち上げる事だ。
元々M-5ロケットはこの目的に叶ったものだったが、年々増大する衛星の大型化でペイロードは約1.8トンにまで肥大し、お陰で打ち上げコストは80億円近くまで膨れあがってしまった。
10トンのペイロードを誇るH-2Aが約100億円であることから考えると割高すぎますね。
そこでペイロードを2トンとして打ち上げ費用50億円程度のGXロケットの開発となった。
処がコスト削減目的で採用されたのが2段目のLNGエンジン、世界で類を見ない新技術であり開発早々から試験失敗を繰り返してしまった。
確かに従来技術の延長では画期的なコスト削減は難しいが、では全く未体験の新技術を商用ロケットに搭載すると言うのは如何なものか?。
商用ロケットは信頼性が全て、決して実験対象としてはならないのが鉄則だ。
こんな目的と内容が異なるのは決して今に始まった事ではない。第二次世界大戦中の海軍空技廠で開発された彗星と銀河と言う爆撃機がある。両機とも極限の性能を狙った実験機的な性格が勝った機体であるが、初期試験性能の高さに狂喜乱舞した軍首脳はこの機体を実戦投入した。
しかしながら高性能との引換に、工作性&整備性の悪さと実績の無いエンジン選定による故障頻発で戦果を存分に上げることは叶わなかった。
少なくとも彗星はこの機体で得られた知見を元に、大量生産可能で容易な整備性を持たせた機体に再設計されるべき機体だった。

GXロケットは彗星と同じ様な実験機的性格のLNGエンジンを搭載すると言う同じ愚を犯している。
開発見なおしで当初開発予定のエンジンとは別に簡易設計の別LNGエンジンを開発するとしたが、根本は変わらない。目標である2トンを800kmを1.8トン500kmへと大幅な性能犠牲を払ってまで別の新設計LNGエンジンを開発すると言う姿勢には首を傾げざるを得ない。
LNGエンジンを完成させたいなら政府補助金での開発は当初目標一本に絞るべき、追加予算払ってまで性能の落ちる別エンジンを開発する必要性など無い。その上で打ち上げ予定までは従来設計済みの通常ロケットを転用すべきだ。LNGエンジンは開発完了時点で換装すれば良いのではないだろうか。

なお日本にはペイロード500kgで打ち上げ費用25億円程度の別ロケット計画もある。
果たしてどこまで計画が進むのか楽しみでもありますね。
その一方政治の世界では核武装の検討問題で結構揉めている。日本のロケット技術から見ると核の開発完了となれば即実戦配備可能と言う訳で、既に世界中からきな臭く見られているのも当然かも知れない。


tag : 宇宙開発 GXロケット

薄型大画面テレビ

11/9付け朝日朝刊の経済面に「薄型テレビは今」と題して米国大手家電量販店での歳末商戦激化の様子を伝えている。
シャープの新製品46型液晶テレビが想定価格3300ドルを大きく下回り、初売りで2969ドルで売り出された事が導入部であった。
比較的安定していた40型を超える大画面でも熾烈な価格競争が始まったと伝え、同製品は米国では店頭価格で10万円も安いと報じている。

さてこの記事はどの程度真実を伝えているのであろうか?
問題のシャープ製新製品を見ると、型番は日本向け及び北米向けでは異なるが、サイズ及び発売時期から見て以下の通りである。(日本向けはGX1とGX2の2種類)
    日本向け型番    米国向け型番
52型  LC-52GX     LC-52D62V
46型  LC-46GX     LC-46D62V
42型  LC-42GX     LC-42D62V

この価格の現状をweb検索すると
    日本最安値 ヨドバシ     米国ベストバイ
52型  390,000  598,000 10% 4499.99$
46型  315,000  498,000 20% 3299.99$
42型  343,000  448,000 10% 2299.99$

と言う結果を得た。
確かに大手量販店ヨドバシ店頭価格に比べると米国の方が安いが、業界最安値辺りと比較すると大差は無いと言って良い、即ち日本国内の店頭価格は・・・・・・従前同様高めに設定されているだけだ。
なお42型の日本価格が異常に高いが、他の2モデルと比べて1ヶ月遅い今月投入の為で、46型との逆転現象はその内に解消されるであろう。

国産品が国内販売よりも米国で安く販売されることは多々あることで別に驚くほどの事では無い。
しかし今回のこの記事であるような、主力製品での値下げが米国で先行するようなら消費者ももっと文句を言うべきであろう。テレビデジタル放送において日本ではコピーワンス処理を施されているが、米国では消費者からのクレームで見送りになっている。あの権利大国アメリカにして消費者の怒りを買ってまでは導入できなかった。日本の消費者団体はおとなしすぎるのかも知れない。

別件だが、国産アニメのDVDなんぞは内外価格差の最たるもので、TVシリーズなら国内では2話1枚のDVDがおおよそ5000円程度。他方米国版になると3~4話で26$程度だから話にならない。
まぁ最近はネット量販店で安売りし始めているが。

テレビに話を戻すと、40型超のテレビでも値崩れは確実に進行している。上記の46型を量販店の言い値で買ってもすでにインチ当たりで8000円台。32型では既に5000円を割り込んでいるので、近いうちに40型超で20万を割り込むだろう。
こんな価格競争になると追随出来ないメーカーも当然出てくる事は必定、ヘタをすると命取りになるやも知れません。
しかし面白いのは、米国市場ではブランド力や画質と言った優位性よりデザインの方が重視されるって案配であることです。まぁそれ以前に価格も重要ですが。
以前に書いた東芝のSEDはやはり出現出来ない可能性が高まりましたね・・・・・画期的な製法改善でも無ければ。

5戦全敗は・・・・当たり前

日米野球2006が終了しました、5戦やってMLBの5連勝、ええようにやられています。
まぁそれもこれも出場辞退者続出でまともなメンバーが組めないせいですが、NPBのメンバーを見ると。

投手
馬原、内海、永川、和田、小林宏、福盛、井川、涌井、三井、小倉、久保、西村
捕手
阿部、里崎、日高
内野手
小笠原、藤本、二岡、村田、福浦、高須、新井、梵
外野手
青木、吉村、鉄平、大村

このメンバーですが、いくらなんでも格落ちしすぎですね。
元々アジアシリーズ出場チームの選手は免除だったのですが、余りにもの格落ちに小笠原は3試合のみ出場すると言った案配です。その中で辞退者が3日のパリーグ東西対抗に出場すると言う笑うに笑えない状況まで出現すると、これはもうこの枠組みでの日米対抗そのものの存在自体が問われます。

ましてや先発候補の涌井は東西対抗優先なのか?、先発すること無く中継ぎで1回登板、代わって西村が先発と言うふざけた案配になっています。

選手会長の宮本は日米対抗の役割終焉を叫び、新たにWBC前年でのカップ戦を提唱しています。
確かにWBCの権威を高められたなら、前年にカップ戦を行うのは非常に有意義な事ですし、選手にとっては選考対象試合ともなりますから。
何よりも野球協約で謳う『・・・・世界選手権を争う』と言う観点からも、機構側の指導を発揮しやすいであろう。その為にはコミッショナーを含めNPBの体制が弱すぎますね、是非此処を改革して欲しいものです。

二つの茶番劇

ホリエモンこと堀江貴文被告の裁判が最大の茶番劇を迎えている。
堀江の被告人質問が始まったのだが、ダラダラと自分の主張を続けているだけで、新味に欠ける心情の吐露以外何ものでも無い。
その中でも、起訴されている案件に対し「何も知らないし指示もしていない」と言う噴飯ものの主張には呆れ果てる。少なくとも上場会社が取締役会や営業会議をまるっきり開かないと言う訳は有るまい。
今回の自社株売却や売上げの付け替えなどは売上高&利益不足を隠蔽するために行われた訳で、決算直前での行為である。
少なくとも前月まで大赤字だったものが1ヶ月で大黒字に変身する筈も無い、ましてや真っ当な業務での利益なら「社長が内容も知らない」なんて筈も無かろう。
かかる茶番劇を演じ切り、欺瞞を繰り返す馬鹿者をのさばらせてはいけない、実刑が絶対的に必要だ。

他方イラクのフセイン裁判は予想通りと言うか死刑が言い渡された。
露骨とも言える米国の裁判介入もあるし、何よりも報道の自由すら保証されない裁判が真っ当であろうはずも無い。しかしでは真っ当な裁判ならどうなのであろうか?、独裁政権下での行為の真実に何処まで迫れるのかが問題ではあるが、結局のところ結論は大差ないかもしれません。
とは言え今度の判決がイラク情勢に与えるインパクトは大きい、本当に国が分裂する危機すら孕んでいるとも思えます。しかしまぁこのタイミングで判決とは米中間選挙対策以外有り得ませんが、全く効果無しで共和党大敗とは・・・・・ブッシュも笑わせてくれます。


十二国記

winnyの報道から悪評プンプンのP2Pソフトであるが、その中で世界標準の地位を保っているのが通称BT(Bit torrent)である。
通常のP2Pソフトは有る意味個別にftpサーバを立て、匿名的に相互利用する仕組みといった案配である。
BTは上記の仕組みにピースと言う概念を持ち込んだもので、全体をダウンロードしてなくてもピースをDLしていれば再配布が可能である。
この仕組みが画期的で、配布元はファイルサイズの2倍もアップロードすれば十分で、残りはダウンローダー同士が補完すれば良いのである。即ち超迅速に拡散配布が可能である。
当然の如く頻繁に交換されるファイルは違法ファイルが殆どであるが、linuxの新バージョンソフトなどもこのルートで配布される事も多々あり、有る意味有益な側面もあるのである。

さて、このルートで流れているものに現在画期的なファイルが存在する。
NHKアニメの『十二国記』全45話セットで、9月上旬に配布された物件なのだが現在なおDL中の接続数が世界で65万接続という有様だ。
この物件は既に何度か出回ったのだが、こんな状況は初めて見たような気がします。

問題の十二国記ですが・・・・有る意味傑作の部類に入るべきアニメでしょう。
原作小説とは設定などが大いに異なり、原小説ファンには否定的な意見も多いのですが、その辺は見て読んで個々に判断すべきものだと思います。

しかしこのアニメ、知らない人間が見たら屹度中国製だと勘違いする可能性かも?

カレンダー
10 | 2006/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

レイニー

  • Author:レイニー
  • 何にでも興味を示し、面白いと思ったらトコトン嵌る凝り性なおっちゃんです。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
blogram投票ボタン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。